« 夜道を照らす月の光 | トップページ | 秋 »

2007年10月 3日 (水)

花野

花野と聞き、秋を思う人がいるだろうか?春爛漫の吉備路の国分寺の五重塔付近のレンゲやスミレや菜の花の咲き乱れる春の野原、それが花野をイメージするものではないかと思う。昔の人は秋草に秋風がそよ吹く花野原、それが花野だという。

ススキや、彼岸花、カルカヤ、オミナエシ、コスモス。派手を嫌っているが、さりとて、侘び寂びほどの枯淡ではない。淡い、清楚な、涼やかな、秋の野の花。秋草の乱れる花野という言葉が好きになった。夏から秋にかけて咲く花に吾亦紅がある。Uppicture

そこいらの野原に咲く花らしいが、未だお目にかかったことがない。
昔、神様が日本中の赤い花を集め、華やかな赤い色とは縁遠い、この野の花にだ声を掛けるのを忘れた。
野の花はそっとつぶやいた。
「吾も紅なり」吾亦紅よ、私も時々つぶやくことがあるよ。でも、決して自分の紅色は失いたくない。私は私だから。

われもまた 紅なりと ひそやかに  虚子

関連文書は

コスモス

吾亦紅 

彼岸花

|

« 夜道を照らす月の光 | トップページ | 秋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夜道を照らす月の光 | トップページ | 秋 »