« 人生をなぞらえる | トップページ | 虫歯ができた »

2007年10月15日 (月)

10月月例結果(天命を待つ前に・・・)

10月14日
10月月例競技に参加。
暑くなく寒くなく
絶好のゴルフ日和・・・・・・

スタート前の練習風景は緊張感がいっぱい。

山も、空も、若草色の芝もが眩しい。
澄明とはまさしくこういった風景をさすのだろう。

自分のボール打つ音が山々に響く。

左へ右へと曲がるボール・・・・、
池の中や木の根元に入るボール、
旗の近くまで行くボール・・・

清々しい汗を かきながらの一日。

結果は、46・41  87ネット 74

1番ミドル393ヤード、セカンド残り160ヤードを6番アイアン。
とどくクラブではないがスタートホール。大事にいきたいショートを覚悟のクラブ選択が功を奏しカラーまで、残りアプローチ、10ヤードを50センチに寄せまぐれのパー。

2番ショート215ヤード、谷越え、5番ウッドがトップしてOB。
日本独特の特別ルール、プレスリー、よらず入らずのダボ。

3番ミドル、348ヤード、ナイスショット打ち上げ20ヤードを入れて残り180ヤード、7番ウッドがトップ木下、出すだけ、次がトップしてバンカーを出すのに2度かかり2パットの8点・・・・

この日はクラブ、シニア、グランドシニア・レディース選手権の第2次予選がありパスさせながらのプレーで、4ホール終了に2時間。
後ろを気にかけながらのプレーで焦りをとめることが出来なかったことが起因していた。

これは言訳で、集中力がなさ過ぎる。

4番終了時点で、7オーバー。・・・・・・・


碁で大石の死が決まったからといってすぐには投了はしない。
「死」と決まっても尚、二、三の手を尽くし形を整えてから改めて投了する。
死が避けられぬ事はわかっていても尚手を尽くしてみる。

『人事を尽くし天命を待つ』

残りホールに集中して、なんとか面目を保ちたいと後半に1打でもちじめるように自分を激励した結果、後半の3ホールをパーで終了することができた。

食後、何とか90を切りたいとインに望む。

1バーディー、パー×3、ボギー×4、ダボ×1、

今日の一番
17番ミドル393ヤードセカンドから上りワンクラブは見なければならない。

残り160ヤードに上り10ヤードを加え170ヤードつま先下がりのラフ、その上、ディボット。グリーンは奥に速く止まりにくい。

エイヤーのショットが1メートルにつきバーディー

来月につながるショットだったが、なんとかビッグイニングを無くしたい。

|

« 人生をなぞらえる | トップページ | 虫歯ができた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人生をなぞらえる | トップページ | 虫歯ができた »