« タイムスリップ | トップページ | ラウンド結果(2、10) »

2007年2月12日 (月)

還暦

昨日は子供たちが還暦を祝ってくれました。
午前中に護国神社に参拝、健康であることに感謝しました。お願いはしません。
その後、未知の5人のひとと一緒にお祓いをしていただきました。

人生50年と言われたのは1947年のころのことだそうです。私が生まれた歳です。
「人生80年」は今や定着したフレーズです。
80歳にはまだ?・・・・15年あります。
WHOの定義では65歳以上が高齢者(老人)と呼んでいるそうです。
願わくば「年不相応」にいつまでも若々しくありたいと思っています。
自分が還暦になることを疑い、エネルギーのあることをつい強調してしまいます。
年齢を顧みず無理している自分に気ずくこともあります。
世の流れに反発せず若い人たちに物事を委ねる心に余裕を持たなければならない年かと思いつつも自分のことではないと考えるのが団塊の世代かも知れない。

私は今世紀の始まる年の2001年一足早く万感の思いを胸に前職を定年退職をいたしました。
大勢の人に退官を祝していただき、決意を新たにして現在の会社に再就職しましたが、ここでも多くの人に支えられこれまで大過なく楽しい毎日を送らせていただいています。

(団塊の世代の言葉の生みの親、堺屋太一言)
「人間は平均寿命の6割働く」といわれています。80年の6割は48年になります。
20歳前後から働いたとすれば70歳までという計算になります。
60歳から70歳までの10年間は好きなことをして送る「黄金の時間」なのだそうだ。

これから、10年間はゴルフをすることが「黄金の時間」だと思っています。
Dscf0029

|

« タイムスリップ | トップページ | ラウンド結果(2、10) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タイムスリップ | トップページ | ラウンド結果(2、10) »