« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月30日 (土)

本然的に何も無いものが自分らしくなど考えないことにして、今日も歯をくいしばってトレーニングをした。

汗、が体中から吹き出た。
ダンベルを上げる手が振るへる。
血管が浮き出、力こぶが赤くなった。

帰り道、南の空に奇麗な満月が黄色く輝いているのを見たら心が癒された。
今日は天気がいいので西の空に沈む朝までこの月を見る事ができる。
明日の天気予報は晴れ。
この調子なら明日は満月を見る事ができるだろう。
今年の梅雨は本当に雨が少ない。
適当に降ってくれたら良いのだが。

月の満ち欠けは「朔望」とも言われ、太陽と同じ方向にある場合を新月(朔)、反対方向にある場合を満月(望)、その間に上弦・下弦(半月)がある。

2007年6月の月の朔望日
1(金) 満月
8(金) 下弦
15(金) 新月
22(金) 上弦
30(土) 満月
今月のような満月が2回、下弦、上弦、新月が1週間毎訪れることは珍しいことのようです。

雨降りお月さん 雲の蔭(かげ)
お嫁にゆくときゃ 誰とゆく
一人でからかさ さしてゆく
からかさないときゃ 誰とゆく
シャラシャラ シャンシャン 鈴つけた
お馬にゆられて ぬれてゆく

中山晋平作曲の「雨降りお月さん」誰でも知っている童謡です。
嫁に行くのになぜか淋しい歌。

| | コメント (0)

2007年6月28日 (木)

自分らしさ?自分らしく?・・・

今の世の中では,
自分らしく生きる・・・・自分探し・・・・この種の言葉がよく使われている。
「やりたいように、自由気まま・・・・」

孔子の言葉に「人生は何かを成し遂げるには短すぎる。しかし,何もせずに生きるには長すぎる・・・・・・・」との教えがあります。
何かを成すためには自分を知ることが大切だがそれを知るには短すぎるということなのか?
孔子は人生50年と言われた頃「50歳にして天命を知る・・・」と述べている。
常人の私達には,死ぬ時に判れば本望であり,死んでもわからないことを意味しています。

人が生きてゆく上には「自分らしく」などと考えないでそれなりの努力をすることが大切である。
自分らしさとは自分に妥協することである。

自分の責任を放棄して、他人に追従してゆく生きかたでは進歩は望めない。
という訳で(この訳はいつもの訳であまり意味は無い)
歯を食いしばって力一杯ジムで頑張って来ました。

疲れた・・・・・・・・

| | コメント (0)

2007年6月27日 (水)

熱中症対策

今日、NHKテレビで「熱中症対策」についての再放送があった。

熱中症:
高温・高熱にさらされたり、激しい運動などを行ったときに見られるさまざまな体の不調。
症状・・・脈が速くなる、手足のけいれん(こむら返り)、めまい、倦怠感、頭痛、吐き気、嘔吐など

人間の体は汗をかくことによって体温の調整を行っている。
汗にも良い汗と悪い汗があってさらっとしてすぐ乾く汗は良い汗。
逆にべとべとして蒸発しにくいのは悪い汗。
ということらしい。
良い汗をかくためには日頃から汗をかく習慣を身につけておくことで炎天下でも体温の上昇を防ぐことができる。
そのためには、この時期に運動をして早く汗をかきやすい体質に改善することが大切。
運動中にはしっかり水分、塩分をとる事(スポーツ飲料)
私の水分・塩分補給はお茶とかりかり梅でこの夏のラウンドを乗り切ろうと思う。

その前にまず汗トレ、ということで、今日も昨日に続きトレーニングでしっかり汗をかいた。
自分の座右の銘:誘われたら断るな(誘われなければ誘え)
を自分らしく実行していたら、7〜8月は14回のラウンド予定になった。

NHKの放送では汗をかく習慣が熱中症予防になるらしい。
今から当分の間、ウォーキングとジム通いで体力作りをして行かなければならない。

筋トレより!汗トレ!が一番。
頑張れ!

| | コメント (0)

2007年6月26日 (火)

自分らしく!

