« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月31日 (水)

どうしてもやりたい

毎週毎週ゴルフをやっていると、一度でも抜けるのはイヤなもんです。
一週間の生活リズムの中で土日のゴルフというものは必ず通過していくスケジュールなんで、特別のことがない限りやらないと、ポッカリ体に穴が開いたような気持ちになってしまう。
ほんとのとこ、ゴルフは人生なのです。

日曜日は、桃太郎に新たな伝説を刻みます。
桃太郎に成敗された鬼ノ城に住む温羅が、最近、熊山の麓に桃太郎砦を建立し住民を苦しめていることを聴き、
再び鬼退治に命をかけることにしました。
谷底に成仏できないでいる多くのボールの自縛霊が善良なゴルファーを引き寄せると聴く?
『身はたとえ熊山の野辺に朽ちぬとも止めおかまじき大和魂』

また買ってしまったドライバー。
新開発の新素材よく飛びますよ、人気です。
次から次へと新しいものが出てきて全部を買い替えるのは大変だから、ドライバーだけ買い替えた。
今、使っているものよりも距離もでて方向性も良いのならば、10回も買い替えたらどんな距離で、どんなスコアーになるのかと思うけどほとんど変化がない。
でも新しいものを手にするのは嬉しいものです。腕をつけ替えるわけにはいかないから、せめて道具だけでも?

次、又買うぞ

| | コメント (3)

2007年1月30日 (火)

ダブルペリア

ほとんどのコンペはダブルペリア方式のハンディキャップを出して順位を決める。
”隠しホール”がハーフで六つ、ラウンドで計12のホールがピックアップされてその人のハンディーが算出される。
どこが入るかは今日の運、ダフってチョロって大叩きしてもこの方法でプレーしていると、なんでも自分の都合の良いように考える!
山の中に打ち込んでOBでも、
『ここは隠しホール』
ザックリ、ドスン、ペチャ、ガチャ。いろんな音がします。
『ここは隠しホール』と全ホール叫んでいる人がいる。
「ホンマノトコ」上手くいかない時は、せっかく取ったパーやバーディがじゃましたりで、予想したことと逆のことが多いこと・・・

成績発表・・・・予想が上手く外れブービー賞。ってことありませんか?
僕はありません。実力通りのHDがでます。

高値安定です。株だけにしてもらいたいと思う今日この頃です。
皆様いかがお過ごしでしょうか。
2月まで後1日。鬼退治まで後5日・・・・・

| | コメント (0)

2007年1月28日 (日)

ラウンド結果(失敗の良い訳)

1月28日 国際ゴルフクラブ

天気もパートナーも、なにより自身の体調も万全のなかで、今日はアスリートの人たちとラウンドしました。
アスリートのいい点はなんと言ってもショットの良いのは当然ですが、プレーを楽しくさせていただける点です。
いい点、プレーが早い。ショットのリズムがよくその良さが自分に反映する。自分の技術不足を補ってくれます。
見習いたいのはマナー。
上級者は『ナイスショット』 発声のタイミングが良い。
時には、ナイスショットの声は言うのがマナーと勘違いしているような人がいる。
不愉快で言い訳をしたくなります。
激しい人は打った瞬間に『ナイスショット』
まだ、ボールがどこに行くのか解らない時点で発声する者もいる。
その人にとって本当に良い当たりかどうかは解らない。
また、不幸にもキックが悪くOBになることもある。
ショートホールでワンオンしてもそれがナイスに値するとは限らない場合もある。
何ことも、控えめが良い。戒めたいと思いました。
今日は、失敗の良い訳をしないラウンドを心がけました。
「失敗の良い訳を先につぶす、それが準備だ」
失敗したとき言い訳をできない状態に自分を追い込み都合の良い言い訳をしない。
自分が招いた結果として受け止める。気分が楽になります。

