« 虫歯ができた | トップページ | 『秋』  (写真編集) »

2007年10月29日 (月)

秋冷の候

秋の夕暮れ程寂しいものはない。
  (~~~、秋の夕暮れ)って歌があったなあ。
あれは誰の、どういう歌だったのだろう?
作者はきっとこういう季節に、同じような寂寥感に襲われてあの歌を詠んだに違いない。

秋の夕方の光景には哀愁を感じる。

まだ5時過ぎだというのに・・・・・・

「秋の夕暮れはつるべ落とし」

Photo

早朝・・・・・・・午前6時
青空に可憐なコスモスが風に揺れているPhoto_2

ひんやりとした一陣の吹きすぎる風に、朝晩の大気に、「ひんやりと」したものを感じた時の喜びは、猛暑で疲れた心も体も癒してくれる。

『あかあかと日は難面も秋の風』

遅かった紅葉もそろそろ始まった。

もうすぐ11月。季節は晩秋に入る。

秋は静かにしずかにやってくる。
Photo_3

|

« 虫歯ができた | トップページ | 『秋』  (写真編集) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 虫歯ができた | トップページ | 『秋』  (写真編集) »