6月24日 (日曜日)
自分らしく目が覚めたが、また眠ってしまった。
自分らしく起きてからもしばらくベッドの上でゴロゴロした。
自分らしく慌てて起きたが8時を過ぎていた。
自分らしく朝飯は抜くことにした。
自分らしく歯磨きをするのを止めた。
自分らしく高速をぶっ飛ばした。
自分らしく140キロくらい飛ばした。
自分らしくゴルフ場についた。
自分らしく雨が降り出した。霧が濃く視界が50メートル程しかなかった。
自分らしくあきらめることはなかった。
自分らしくチョロとトップと4パットが止む事はなかった。
自分らしく「頭を冷やそう」としたがその必要はなかった。
自分らしくだんだん面倒くさくなってきて、言い訳を探し始めた。
自分らしく辛くて泣きながらラウンドした。
自分らしく雨が止む事はなかった。
自分らしく「こんなことしていてはいけない」と思いつつ・・・
自分らしく最後までこの状態を続けてしまった。
自分らしく大変無駄な時間を送ったと思った。
自分らしく単純にシヤワセせな気分になってきた。
自分らしく日記を書いてみたら、あまり面白いことを書けなかった。
自分らしく枕を抱えて涙に暮れた。
自分らしくいつの間にか眠ってしまった。
自分らしく翌朝目を覚まし、無駄な一日を送ったことに思い当たった。

結論:本然的に優れたところのない人間は、あまり自分らしく、などと考えない方がよいことがわかった。

| | コメント (1)

2007年6月25日 (月)

自分らしさ・・・・・

早いものです。もう6月も終わろうとしています。後6ヶ月、180日ほどで今年も終わります。
大晦日はすぐそこまで来ています。
ゆく年について反省をこめて振り返り、来る年について希望を込めて思いを巡らせるには大晦日は急がしすぎます。今年の回顧や来年の展望などゆっくりとしている暇はありません。
そこでこの半年を振り返り自分に欠けているものはなにか考えてみました。
喧噪の中であわただしく送る「ゆく年、来る年」よりも実があるのではないかと考えたからです。
これからの半年を、自分らしく生きてみようと決意しました。
自分らしく生きようとすることは、自分の価値観を第一に考えてその価値観を実現することが大切です。

『誘われたら断るな。』
これは、わたくしの座右の銘的に考え実行してきたことです。
これが、自分をある意味大きくしてくれたと考えています。

「誘われたら断るな」
おまけで、
「誘われんかったら誘え」

今の自分には、いつの間にか継続が大きな壁になってきた。
せーでも、せにゃーいけん!(それでも、しなくてはいけない。といった意味の岡山弁です)
最近そう思うようになってきた。

で、皆さん誘ってね。
誘ってくれないと誘います(笑)

自分を主張しないで他人に妥協したり迎合した生き方の方が楽だと言えます。 
自分は考える必要もないし、責任をとる必要もないからです。 
言われたことを言われたとおりにしていれば、それでも生きていけるのですから。 
ある意味ではとっても楽な生き方なのです。 だから自分の責任を放棄して、他人に追従して生きていく人が後を絶たないのではないでしょうか。 

| | コメント (0)

2007年6月23日 (土)

未知数 X!!!!!!!!

勝手気ままに飛び回る私のドライバーショット(X)に対して、スコアー(Y)の値がが変わるゴルフの関係。
あまりにかってなドラに、たまにはアイアンを使うときがあるけど、大差はない。 
いくら勝手に飛び回るドラと言っても行動範囲が限られる。これが『変域』。
無理なたとえ話だけど、イメージ作りだから・・
さて、y=axと書いてあって、aとxの区別がつかないところに、実はxとyも立場が違うんだよね・・・と言われても「?????」なんでしょうね。頭にイメージをつくってね。(イジーメじゃないよ)

「X(エックス)」というのは、欧文アルファベットの中でも、なぜか特別な意味を持つようである。
代数では未知数として使用される。
他にも何かの後にくっつけて使う場合もある。
「プロジェクト X」、「Windows XP」
私の使用しているアイアンは「キャロウェイ 20X ツアー」

 これを「×(ペケ)」と読み替えた途端に、「価値の逆転」、というより「価値の崩壊」が起きる。
簡単に言うと、いきなりダメ化してしまうのである。
「キャロウェイ 20×(ペケ) ツアー」
「プロジェクト×(ペケ)」
 「Windows ×P(ペケピー)」

それまで何となくカッコよさげだったものが、思いっ切りダメなもののように変化するのである。
スコアーが良くならないのはこの未知数『X』の不確定が原因しているのだろうか?????????

