« あぶく銭 | トップページ | 後半結果 »

2007年3月31日 (土)

日本の色

3月31日 晴れ、風もなく麗らかな陽春。
木立の上は澄みきった青空が果てしなくひろがり、里山には山桜が満開。
この時期の里山が織り成す色彩が好きだ。
若草色、桜の淡い白、幹の深い焦げ茶色、深い緑。
この組み合わせが好きなのは、はるか昔からの日本人特有の遺伝子がそうさせているのだろうと思う。
日本人は淡い色を好むようだ。色が豊と書いて「艶」と読む。
日本人の豊かな感性は色の遺伝子がもたらしたもののように感じる。
この原点はどっしりと身体の奥に根を張っている。好悪は別にしてそれが日本人の証拠であり心の拠り所になっている。
今日は久しぶりにライバルとのラウンド。
桜の花の頃、桜の心(潔さ)を大切にプレーしたい。
いつもの攻めダルマでなくただのダルマになって・・・・・・
克己心を大切に。プレーしているのは自分、ライバルが闘う相手ではない。


1番ロング ティーショットのミスをセカンド、サード、アプとつなぎ上出来のボギー
2番ミドル(300ヤード) 距離はないが左右がOBで上り。
 ナイスショット、残り  90ヤード 3メートルにオンさせ、パー
3番ショート(135ヤード) 8番アイアン プッシュアウトでグリーンを外す10ヤードのアプ、2メートルに寄せボギー
4番ロング(500ヤード)ティーショットを崖下に落とし上げるだけ、8鉄ナイス。残り250ヤードの池越え(キャリー200ヤード)4番ウッドナイスショットで、4打目が10ヤードのアプを1メートルのフックラインを入れナイスパー。

5番ミドル(上り350ヤード)バンカー 120ヤード 9番アイアン ナイスリカバリー グリンエッジ ボギー

ここに来るまでに鳥のさえずりにも咲く花にも足を止めることもなく空を仰ぎ見ることもなかった。
ティーグランド脇には梅の花が咲いている。寒い冬に耐え健気に咲く梅の花が好きだ。
「梅と桜」どちらがいいかと聞かれたらいさいさか迷う。
花の明るさや豊かさでは文句なしに桜・・・・
桜は一気に花を開くが、梅は一輪一輪ゆっくりとマイペース。
桜は一生懸命咲き散ってゆく。
人それぞれの好みだが、美しさからいえば桜、生き方からいえば梅の方が粋に感じる。
梅の花のようなゴルフを目指したい、ゆっくりと・・・生の長い。

6番ミドル(370ヤード )ティーショット、あわやOBかと。
 神のご加護としか思えない、風の助けか?セーフ。
セカンド140ヤードを8番アイアン、ダフリショート アプ、ピン奥 5メートル ボギー
7番ミドル(HD1 上りの390ヤード)
初めてのナイスショット。残り170ヤード4番アイアン 手前7メートル スリーパット ボギー
8番ミドル(打ちおろし400ヤード)ナイスショット
 残り160ヤード 6鉄 ピン横 3メートル パー
9番ショート(180ヤード) 4鉄 ドフック距離やや大きめで左に大きく外す。
残り20ヤード 下りのスライスライン。
落としどころはカラー1メートル内に落としたい。
ナイスアプ 50センチ パー
 
まぐれの41、後半は明日

昨日の夜に続き外は雷を伴った雨、ラウンド中は晴れて良かった。
明日は墓参り、関西高校の応援、夜桜。

|

« あぶく銭 | トップページ | 後半結果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あぶく銭 | トップページ | 後半結果 »