« 春雨 | トップページ | 愚者は語る、賢者は聞く »

2007年3月25日 (日)

春の独り言(ラウンド結果)

昨日来のシトシトと降り続いた雨は何とかやみ、少し肌寒いがラウンドには支障はない。
兵庫の名門、青木功設計のコースに挑戦。

全般にフェアウェイはフラットながら微妙なアンジュレーションのある戦略的コースで、距離はやや短いと感じたが調子の出ないというかヘボゴルァーには距離は関係ない。

Southの5ホールはきれいな水があふれた池がらみの庭園を思わせるような女性的な・・・
5番ホール(HD1)は池に石造りのブリッジが架けられ、緻密に計算された庭園のような趣きがある。

North Courseは自然の景観をいかした起伏の激しい変化に富んだ景観
5番ホールの奥は、自然のままの切り立った岩壁が威圧するかのように立ち塞がっている。 


印象に残ったホール。
South5番(HD1)パ−4
池までは260ヤード、そこからセンターまで160ヤード。150ヤードのキャリーが必要。
ティーショットがセンターを捉え、セカンド残り160ヤード。
5番アイアン。(池を超すのが絶対不可欠で大きめのクラブを選択)
 やや、トップ気味だが方向良し。ナイスショットで約2メートルに見事オンのパー。
7番ショート:170ヤードの池越えクラブハウスをバックにした景観のきれいなホール。

風はかなり上げている。池も眼前にせまりかなりプレッシャーを感じる。
ゆっくり、アリーコックで、ヘッドで円を描くように、トップで一瞬の間を・・・・・・・・
軽くで良い、普通にあたればとどく、

ヘッドに気を生かせ・・・・・
ペチャ、あ〜無情〜   池に吸い込まれた。

あ〜せっかくのパーが水の泡?

プレ3がある入れればまだパーが残っている。
ピンは一番高いところ、スライスライン、オーバーは避けたい。

ザックリでガックリ。

終わりました。
「いや〜良いコースでプレーすると、馬脚を表すものですね〜」

来週までに、アイアンの調整しなおし。


スコアーは忘れました。途中で鉛筆が折れてしまいました。(抜剣四顧心茫然)
いやになりました。パートナーは何となく37、39・・・・・・

何処酔春風(いずれの処か春風に酔う)
白球西復東(白球西復た東)
『春の風に唆されて、ワシは西へ東へふらふらや』
Dscf0006_4

|

« 春雨 | トップページ | 愚者は語る、賢者は聞く »

コメント

山陽の18番の池もきれいですが、ここは18ホール中、7カ所が池に絡んだホール。
それぞれの池はきれいな水が満水で自然とマッチして自然を生かした庭園の雰囲気があります。
我が家から高速で50分。
プレー費もグリーン費22000円のところ17000円引き????????

キャディー、食事つきで15000円とま〜安いかな?

ぜひ、一度ラウンドしましょう。

投稿: 悟空 | 2007年3月26日 (月) 20時46分

池の、水のあるコース。
何でか知らないけど、
大好きなんです。

青木コース、行ってみたいな?
下手だから、ボールを多く用意して・・・

投稿: う | 2007年3月26日 (月) 10時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春雨 | トップページ | 愚者は語る、賢者は聞く »