| | コメント (0)

2007年6月22日 (金)

夏至

夏、きわまる、夏至。
冬きわまる冬至。
太陽の一番長くきわまる日と、一番短くきわまる日を、漢字二つならべるだけで言いきってしまう。
青春時代、北海道に勤務していたころ21時くらいまで明るく、朝4時頃には白みかけ真っ赤な太陽が東の水平線から登ってくるのを見た頃のことを思い出した。
暦の上では夏に当たるが実際には梅雨でうっとうしい時期である。
日本と違って暗く長い冬が続く北欧では、この日は特別の喜びを持って迎えられ、盛大に夏至祭が行われる。
しかし、残念なことに日本には夏至を祝う事がない。
梅雨があければ今度は本当に夏。うだるような暑さがやがて訪れる。

今日は夕食後、家の近くを歩いた。

先日、開業医に痰が絡んで苦しい旨を告げ投薬を受けた結果、大分良くなったので今度のラウンドのために行った昨日のジムに少し無理があったようだ。
風邪が治りきっていない。

診察した先生から言われたことを思い出した。
『あまり若くないのだから、無理をしないように』

(・・・・・・・・・・そっか)

| | コメント (0)

2007年6月21日 (木)

この指とまれ・・・・・・

子供の頃、「○○する人、この指止まれ」といって、何かを一緒にする人を求めて遊んだことがある。
友達づくりの極意は、まさに「この指止まれ」にあると考える。
大好きなものを楽しむ仲間を「この指止まれ」と集めてしまえばよい。
今の私の場合、ゴルフサークルがこれに当たるだろう。
ネットで「この指止まれ」を見つけ参加したことをきっかけに、今は毎月一度は一緒にラウンドしている友人もできた。
ゴルフという共通の話題を持った仲間との集まりは実に楽しいものである。
ある心理学者の言葉がある。
「こちらが引けば、あちらが入って来る。こちらが拒絶すれば、あちらがはねて飛び出す。」
間口を広げればそれだけたくさんの友人が自分の中に入って来るということを説いている。
「この指止まれ」は子供だけの専売特許ではない。
人間関係ができにくい年代になったからこそ使いたい友達づくりのテクニックであると思う。


今日は、少し風邪と腰の具合が良くなったのでスポーツクラブに行った。
クラブでは同じように趣味の仲間と出会った。この指止まれで得たライバルである。
彼は一足先にAクラスに入っていたが、今日は私にも念願のAクラス入りの通知が届いた。

また、一緒にラウンドできることを互いに喜び励ましあった。


日曜日「この指止まれ」で得た友達とのラウンドが控えている。
もう少し腰に張りが残っているので少し心配。
この人からは7月から8月にかけてのラウンドのメールが届いていた。
過密スケジュールに今年の夏も生きて帰ることが目標になりそう・・・・

| | コメント (0)

2007年6月18日 (月)

オウンネームボール、オーダーグローブ

昨日は父の日でした。父の日の花にはその不安定さから「紫陽花」が似合う。
私のゴルフも実に不安定であるところはこんなところが原因しているのかも知れない。

日頃は存在感のない私に今日は不肖の息子が、オーダーメイドのゴルフグローブとオウンネームボールをプレゼントしてくれた。
いつもは、どうせまともに当たらない超ビギナーで「どうせすぐになくしてしまうのだから」とロストボールを使っていたが上手な人は同じブランドを使用しその性能・特性にも拘っているらしい。
タバコやビールがどれも同じでないように、ゴルフボールも銘柄が違えば性能も違う。同じように打っても飛距離やフィーリングが変る。アプローチやパットの距離感が下手でも影響はある。
先日、練習グリーンで転がりを何度も試してみたがその転がりは違っていることに気がついた。
公式競技ではワンラウンド同じブランドを使うのは一般的。
しかし、私のバッグの中はばらばら。
たまに、ドラコンホールで飛ぶと評判のボールを使用するとなぜかすぐにOB。
反対に拾ったロストボールはいつまでもなくならない。
普段は拘らない私も大切なゲームではキャスコpremium siliconeという二重構造のものを使っている。
比較的上がりやすくスピンが効く。打感はすこし柔らかめ。
Dscf0074
オーダグローブもよく手のひらにフィットしグリップした感覚がしっくりする。
手の甲にはイニシャルが刺繍されている。
スコアーにつながれば良いのだが。

| | コメント (1)