今日の結果。
ラッキーがあったり、不運があったりでしたが、充分満足できるスコアーでした。
スリーパット×2、OB×2、ラッキーで助かったもの×2
パー×7、バーディー×1、
ダボ×3(ショートほとんど乗っていたところから寄らず入らず3パット、悔いが少し)
トータル 43+43=86
次回期待事項
もう少し寄せが悪い。10〜15ヤードの寄せが2メートル、これではパットが良くないとパーが拾えない。

| | コメント (4)

2007年1月27日 (土)

内視鏡手術結果

19年1月26日 念願の大腸ポリープの内視鏡による切除手術をしてもらいました。

前職の健康診断で発見し7年間、放置していたのでその大きさと悪性に変化しているのではないかと不安を持っていたのですが、結果は内視鏡で摘出可能な2個のポリープを切除、
2日には組織検査の結果がでます。
医師は心配ないでしょうとのことで一安心をいたしました。
既往歴があり、一度できると体質的に再発の可能性が高く定期的3〜4年に一度は検査を受けた方が良いらしい。
問題は私の大腸は他の人と比べ少し長いらしく深い部分にまでカメラが入っていないそうで、再検査を指示された。

手術は、麻酔下に行われ痛さは感じないはずなのだが、情けないことに「痛い、痛い」と言っていたような気がした。
おそらく、大腸に入って行くカメラと空気、水などを入れた時の違和感と拒否反応が夢を見させたのだと思う。
あまり、痛いとかは言わない方なのでおそらく言っていないと思う?・・・・おそらくだけど。
もしかしたら、少しくらいは声を出していたかもしれない。涙は出してないていと思うけど寝ていたので覚えがない。
ゴルフで好スコアーを出したりとか、気持ちのいいことをしているとかの夢ではなかった。

今回の内視鏡手術の予定記事の投稿で、励ましのメールや面識のない人からコメントをいただきこのブログを始めたきっかけが思い出されました。
同好の志を持つ人の探索中にその中でガンとの闘病生活を記録したブログを見つけ、訪れてもらった人々に感謝の記事を最後に逝去されたかたもいました。
そのころ私も同じように突然の不条理と闘っていました。
そして、現在も病気と闘っている人もいます。
不幸を抱えているのは自分だけではない。
教えられるものがありました。

自分のことばがその人にとって何の支えにもならないことは承知しています。
そっとしてあげるのが一番の時もあります。
ゴルフでもそうです。不運にあった人に控えめにアイコンタクトを送る。そこによけいな励ましは不要です。

なかには、不幸を代弁してくれる人もいます。嬉しいです。そして不幸を嘆かないようにします。
その責任は自分で負うしかないのです。

今回の病気で「自分の体が一番だけど、変わりは誰がするのか?」と職務と体の両方を心配してくれた人もいました。会社に忠誠な人です。
働くものは病気をしてはいけません。
すこし悲しい思いもありましたが、コメントが思いを軽減してくれました。
メール、コメントありがとうございました。

「人生もゴルフも言い訳の種はつきまじ」

言い訳をしない人生を送りたいと思います。

| | コメント (0)

2007年1月25日 (木)

内視鏡手術を前に

明日は愈々大腸ポリープの切除の日です。
突然襲われた病魔という不合理ではありません。
7年前から、持ち続けた不徳の処置です。
少し、不安があります。2センチ以上のものは開腹しなければなりません。

「我れ神仏を尊んで神仏を恃まず」 武蔵の開悟を自分にも言い聞かせています。

願い事はしません。

日曜日はリベンジです。パートナーはかなり上手です。
昨年、後楽でラウンドしてもらいました。確か69。
ハーフではなく正真正銘の1ラウンドのスコアーです。
楽しみにしています。
しかし、今週は反省やら整体やらで体調管理ができていない。
また、楽しむだけのゴルフになりそう。
 
『狙う勇気よりあやまる勇気』
エイ、ヤーで打ちます。あやまるのは嫌いです。


| | コメント (3)

