« トレーニングの帰りに・・・・ | トップページ | 今日から6月 »

2007年5月31日 (木)

アドレス

先日のショートホールでトリプルを叩いた原因について考察

ホールの状況:
打ち上げ、左は広いが高い松の木、右はグリーン手前から奥まで囲むような顎の高いバンカー、
バンカーを超えたラフから、OBゾーンまで5ヤード、バンカー右はすぐOB
ピン位置は右奥、右に外した場合寄せは難しい。
距離:176ヤード。
使用クラブ:4番アイアン
風:右から緩やかに

その時の心理状況
右は絶対だめ
左は広くOBはなくバンカーもない
グリーンは大きいがどのラインもほとんど曲がらないストレートなライン。

こんな状況で右からドロー狙い(打ってはいけない間違い_1)
しっかり捉えたがグリーンを囲んだバンカーに後50センチほど足らず入れた。
(たら、もう少し左なら絡むようなライン)
背丈ほどのアリソンバンカー、距離10ヤードがショートして更に顎に近く。
段々難しくなる。出すのに3打かかる。
寄せたい意識が強すぎる。思い切りがないためショート。(出す事を一番に考慮すべき)
3打目は大きくオーバー。

反省
右からOBゾ−ンが迫っているためアドレスで右に立つ事がセオリーと考えたこと。
(狙った方向と平行な位置に立つべき)
中央もしくは左サイドを狙い載せる事を考えるべき。
(例え4メートルでものせればバーディーチャンス)

アドレスのルーティ−ン
右手でフェースを目標方向に合わせる。
左をグリップし右手を軽く添える。
左足位置を決める(スタンスを軽く足踏みして良い場所を見つける)
両脇を締めて低くテークバック。少しインサイドを意識。


ソファーに座っていたら猫が膝の上に載って来た。
膝の上でしばらくムチカチと踏み踏みをして落ち着いたところでじんわりと座り込んだ
ニャンコの足の裏の冷たさがボクの膝に伝わってきた。
ボクの暖かさが猫に伝わってゆく。

アドレスをしていて以前飼っていた猫の仕草を思い出した。
可愛い猫だった。
猫が座るのも、ボクがアドレスで最適な場所を探すのも同じ軽く足踏みして落ち着いた場所・・・・

今日ジムに行って考えたこと・・・・・でした。

そして、どこにもでもその場の空気の読めない人はいるものだ等と考えながら?


|

« トレーニングの帰りに・・・・ | トップページ | 今日から6月 »

コメント

アドレスが命。
上手い人ほど、アドレスに気を使う。

後は、ルーティーン。
(リズム)

ワテは、その前の腕前です。
でも、アドレスの重要性は
痛いほど、痛感してますだ。

投稿: う | 2007年6月 1日 (金) 09時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トレーニングの帰りに・・・・ | トップページ | 今日から6月 »