2007年6月17日 (日)

朝の練習グリーン・・・・・・

今日も梅雨とは思えない爽やかな日、風もなく・・・・・絶好のゴルフ日和。(のはず)
練習グリーンでは皆パットの調整の余念がない。
長いパットを入れると「本番までに使い切って終うぞ!」等と早くも舌戦が始まっている。
他にもある。
『夕べは2時まで飲んでいた今日は寝不足だ』
(それって酒気帯運転)
二日酔いや寝不足を得意げに話す人がいます、そんな時はリアクションに困ります。
そんな人には「ゴルフコースで心筋梗塞で突然死する事例が多いそうだと教えてあげた。」
すぐに黙ってしまいました。
『新しいクラブでまだ打った事がないから距離感がわからない。』
(マジェステの高級なアイアンです。そんなあってないクラブなら、かわりに俺が使ってあげたい)
『このドライバーはフックしてだめだ』
(だめなのは腕だろう〜。さっきまでこのドライバーは新しくでた、十数万するドラだ最高なんていっていたことは忘れてしまっている)

『2〜3日前から風邪を引いて咳が止まらない。ゴホン、ゴホン』
『先日のラウンドで腰を痛めた』
『最近練習ができていない』
(こんな人に限って毎日練習に行っていて、もしかしたら前の日もラウンドしているかも知れない?)


という訳で(どういう訳・・・)今年度前半戦最後の月例は終わりました。

最近物忘れがひどく、ホールアウトしたばかリのスコアでさえ忘れてしまうことがあります。
計算し直しました。何回数えてもトリプルです。2回ありました。
43、46=89
OBを出した3番では、ティーショットをする前に木陰で・・・・をしてチャックを上げるのを忘れてしまいました。
さすがにあれをしまう事は忘れなかったのですが!
(出したままでもそんなに目立つほどのものではありませんが・・・)


今日もなんだかんだで、OBを3個も出してしまいました。すべて引っ掛けです。
原因は打ち急ぎ、肩が回っていません。
ゆっくり、左肩を入れて行くようなスイングが良いと思うのだが、つい力みから早くなるようだ。
アプも大きめ。シャンクも出た。

おそらく今日のスコアーはHD改正に反映されないと思うが、こんなスコアーでHDだけAクラスに入っても恥ずかしい。もう一度Bでやり直した方が良いように思う。

明日からは風邪を直すのが先決・・・・・
ゴルフにおける野暮の中でも一番見苦しいもの、それはショットの後の言い訳。
バリエーションが最近特に増えてきた。どんなにつくろったところでミスの弁解にはならない。
品位を落とすだけだ。


                                   

| | コメント (0)

2007年6月16日 (土)

梅雨の中休み

花から花へ、春爛漫の季節は過ぎようとしている。
新緑の季節は通り過ごし葉は、1枚1枚がつややかに輝いている。
木々が揺れた、すべての葉という葉が揺れさわやかな風を運んでくる。
空は何処までも青く澄み渡っている。
今が梅雨のただ中とは思えないような夏のような太陽が照る。
始まったばかりの梅雨も今日は中休み。
元職の仲間と久々のラウンド。
2〜3日前、携帯電話でいきなり誘ってくれた俺俺詐欺みたいなやつ?

松林に囲まれた、御津カントリークラブ。
得意としているコースだ。確か昨年の秋、旧知の友とラウンドして以来になる。
俺俺とは久しぶり、いつの頃かは忘れたが最初にゴルフを薦めたのは私でした。
ゴルフクラブも私が賞品で貰ったものを売りつけました。バッグも景品で貰った軽量バッグでした。
いわば、彼は私の弟子みたいなものです。
キャリア30年の私ですが勝負には非情です。保険のために彼と少し握りました。
彼は快く受けてくれました。『スクラッチで良い』と来ました。
これまでは少し渡していた彼が最後にラウンドしてから5年が経ちます。
非情に謙虚です。私はニッコと笑いました。スコアーカードにスクラッチと書きました。
前半
ボク △△ーー△▲3△=45
敵  △△▲ーー△△ー=42

