« ゴールデンウィーク | トップページ | 昭和の日にあたって »

2007年4月29日 (日)

吉備高原CCのラウンド

今日ラウンドした吉備高原CC。
10数年前、シニアプロの大会が行われた距離があり、タフなコースだ。
テレビなどでは、力みはヘッドスピードを落とす原因とレッスンしているプロでも飛ばさなければという気持ちが働くのか、歯を噛みしめて力一杯スイングしていたことを思い出した。

アフリカの黒豹と呼ばれたゲーリープレヤーを応援してついて回ったが、今年のマスターズでプレーする姿は、今もその時も変わりない。
少し前屈みに、背中を少し丸くして足早に歩きファンに手をあげ応える姿は今も同じ。

ここには何処を歩いても自生する山ツツジがいっぱい咲いています。どのホールも行けども行けども山ツツジと桜の花のお出迎えです。
これまでは、「ああ、山ツツジが」と、薄紫の茂みを一瞥するだけでした。しかし、こうして、一輪ずつ確かめると、息をのむほど美しい。ティーグラウンドで待つ間、
スミレは、タンポポは? と、ありふれた草花にも目を近づけていると待つことも気になりません。
真に造化の神の心に思いを馳せます。
人工の植樹したツツジに比べ山のあちこちに姿を見せる素朴な赤紫の花風情があっていいですね。
花吹雪が終わり、沿道の桜も青葉に変わりました。
これからは吉備高原は急速に初夏に向かいます。
Dscf0003
Dscf0004
Dscf0011
Dscf0019

今日はブログに載せる自然を紹介する目的のラウンドでした。
経過は忘れましたが、良いことだけ?
前半・・・・・47
後半・・・・・41
ダボ、トリプルのスタートでその後、持ち直し(ウソです。まぐれが続き)
ワンバーディー、ワンボギー(スリーパット)

少しだけ今日はアイアンの感じがつかめた。
前半ドラのOBが多すぎた。数、忘れた(ボールが試合玉でもったいない。)
GDO通販でトップフライを注文しよう。

|

« ゴールデンウィーク | トップページ | 昭和の日にあたって »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴールデンウィーク | トップページ | 昭和の日にあたって »