2007年1月24日 (水)

ラウンド結果(還暦祝いコンペ)

  真金吹く 吉備の中山 帯にせる
              細谷川の 音のさやけさ。
1月21日 
古代吉備の山城、鬼ノ城の眼下に広がる丘陵地、国際ゴルフクラブで還暦を祝うコンペが行われた。
冒頭の歌は吉備の国の枕詞として万葉集にのこる歌。桃太郎伝説の元になっている。

コンペのラウンドはいつもより、気持ちの高ぶりがある。
練習グリーンは言い訳の場に変質し、その浮いた気持ちの流れを止めるのが、スタートホールの第1打。
一緒に回る人も、後続の組の人達も注目している。
4番バッターだと気が楽だ。前に打つ誰かがミスしてくれるとホットする。
我が輩は最終組2番バッター。気楽だ?    のはずだ。
「上手く当たってくれよ!」一瞬、目の前が真っ白、時にはどうやって打つのかも解らなくなることもある。
しかし、上手く当たって「ナイスショット」の声がかかった時は、最高!
バンジージャンプから飛び降りるような勇気を持って打ったショットであった。

生まれながらに高貴さを身につけたとしか思われないような、ごく自然な挙措動作が優雅そのもの。
小さな声で「サンクユウ」

結果は、これを運命と口走っては大げさにすぎるが不運だと嘆いたとしても罰は当たるまい。
不運なんて謙虚な表現だ。大きなディボット。
不運はこれからが本格的。
木の真後ろであったり。バンカーに入れたら大きな足跡の中であったり。キックが悪くOBであったり。
勇気が無謀に変わり。確実が不確実 。ただし不確実だけは確実に推移した1日であった。
しかし、すべては自分が招いた結果。
自虐的な笑いは軽佻浮薄な私の人生を象徴している。
あ〜神様、僕の右手に降りてきてください。

それでは各ホールの結果とその時の心理状態について残して行きたいと思います。
    ?
    ?
    ?
アルツハイマー痴呆症なのか思い出せないのです。
もともと、3〜4時間前の今日の昼食がなんであったかさえ覚えていない私が3日も前のことを正確に表現することはできません。

良かったことだけ。

ドラの安定と前回悪かったアイアンの感じが少し掴めたような。
ドラのOBなし。
距離も充分あるショートホール、3カ所でパー。
176ヤード、170ヤード、165ヤードをワンオン。(176ヤードは4鉄で2メートルのニアピン)
その他、OBもあったがアイアンの飛距離が解ったような。
2〜3度も打ち直せば、たまにはナイスショットもでるか?
え〜それで?何が悪かったの。何がってそれはあなたスコアーですよ。
ああ〜〜〜
特にバンカー。距離感ゼロ。出すだけ、アプローチ、パットに繋がらない。
結果、パーが9個ありながら・・・・
先日の足し算はそのものです。
忘れてください。夢にも見ないでください。

今日の格言?故事

人生でもゴルフでもアゲンストの時どう耐えるかが重要なのです。
ゴルフは今日で終わりではない。いつか必ず来ます。笑顔で乾杯する日が。

”待てば海路の日和あり”

| | コメント (0)

2007年1月23日 (火)

回復が遅い

今日は何の日
1月22日(january)、22日(ZZ)  jazzの日
1月23日 、123(ワン、ツウ、スリー)ジャンプの日

49+47=96  答えを求める思考過程を書こうとしている訳ではありません。
(この、説明は明日)
昨日は日曜の結果についての反省文を書く予定でしたが、プロバイダーの故障で記事の投稿ができませんでした。(期待されていた方には、ごめんなさい。反省する前に道具の手入れだけは次週に備え実施いたしました。)
今日は腰痛でラウンド報告ができません。(もしかしたら、今回はナシ?)