楽勝と思っていたのに前半3打も負けてしまいました。
後半
ボク△ーー△▲△△△ー=43
敵 ▲ーー△△△ーー△=42
午後も1打負けてしまいました。

朝は私の方からすり寄っていったのに終了後、彼が側に来て言いました。
『今日は調子が悪かったな。』
生まれたばかりの赤ちゃんも1年もすれば歩きます。3年経てば走ります。
余裕をもって笑って去って行きました。再開を約束して別れました。良いやつです。
私も今までは悪いやつだと思っていましたが急に良い人間になりました。

明日は最後のAクラス入りがかかったラウンド。
腰は良いが、咳が止まらない。
体調を考え今日はストレッチも休み。
風呂に入ってお休み・・・・・

| | コメント (0)

2007年6月15日 (金)

朝顔

今日の出来事。
昨日のトレーニングが災いした。鼻水とのどのいがいががひどくなった。
少し熱っぽい。馬鹿は夏に風邪をひくらしい・・・・・

それでも、明日のライバルとのラウンドとA昇格のための最後の月例競技に向けて練習に行った。
いつもの場所で、前にはこれもいつもの人が相変わらず良い玉を打っている。
私の調子は相変わらず悪い。調子が悪いのではなく打ち方が悪いのか?
スポーツクラブで打つような感じが全くでない。リズムが早い。芯で捉えられない。
小さなトップを心がけてみた。この方が振り切れる・・・・・
インパクトでヘッドの重さを感じるようなショットを目指しているが、カゴの中のようにはいかない。

帰ってテレビ「金スマ」で武田鉄矢物語をやっている。

鉄也の母が、
『水ばのめ
    朝顔は水だけで、すくすくのびている』
といったとの母のエピソードを話している。
そうか?と何となく納得。
5月初めに蒔いた朝顔の種が今は10センチ位に伸び早いものは花を咲かせている。
Dscf0064_1
Dscf0065_1
朝顔ほど爽やかな花はない。
猛暑の夏は、朝からむんむんして、ああ、今日もまたかと、うんざりするが、朝顔の花を見ると爽やかな気持ちになる。日陰にと思って灯籠仕立てと、2メートルくらいになるつるを植えたのだが見る限りではそんな長くはならないよう気がする。

朝顔は西洋の花の派手さとは無縁の色の、藍を、茜を、薄いピンクを・・・・・・
目で追ううちに、思いがけず流れてくる花の涼感。風鈴は耳に、朝顔は目に・・・・・・
明日は帰りに風鈴でも買って帰ろう・・・・・

| | コメント (0)

2007年6月14日 (木)

梅雨入り・・・・急な電話

今日は我が地方も久々の雨で梅雨入りが発表された。
これから、来月20日くらいまではうっとおしい日が続く。

今日は、2〜3日前からかかった風邪でのどがいがらっぽく病院に行った。
投薬が効いたのか少しは楽になったがまだ、完全ではない。

腰の調整のためジムに行く。
血圧が異常に高い。やはり風邪のせいか、トレーニングもいつものメニューではきつかったので軽めに2時間ほど汗を流した。

帰ってきてから冷たいコーヒーを飲みながらソファーに座ってテレビを見ていると、テーブルの上で携帯が振動している。

ブッ・・・ブッ・・・ブッ・・・
知らない番号だ・・・・・・・?

何も返事をしないで接続をすると相手もなにもいわない。

????・・・「はい」(この手の電話には名前を言ってはいけない。情報を与えることになる)
『俺だ』        (おれ?     名前があるんだろ。俺俺詐欺が?)
『俺だ・・・・○○だ。携帯の番号を替えた』
『土曜日ゴルフに行こう』
(前職の同僚からの電話だった。この男はいいやつなんだが時を選ばない。
前回は夜中だった。今日はあさっての話を・・・・都合も聞かず決めてしまう)

ま、良いか・・・・
ということで今週は雨の2連ちゃん。腰の調整を急げ・・・・

| | コメント (0)

2007年6月13日 (水)

ほたる

ホタルのころになりました。
ホーホーホータル来いと歌った歌も懐かしく、
子供のころ、虫かご一杯にホタルを採り電気をけして蚊帳の中に放った。
そんな贅沢な一夜もあった。その他にもホタルの思い出は沢山ある。

ホタルの命は、人間と比較して短い。
その間に光を放ちながら子孫を残し翌年また生まれてくる。
近年、河川改修などでホタルの生息環境が破壊されあまり見られなくなっていたが最近は環境保護がなされ県下各地でも生息地が多くなり「ホタル祭り」が開かれている。

