« 山笑う | トップページ | ひとさけをのむ・・・・ »

2007年4月25日 (水)

トレーニング(過ぎたるはおよばざる・・・

『過ぎたるはおよばざるがごとし』
トレーニングはやればやるだけ効果が出る訳ではない。
本人にあった体力に応じて適量であることが重要。
トレーニングには疲労がつきもので、その後休養をとることで体力は回復しトレーニング以前の水準より少し高いところに達する。超回復といわれる。

今日はオーバートレーニングを避け、フォームと可動域を重視した。
シャフトにはプレートをつけないで、息を吐きながら力をいれてゆき、吐きながらゆっくり降ろす。
1秒間に1回。
ゆっくり、ゆっくり、鍛える部位に意識をおき、血管が浮き出ている、手首はぶるぶると震え顎の筋肉が硬直している。
可動域全域を使って・・・・・

その後、脂肪を燃焼させるための有酸素運動。心拍数を60%にあげ25分。
先日のドッグで狭心症に注意するよう言われた。今回に限ったことではない。


「スポーツを行っている人に多い症状です。マラソン、水泳をしても心拍数が上がらない、疲れにくい強い身体ですが、急にふらつくようなことがおこることがあるので注意してください」
心拍数が非常に少ない。平常値40〜50、普通の人は60〜70(最大心拍数=220−年齢)
激しくトレーニングをしても140を超えることはない。

その後、プールへ
水に飛び込むと水中で回転させ水に身体を慣らしから勢い良く水を切って泳いだ。
水中に放たれた僕の身体は何をする時よりも調子が良かった。
僕の身体に潜伏しているエネルギーが自由奔放に青い水の中に散らされているような・・・
激しく水を蹴り続け両足でしぶきを上げ、水中に
滑り込む腕に力を入れているとウエイトトレーニングで熱くなった筋肉が冷まされるような気がした。

約1000メートル40分泳ぎ、ジャグジーでマッサージ

身も心も癒されたような、ストレスが取り除かれたような。
先日のふがいないラウンドもこれで忘れさせてくれるだろう?

忘れることができるだろうか。
忘れられないのは忘れようとするからで、何も考えなければ思い出すこともない。
なんか屁理屈のような気もするが、
当分ゴルフはやめ、・・・・・
少なくとも次回ラウンドまで・・・・・・
明日は新年会、日頃の憂さを忘れ飲む時は飲もう・・・・


|

« 山笑う | トップページ | ひとさけをのむ・・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山笑う | トップページ | ひとさけをのむ・・・・ »