« 自分らしさ?自分らしく?・・・ | トップページ | 自販機が疎外 »

2007年6月30日 (土)

本然的に何も無いものが自分らしくなど考えないことにして、今日も歯をくいしばってトレーニングをした。

汗、が体中から吹き出た。
ダンベルを上げる手が振るへる。
血管が浮き出、力こぶが赤くなった。

帰り道、南の空に奇麗な満月が黄色く輝いているのを見たら心が癒された。
今日は天気がいいので西の空に沈む朝までこの月を見る事ができる。
明日の天気予報は晴れ。
この調子なら明日は満月を見る事ができるだろう。
今年の梅雨は本当に雨が少ない。
適当に降ってくれたら良いのだが。

月の満ち欠けは「朔望」とも言われ、太陽と同じ方向にある場合を新月(朔)、反対方向にある場合を満月(望)、その間に上弦・下弦(半月)がある。

2007年6月の月の朔望日
1(金) 満月
8(金) 下弦
15(金) 新月
22(金) 上弦
30(土) 満月
今月のような満月が2回、下弦、上弦、新月が1週間毎訪れることは珍しいことのようです。

雨降りお月さん 雲の蔭(かげ)
お嫁にゆくときゃ 誰とゆく
一人でからかさ さしてゆく
からかさないときゃ 誰とゆく
シャラシャラ シャンシャン 鈴つけた
お馬にゆられて ぬれてゆく

中山晋平作曲の「雨降りお月さん」誰でも知っている童謡です。
嫁に行くのになぜか淋しい歌。

|

« 自分らしさ?自分らしく?・・・ | トップページ | 自販機が疎外 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自分らしさ?自分らしく?・・・ | トップページ | 自販機が疎外 »