最近のホタルに関して感動した事が一つある。

石原慎太郎脚本の映画「君のために死にに行く」の中で、特攻隊員の母、鳥浜トメは、
死にに行く若き特攻隊員たちにしてやれる事は、母親になってやる事しかない、、、
送られる兵士は『小母ちゃん、おれ、心残りのことはなんにもないけれど、
死んだらまた小母ちゃんのところに帰ってきたい。そうだ、この蛍だ。
      おれ、この蛍になって帰ってくるよ。』
同じ映画の中で、出撃する兄に弟が「あんちゃん、あんちゃんが死んだら日本は戦争に勝つのか」
と問い。兄は・・・・         「そうだ」とだけ応え、
『今後、お前が色々の事にぶつかって困ったり、つまらなかったりする様な事があったら、つまらぬ兄であったが、この兄を思い出せ。必ず元気を出す事が出来る。兄も必ず又力を出してやる。』
今見てみたい映画の一つです。

先日の日曜日は「ホタル杯」コンペ(自由参加)に参加した。

途中、ぎっくり腰に見舞われ苦しいラウンドだったが、なんとか無事終了。
月、火と整体、ジム、にと調整の日々。今日は、約6キロを歩幅一杯に歩いてきた。
ついでに、近くのホタル公園を回ってみたら、数十匹のホタルがふわふわと光を放っていた。
関東のホタルは3秒に1回、我が地域の源氏ボタルは4秒に1回光を出すそうだ。


①②③4⑤67⑧9
453445344 
553457464=43

⑪12⑬⑭⑮⑯⑰18
543443544
564543666=45
HD=14.4 ネット=73.6

パートナー(73、HD=2.4、ネット70.6)
ーーーー×ー◎ーー 36
ー◎ーー×ーー×ー 37
※丸数字は隠しホール
パートナーのボギー箇所は隠しホール。
ボギー3×8=2.4がハンディーになっているようだ。
ネットスコアーがグロスで負けました。
次週はこの方にホタル祭りで有名な「北房CC」でリベンジ。?
好きなコースだ?

| | コメント (0)

2007年6月10日 (日)

力抜け・・・・・

いらん時に無駄な力を入れるな。要らんところにも・・・・・・
ボールは力を入れて打ったから言うて飛ぶもんと違う。
素振りのような感じでゆっくり振り抜けたとき、意外と距離が出ているものです。
解っているんですが、ちょっとでも飛ばそうとつい力が入ります。
今日のパートナーはキャプテン杯の優勝者。飛距離が違います。
ゆうに、100ヤード置いて行かれます。張り合うほど身の程知らずではありませんが、しかし力が入ってしまいます。
奥歯から血がでていました。ラウンド後、エアーガンで靴の裏の掃除をしているとき奥歯を噛み締めていました。
エアーガンはピストルのように引き金を引くと勝手にエアーがでます。
力一杯奥歯を噛み締めて引いたからといってエアーが沢山でる訳ではありません。

覚えありませんか・・・・あっ、そうですか。なければ結構です。
人間無駄な時に無駄な力を入れているものですね?

これからは無駄な力を抜いてやってみよう。

6番ホール、グリーン上でのことです。
マークをしようと腰を屈めた時にぎっくときました。
腰がまがりません、以後は腰を伸ばしながらのラウンドでした。
大したことにならなければ良いのですが?
多分大丈夫と思います。という訳で明日は整体で骨盤調整。

「蛍杯」コンペでした。前回の市長杯で優勝したコースです。
新ペリアに持ってこいの結果です。ボギー、パーと良いように散らばっています。
もちろん、ダボも叩いて調整はしています・

飛ばし屋さんともう一人は安定したスコアーの人でさりげなく、パープレーでした。

| | コメント (0)

2007年6月 9日 (土)

モチベーション

スポーツクラブへ行った。
汗を流し、カゴの中で少し。
練習場と違って、リズムよく打てる。急に上手になったような?
このリズムで打てたら・・・・・・・・このスコアーなら満足?