今、僕の体はガタガタ。ゴルフに行った明くる日は アッチコッチが痛いこと・・・
以前は二日連続でも何ともなかったのに?  『歳』
回復が遅い。まず、何とゆうても腰がいけん。
20年ほど前、手術をしてから、4〜5年の周期で激痛に襲われる。
病院に行っても「治らん」と医師のお墨付きだ。!
これまで、だましだまし使うてきたけど、そろそろ限界と思うことがちょいちょいある。

いろいろやった。針、灸、整骨、マッサージ、けん引。
やれるものはほとんどやった。
今日も体中にいろんなものが着いている。
エレキバン(小粒の玉のついたもの)、湿布薬、ゴムのコルセット。

痛めば治療するのは当然だけど、発病する前に予防するこれが大切だ。
これから、スポーツジムでいつものメニューをこなします。(約3時間)

従って、今日も反省文はかけません。


| | コメント (1)

2007年1月21日 (日)

赤いチャンチャンコ杯コンペ

1月21日 岡山国際ゴルフクラブ
今日は会社の上司の還暦を祝ってのコンペ。
天気も還暦を祝福するかのように、長期予想が外れ初春を思わせる絶好のゴルフ日和。

還暦には赤いものを送る習慣があります。
これはこの年で赤ちゃんに戻るという意味と赤は魔よけの色といういわれることから行われるようになったようです。最近は60歳はまだまだ現役。なかには、嫌う人もいます。
しかし、祝ってもらえることには感謝しなくてはいけません。
私も、後しばらくで還暦を迎えます。まだまだ若いと思っています。
しかし、その年だけ生きてきたことは事実として受け止めなくてはいけません。
還暦についての所見はまたの機会に、これまでを振り返ってみたいと思います。

コンペはいつものラウンドと違い、なにかときめくものがあります。それは初恋のような・・・・
お前恋をしたことがあるのか等、問わないでください。
私にもあります。恋が一度だけのもの思っていた純真なころが。
ゴルフは楽しい。前の晩からソワソワ、して、寝不足でゆくことが多い。

練習グリーンでの会話、なぜか言い訳が出る。
「お〜久しぶり」
「どうも頭が痛くて風を引いたのが直らん」
そんなこと誰も聞いていないのに、つい口にでるようだ。
聞いていると「腰が痛い」「腕が痛い」「膝が痛い」「首が痛い」とまるで病院の待合室のようだ。
「しばらくやっていない」というのも多い。
また、新しいクラブを買って、ビニール袋をかぶせたまま、素振りをして「当たるかな〜」なんて人もいる。
「当たらんものなら持ってくるな」

握手を求める人もいる。「ハンディちょうだい・・・・」

11番ミドル、打ちおろしの右ドックレッグ。
右の松の木超えはショートカット。上手く行けば残り100ヤード前後。右いっぱいなら50ヤードくらい?
アイアンでも打ちおろしがあるので平らなとこまではゆく。
ここでは人間より長く住む国際のカラスは多くのドラマを見てきた。
ボクはドラマを見れば叩きたくなります・・・・
Dscf0012

ここで、神の御降臨。
「攻めろショートカットだ」
「自分の技量をわきまえろ、ここは安全にアイアンだ」
確実の不確実を充分知っているボクは、当然のごとく、ショートカットを選択。

左から3番めの松の木を狙ったボールは風に乗りスーッと・・・のびた。
超えた、ベストだ?ベストだと思う。
からすも風にのった。フワーッと一緒に木を超えた。
幸、不幸は背中合わせ、大地の運命は?

