« 和気神社(和気清麻呂公) | トップページ | 風光る・風薫る »

2007年5月12日 (土)

リベンジ(湯の郷ベルスタッフとラウンド)

花から花へ春爛漫の季節ももう少しで終わり。
緑の葉の艶やかなきらめきにうたれた新緑の葉の季節もやがて通り過ぎ、一枚一枚の葉は今まさに青春まっただ中。
つややかに輝いている。
さわやかな風が木々を揺らす、県北の雄、美作CC。

先週のリベンジのラウンド。
パートナーは近所の人とその知り合い湯の郷ベルのスタッフ。
3時から明日ホームで浦和との試合を控え練習があるということで早朝1番のスタート。
バックティー使用。

天気はリベンジできたがスコアーはいつもの調子。
前半:49
すべてが悪かった、ドラも鉄も、パットも。得意のアプも
情けない・・・・・・しかし今日の僕はいつもの僕と違う。
スコアーを嘆くことはしませんでした。

昼は50分待ち。
昼食には冷やしぶっかけ蕎麦と天ぷら。
後半は何とか、一矢報いたい。
9回裏、10対0で負けていて三者三振みたいなゴルフをするためにこんなところまで来たわけではない。
例えバントでも、デッドボールででもとにかく1点でいい10対1のゴルフをするのだ。それが、明日のゴルフに繋がる。今日の経験が将来必ずいい結果を出せるようなゴルフをして帰ろう。
野球の世界ではどんなに点差があっても強いチーム9回裏に反撃して一矢報い次の試合につなげる。
どんな時でも神様は見ている。
ということで、ネバーギブアップ。頑張りました。
後半:42

後半なんとか自分のスイングを心がけた結果5連続パーが出たり。
90ヤードのチップイン(これが僕のゴルフ)

ショートがピンに絡んだりでやっと満足のいくゴルフができたました。
原因、
・ グリップ。右手は下からそえ指関節で軽く握る。
・ 下半身のリード。
・ 気持ちインサイドのテークバック。

コースを回っていて待たされることがあります。
その待ち時間に落ちている松かさや小さなキノコ、咲いているタンポポをボール代わりに打ったりする人がいます。私も松かさはショットしますがキノコやタンポポは打てません。
可哀想です。心が優しいのですね。
それが証拠に美人でない人に「個性的で魅力がありますね」と言えます。
これは優しさでしょうか?。ウソつきでしょうか?。

ところで、待っている間に松かさを打つ事はルール違反でしょうか?
ホールアウトした後でパターの練習をするのはペナルティーになるのでしょうか。
(7条2項によりストロークプレーではならない。)


後半は先がつまり待たされることが多くなり、前の組はティーショットを打った後、カートを止めどこに行ったか所在不明。 山の中に人が見える。どうも前の組らしい。手には何やら袋を持っている。その上、スコップまでも???筍堀に行っているようだ。
「先に行ってください」
ローカルらしいというか、考えられない・・・・・
セルフの弊害か、ただ単にマナーの問題か?

明日は、月例競技。今日の反省を踏まえ今度はスコアーのリベンジだ。

帰路、美作ラグビー競技場に寄り練習を見学。


Dscf0044_2

|

« 和気神社(和気清麻呂公) | トップページ | 風光る・風薫る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 和気神社(和気清麻呂公) | トップページ | 風光る・風薫る »