一昨年、体調が悪かった時の日記を開く。
「手術を避けPLDD手術を受ける事にして2週間の入院から退院した」と記録があった。
手も挙がらず、体全体が痛い、寝返りもうてず寝つけない。
その頃の苦しさが書いてある。可哀想になった。・・・・・
その頃は、自転車、後に散歩〜ランニングージム。
よく耐え、リハビリに務めたものだ。

モチベーション
動機、意欲、熱意といった意味合い。
『モチベーション』・・・・・・あげたりさげたりするが重要なのは維持する事。
かったりぃな〜、やる気がでんな〜というときも「モチベーションが上がらない」
と言い換えれば、なにやら深刻に考え込んでいるよに見えるから不思議だ。
例え、何も考えていなくても・・・・・。


パットなど考えてないで打てば結構長い信じられないような距離が入ったりする。
こんな時は・・・・・・

| | コメント (0)

2007年6月 8日 (金)

自信とはどこからくるのでしょうか。

雷を伴った久しぶりの雨。
雷を伴う雨は長くは続かない。
日曜日には晴れるだろう・・・・晴れたら良いな〜

練習に行った。
「打ちっ放しシングル」とか「素振りシングル」と言われる人がいる。
練習場で見ていると、すごい玉を打っていて、距離はでるワ、ほれぼれするようなスイング。
ところがコースにでたらボロボロでスコアーにならない。
いくら華麗なスイングでもスコアーがまとまらないと練習の意味がない。
上級者はドライバーは少しで、アプローチがほとんど、我々はほとんどがドライバーでアプローチはちょっと!
たまに行く練習場では思い切り打ちたい。
自信は練習場でつけるもんや?

前では有名なトップアマが練習している。
顔なじみで挨拶は交わす仲だ。
同じリズムでスイングに澱みがない。
こんな人のリズムを見ていると、こっちのリズムがおかしくなる。

心に左右されない様なリズムを一定させることが大切だ。
自分のリズムをしっかり身につけよう!
良いショットが打てた時、どんなリズムだったか覚えておくこと。
リズム作りを中心に練習して、そのリズムをどんな状況でも守る。
「リズムを崩さず振る」それが私の自信の根拠になる。

前の日、前の晩
雨の季節のゴルフは天気が気になる。
どのテレビ局も同じことしか言わないのに、あちこちの局のチャンネルを回してどこかで「晴れるでしょう」とか言ってないか確認作業。
腰が痛いのでシップを貼って、シャツはどれにしようかと出したり入れたり。
雨のためのカッパ、下着の替え、妻は用意をしてくれないので自分でいろいろ用意をして・・・・
いつものようにシュミレーションが浮かんでくる・・・・・なかなか寝付けない。
寝不足はいつものおなじみ・・・・・・・
スコアーが悪いのもいつものこと。

お休み・・・・・

「グーグー」と隣で高いびきの妻。
ベットを蹴っ飛ばしてやった。
俺が寝付くまで寝るな!

| | コメント (0)

2007年6月 7日 (木)

あじさい

春一番に梅の花が咲き、橘などの柑橘の花が咲き今は実をつけている。
そして桜、ツツジ、と季節が移ろい今は紫陽花の花が・・・・・やがて梅雨入り。
紫陽花(あじさい)の花言葉というと[移り気]と言うのが一般的。
フランスでは、まったくイメージの違う花言葉が付いている。
[忍耐強い愛情]とか[元気な女性]と言うそうだ。
 私は、こちらの方が好きだ。
雨の中でもしっかりと咲いている紫陽花の姿は[忍耐強い愛情]という表現がぴったりのような気がする。

今年は、どうやら空梅雨になりそうな気配である。
適度に雨が降ってくれればいいと思う。
梅雨に雨が降らないと紫陽花が枯れる。
枯れた花を見るのは心が痛む。
「紫陽花」 は 雨に濡れてるほうがキレイだ。

雨に濡れ、葉っぱの上にはかわいいカタツムリ。
「角出せ、槍出せ」と歌いながら触るとスッと引っ込む。
子供の頃の懐かしい情景が今や幻になろうとしている。


我が家の庭の紫陽花も1週間ほど前に色がついた。例年のとおり薄い紫色。
藤の花に似たような薄い紫色は私の好きな色である。あまり主張しない薄い色が好きだ。
雨に打たれながらも色とりどりな花を咲かせる。
最近は毎朝起きてまずすることは窓を開けて庭の花を見る事。
紫陽花、バラ。
その他、鉢植えのペチュニア、マリーゴールド、etc・・・・
朝顔も大分大きくなってきた。
これらの花を見ていると心が和む。

母の日のカーネーションに対して、
紫陽花は父性愛の不確かなところが父の日にふさわしい花のような気がする。

Dscf0065

| | コメント (0)