明日、記述する勇気と気力が残っていれば。

新ペリア=74,4

| | コメント (4)

2007年1月20日 (土)

温泉へ行った

肩が異常にはるので温泉へ行った
いろんな人が様々な思いで来ている
肩が痛い人、腰が痛い人、神経痛に苦しむ人

多くの人が病魔という不条理と闘っている
公平をさけびながら
しかし、これだけはいかんともしがたい

温泉の効果のほどは知れない
良いではないか、心だけでも
リラックスできるなら

| | コメント (0)

知る

知っているということは果たして幸せなことなのだろうか?
人間は知ることによって進歩する。
体験し、知識を積み重ねることによって豊かになり、深みを増す。
知らないより、知るにこしたことはない。
時には知りすぎて不幸になることもある。
知らないがゆえに、かえって心が安じていられることもある。

来週は大腸ポリープ切除のため入院して、内視鏡で処置します。

遅すぎた結果にならないことを、あっちで祈り、こっちで頼み、しています。

| | コメント (2)

プロ野球

横浜・工藤が誕生した。2億円減の年俸9000万円。
発展途上のチームを立て直すため実績を評価されての招聘。
これまで横浜銀行と上客としてきた阪神岡田監督も工藤の横浜入団に注意喚起。
大矢監督は開幕の巨人戦に先発登板を視野にいれている。
こうなると、面白い。ベファンとしても活躍を期待したい。
これまで4球団と契約をしてきた工藤、緊張した面持ちで「今テンパっている」と挨拶。

井川が先日、一生懸命カタカナ英語で訴えていました。充分通じたと思います。
米人もその、カタカナ英語に感動したそうです。
ハブアナイスデー

| | コメント (0)

2007年1月18日 (木)

濃霧

1月18日 晴れ 気温14度 初春を思わせる好天
朝、7時30分 通勤時、旭川沿いの道路は濃霧が発生し視界20メートル。
相生橋から見る岡山城も霧の中に浮かび幻の城を見るよう。

濃霧は大体、晩秋、梅雨時に多く発生するものでこの次期の発生はまれに見るものらしい。
ボクのゴルフのパーのようなもの。
昨日の雨の水滴が空気中に残っていたことと放射冷却が原因らしい。

見通しの悪い道路状況からライトを点灯し注意深く運転しながら、ふと、濃霧が発生したゴルフ場のことが思い出された。
ティーショットが不安でキャディーさんに示された方向に打つものの、その感触からおそらくセーフであろうと思いつつも、フェアーウェイにボールを見つけた時の安堵の思いは、置き忘れたへそくりを発見した時のようなみような安心感がある。
かすかに見えるピンフラッグを狙い放つセカンドショットは手応え充分。ピンに向けたナイスショット。
グリーンに向かう足も自然早くなる。
しかし、グリーン上にはボールが見当たらない。
その付近を探すがどうしてもない。

諦めかけた頃、カップを見るとボールがひとつ。だれもこんなところにボールを忘れるはずはない。

イーグルだ。
よくありませんかこんなこと。ボクはしょっちゅう、こんなことがあります。
嘘です。

それにしても関係ないですけど、静かなクラッシク音楽の流れる喫茶店内で大きな声で携帯を使用する。
止めてもらいたいですね。
星野前阪神監督が次期オリンピック監督要請を受託した。
嬉しくもないが同県のものとしては良かったのであろう。


| | コメント (2)

2007年1月17日 (水)

なにかおかしい?

それにつけても、へたくそです。30年もやっていればたいていの人ならもう少し上手に打つぞ。
X-20のラウンド2回、あまりの悪さに昨日2年ぶり練習に行きました。
ここだけの話、「ドタ、ペチャ、カン、ドン」そのほかいっぱいのガチャン。
芯で捉えることができません。トップと先に当たることが多い。
原因は解りません。ヘッドアップに注意して見ました。
顔を上げるのは右肩があごに当たるまで我慢。
これができると振り抜きがいい。 しかし時々ダフり気味。
その上、今日は腕の筋肉が痛い。わずか、70球ほどしか打っていないのに・・・・・
と、いうわけで今日はトレーンングに行ってきました。約3時間汗を流しました。
しかし、次回も雨。本当にゴルフとは人生ですね。

