« ローカルルール | トップページ | 彼岸(春分の日) »

2007年3月22日 (木)

イーグル(人生のつき・・・)

人生にもゴルフにもやはり一種のつきのようなものがる。
どうあがいたところでだめな時はだめだし、上手くいく時はさほど労せずにうまくいく。
人生もゴルフも実力どおりというわけではないものかも知れない。

昨日のイーグル、130ヤード強。30数年間のゴルフ人生のなかで4度目の経験。
何万回のショットをしてきたか、計算も想像もつかない出来事。
嬉しいことは嬉しかった・・・・・・・・・

しかし、手放しで喜ぶことのできない出来事があった。
ピンにからむようなショットでした。
胸を張って悠々とグリーンに近づいてみると、あるはずのボールがない?
あ〜こぼれたかと     奥を探す・・・・無い、ない、ナイ、アレ、僕のボールは何処・・・・
おかしい、OBになるようなショットではなかった。  ない、無い、どうしても無い。

後続がセカンド地点で待っている。
打ち直しか?
已むなく打ち直しに帰る。ショックは大きい。待たせた人が皆迷惑顔で見ている。
急いで、セカンドを打ち直す。今度はカラー。
他の人は、のせてパターを持ち待っている。

先によせているからということで、ピンを抜きに行くとカップのなかにボールが一つ。
だれもここに忘れる人はいない。番号を確認すると僕のボールに間違いない。
この場合イーグルが認められるのか?
暫定球を打っているので、認められない。
暫定球は打っているが、まだプレーしていないのでインプレーの状態ではない。

(暫定球:OBかも知れないときに暫定宣言をして打っておく。落下地点付近で確認の後なければ暫定球でプレーすることになる。)

今回は正確ではないが5分くらい経過したかも知れないのち、元の位置に帰り暫定球を打ってしまっている。
しかし、暫定球はインプレーの状態ではない。

今回は競技ではないので、計算はイーグル扱い。
でもすっきりしない。
ゴルファーの「はしくれ」としてルールは守られなければならないのか?
ご飯を食べる時は「はしくれー」というではないか?
最近、夜は下半身を全く使っていない。昨日のプレーで下半身の使い方を開眼したような気がする。

|

« ローカルルール | トップページ | 彼岸(春分の日) »

コメント

イーグルはイーグル。

最初の球がカップインした時点で、
このホールは終了です。
カップインがわからないまま、
暫定球でプレーをしたとしてもそれは
練習ストロークにもなりません。

と、今月号の漫画の付録に載っていましたw

投稿: ま | 2007年3月23日 (金) 13時23分

次回のコンペがまだ決まってないそうです
時々覗いてみてね

投稿: りん | 2007年3月23日 (金) 10時24分

イーグルおめでとう
私は1回だけ ショートでホールインワン
もう2度とないでしょう

投稿: りん | 2007年3月23日 (金) 10時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ローカルルール | トップページ | 彼岸(春分の日) »