« 手紙 | トップページ | 今日、悪いは前回に似たり »

2007年4月21日 (土)

人間ドッグ

今日、人間ドッグに入り成人病予防のための検査を受検。
新しい施設で、受付もホテルのような雰囲気で制服もスマート。
デパートのインフォメーションのような、患者扱いではなくお客様。
すべての検査が効率よく組まれており、順番もコンピューターで空いている箇所を選択し各場所であまり待たされることがなかった。
計測、記録もすべてコンピューター。看護士は場所の説明をする程度で案内も非常に気持ちがよかった。
検査後は、ホテルの朝食のようなごちそう。
前日の21時以降、飲食していなかったので、特に美味しかった。
経費は国の補助があり受験者は一部負担。

今回の受験は、特に心配があったわけではないが前職退職以降、正確な検診を受けてなかったことと、さほど長生きがしたいという訳ではないが、痛いのはかなわんから予防のため。

生きてるモンは必ず死ぬんや
死ぬ瞬間に向こうに生きている
若いうちに死んだって別にそれが早いワケと違う
それが運命や

寿命は神様、仏様にもわからないけったいなもの
平均寿命が延びたことはめでたいのか、あらためて考えてみるとやっぱりめでたい。
だけど、よくよく考えてみると、ほんとうにめでたいのは平均寿命を超して、長生きした人である。
希少かちだからめでたい。
皆がみんな百歳まで長生きしたら、百歳万歳もあったものではない。
僕の知る限り、健康に日頃気をつけていれば必ず長生きするとは決まっていないし、逆に苦労に苦労を重ね若い頃の無理がたたって早々に亡くなったというパターンはあまりみない。

一度は、祖国愛のために死ぬと決心した命。
これからの命は拾ったもの、どっちみち死ぬのに意味などない。
予測がつかない命、どうでも良い。宣告を告げられるまでは考えないというスタンスで死をやりすごしていこう。


|

« 手紙 | トップページ | 今日、悪いは前回に似たり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手紙 | トップページ | 今日、悪いは前回に似たり »