2007年6月 6日 (水)

ハザード

ゴルフ場には多くのハザード(障害物)があります。
いろいろな障害がプレーヤーの行く手を阻んでいます。
先日ラウンドしたコースでの出来事です。

後楽GC、10番ホールティーグラウンドの前には川が流れ池につながっています。
いつもはサラサラと心地よく聞こえるのですが、その日はチョロチョロと聞こえました。
このところ雨が少なく水量が少ないせいかも知れません。・・・・・
ウソです。自信のなさ、下手の所為です。
やっぱり、チョロでした。スタートホールから池に入れてしまいました。
ローカルルールで前にある特設ティーから第3打としてプレーします。

同じ池でも15番ロングホールのセカンド落下地点にある池はセカンドを打つ場所から落下地点が見えません。
いつもは、届かないアイアンを使用するのですが、第3打が残るのでウッドを使いました。
行ってはいけない左に行ってしまいました。
もしかしたら池かも知れない。
落下地点付近でラフを探しましたが見当たりません。
仕方なく諦めその場所から1打付加し第3打を打ちました。第4打になります。
同伴者からロストだから2打地点で第4打として打ち直さなければならないと指摘がありました。
池に入ったところを確認していないのだからロストになります。
プライベートではよくする間違った処置です。
上質ゴルファーならそんなことはしません。紛失を予測し暫定球を打っているでしょう。

また、ハザード(池)内のボールは確認のためクラブなどでさわってもペナルティーはつきません。
池のボールが自分のボールと確認できればそのまま打つ事もできます。打てなければワンペナルティーを付加して第4打とすることができます。
枝にかかった場合は石を投げたりして落とすことはできません。


ゴルフは救済処置や例外が認められているのが特色です。プレヤーの良識をまかされているのも特徴の一つです。ルールを学び同伴者の好意に甘えることなく良質のゴルファーを目指したいと思います。

今週は、「蛍祭りコンペ」に良質ゴルファーから誘われています。
ルールを適切に守り自分にも厳しいゴルファーですが私には優しい人です。
スキルもルールも学びたい最高のパートナーです。

| | コメント (0)

2007年6月 4日 (月)

麦畑

先日ラウンドの帰りに、思いもかけず見つけた茶色の四角。
最近はほとんど見ることがなくなったが麦が収穫の時期を迎えていた。
「麦秋」      夏なのに麦秋、なんで秋なのか?
麦だけが、刈り入れ間近の秋の色。
明るい金色の稲穂は見慣れているがこんなに濃い色で麦が熟するとは。
「麦秋」は麦畑が一面に金色になることから秋の取入れからこう表現したもの。
きれいですね〜Bakusyuus_2

健康な若者の代名詞に使われる小麦色の肌、フライパンで煎った色合いが目に浮かんだ。
つややかな薄茶色と思っていたが、太陽の焦げ色を思うべきであった。
この中にぎっしりと麦が詰まっている。
これは何に変身するのだろうか。
今日は暑かったから、咄嗟に「ビール」が頭に浮かんだが「麦茶」にして冷やして飲むと美味しい。
子供のころ、風で麦の穂が大きく揺れている中でかくれんぼをして遊んだ事があった。
麦わらはストローとして母の手ずくリのカルピスのような乳酸飲料を飲むのに利用した。
母の懐かしい味だ。

麦畑をさーっと渡る風を表現したかったが、写真も文章もうまくはいかないものだ。

日曜日は、朝からボランティアで清掃作業。
その後、免許更新。(あれから1年になる、苦い思いでの日)

| | コメント (0)

2007年6月 1日 (金)

今日から6月

6月1日(金) 晴れ
来週は梅雨入り。例年より2〜3日遅い。
祝日も無いし、憂鬱な雨が続くこの時期は1年の中で一番嫌いな季節。
去年のラウンドは結構晴れたように思うが、今年の梅雨はどうかな。
どうせ降るんだったら前の晩しっかり降って昼間は降らないのがいいな〜
そんな都合の良い事をお願いするボクはかってな人間かな?

サッと降って、サッと止む雨なら良いけれど、1日中ジトジト降る雨には勝てない。
せっかく楽しみにしていたゴルフもガッカリ。
ぼやきながらプレーするなら止めたらいいのに続けるんですなぁー

| | コメント (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »