« ハザード | トップページ | 自信とはどこからくるのでしょうか。 »

2007年6月 7日 (木)

あじさい

春一番に梅の花が咲き、橘などの柑橘の花が咲き今は実をつけている。
そして桜、ツツジ、と季節が移ろい今は紫陽花の花が・・・・・やがて梅雨入り。
紫陽花(あじさい)の花言葉というと[移り気]と言うのが一般的。
フランスでは、まったくイメージの違う花言葉が付いている。
[忍耐強い愛情]とか[元気な女性]と言うそうだ。
 私は、こちらの方が好きだ。
雨の中でもしっかりと咲いている紫陽花の姿は[忍耐強い愛情]という表現がぴったりのような気がする。

今年は、どうやら空梅雨になりそうな気配である。
適度に雨が降ってくれればいいと思う。
梅雨に雨が降らないと紫陽花が枯れる。
枯れた花を見るのは心が痛む。
「紫陽花」 は 雨に濡れてるほうがキレイだ。

雨に濡れ、葉っぱの上にはかわいいカタツムリ。
「角出せ、槍出せ」と歌いながら触るとスッと引っ込む。
子供の頃の懐かしい情景が今や幻になろうとしている。


我が家の庭の紫陽花も1週間ほど前に色がついた。例年のとおり薄い紫色。
藤の花に似たような薄い紫色は私の好きな色である。あまり主張しない薄い色が好きだ。
雨に打たれながらも色とりどりな花を咲かせる。
最近は毎朝起きてまずすることは窓を開けて庭の花を見る事。
紫陽花、バラ。
その他、鉢植えのペチュニア、マリーゴールド、etc・・・・
朝顔も大分大きくなってきた。
これらの花を見ていると心が和む。

母の日のカーネーションに対して、
紫陽花は父性愛の不確かなところが父の日にふさわしい花のような気がする。

Dscf0065

|

« ハザード | トップページ | 自信とはどこからくるのでしょうか。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハザード | トップページ | 自信とはどこからくるのでしょうか。 »