« ボディープランナー | トップページ | 神様お願い・・・・・ »

2008年1月12日 (土)

春を待つ今・・・・

火の鳥”が翼を広げ飛び立つ様はこんなものなのか!
Photo_16
落葉した樹の細い枝枝が重なり、シルバーがかった薄茶色の山がボワッと膨張.。
やや肌寒い風が細い枝の間を通り抜けていく。
雑木林では、蔦に絡まれ、曲がりながらも伸びていた木が、落葉して広がった空を仰ぎながら、“今が一番いいときかも”と、風を受けて揺れる。 
不本意ながらも、いろいろなことが起こったりした時も・・・・ 故郷の山々から・・・・・蔦に絡まれる木からさえも、“気”を感受する。 此処は、すばらしい朝焼けに“気”をいっぱい頂けたり、すべてが郷愁に包まれる夕焼けが現れたりと、すばらしい自然を日常的に感受できる実家。
こんなすばらしい朝焼けに出会えた日は、妙に気合が入ってくる。
1月なのに“庭の草取り”をした。
(霜で草の根が浮いているので、草拾いってとこか)

クリスマスローズの根元には新しい芽がついていた。

Photo_10 自然は過酷な条件にめもめげづ春の準備をしている。Photo_12

よく見ると似てはいるが少し違う葉の枝が伸びている。

どうやら昨年の正月の寄せ植えの万両を庭に枯れたものと投げていたところ根付いたものらしい。

早速、広い場所に植え替えをしてやりました。
自然はこんなにも強く春の来る準備をしているのだ。

Photo_15

母の言葉が思い出された。
  ”いらない心配はするな! 
     人はしなくてもいい苦労もある。 
    でも、心配すると引き寄せるから、思うな” 
いやな出来事も自然の強さを見習おう。

|

« ボディープランナー | トップページ | 神様お願い・・・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ボディープランナー | トップページ | 神様お願い・・・・・ »