私のアイアン以上におかしいですね? 
・・・・最近の政府、NHKの放送倫理

* 憲法改正で参議院を闘う?
* ホワイトカラーエンジェントの見送り
* 金利引き上げの見直し
この法案が廃案になるなら、まだ良い。選挙を勝ち抜くために自民党に都合の悪いことは選挙後。

ラグビー大学選手権があった13日の土曜日。
総合テレビでは、津波情報が流れていた。
住民の安全が優先でラグビーの放送中止は止む得ないところ。
ところが教育に変更し放送。大相撲は地上波は教育に変更。下には小さな日本地図が映り見にくいことこのうえないと苦情が殺到したらしい。
災害報道の際、規定があるようで民放もこの地図が表示されていた。
同じような津波情報を繰り返すばかりで、結果的に、警報が出ている地域で実際に避難している人は1割以下だったようだ。
こんな、「くるぞ、来るぞ」のオオカミ少年のような報道ではまたか、とばかりにかたづけられる心配がある。
ラジオマニアのボクは1日、根室地域の住民の声を聞かされた。レポーターは一生懸命感想を聞くのだが、変わりないのだからコメントにも迫力がない。
災害時の威力を発揮するのはHNKとばかりに内容のない情報を繰り返すより、実際に関係のある地域に最新情報が入り次第で充分であろうと思う。

| | コメント (2)

2007年1月15日 (月)

無心

もう数年前のことです。
忘年会に参加すべく、バスを待っていて、ふと足下を見ると小さなサイコロが落ちていた。
何気なくそのサイコロを靴の先でポーンと蹴ってみると、サイコロは5〜6メートル先の水たまりで止まった。
しばらくして、何となく気になった。もしかすると1の目が出ているのではないかと思った。
いくらかの期待を持って水たまりの所まで行ってみた。
なんとそこには1の目が出ているではないか。偶然といえば偶然である。
やがてバスが来て、バスの中でこんなことを考えてみた。サイコロを手に持って1の目が出るように願って振ってもなかなか思うようにでるものではない。
「無心」という言葉がある。
「心なきこと」「子供のように無邪気なこと」「邪念や私欲のないこと」こんな言葉に通じるのではないだろうか。

3個のサイコロを使って出目で得点を競う「チンチロリン」という簡単な遊びがあった。
行きつけのスナックで、薦められるまま遊びに参加し、大きく勝ったことを思い出した。
初めてのことで、いいかげんにつきあって止めるつもりが幸いしたのか。

生活の中で欲とか邪念にからむことがあると思う。くじ運の悪い人、つきのない人は「無心」の境地になっていないのかも知れない。
ショートパットが入らないのも邪念のためではなかろうか。

そういえば、以前にも書いたことがあった。勝負の極意「勝つと思うな思えば負けよ」
「無心」にあやかりたいものである。

今日は「とんど焼き」
お飾りをゴミと一緒に出すという訳にもいかないので、少しだが先日の書き初めと一緒に燃やした。
ゴルフが上手になれますように。

| | コメント (1)

2007年1月14日 (日)

ラウンド結果

1月14日、19年度1月月例競技 天気晴朗、風もなく穏やかなゴルフ日和。
月例を一緒に回っていた皆さんはA組に昇格。
ライバルは競技には参加しないし、今ひとつテンションがあがらない。
枕にネガティブな表現。さては今日も叩いたな。頭から、この調子ではタラレバのオンパレードか?

取り敢えずスコアーを
×(3)、ー(2)、×(3)、△(2)、×(3)、△(2)、×(3)、ー(2)、ー(2)=46(22)
×(2)、ー(2)、△(2)、△(2)、△(3)、△(2)、△(2)、△(2)、△(2)=45(19)
スリーパット×5、これではパーオンの少ない、ほとんどない風のゴルフではスコアーになりません。
ショートパットが打てない、合わせるだけではカップ周りで微妙な芝め傾斜に負けてしまう。
その前にとどいていないのだから絶対に入らない。強く打てる勇気がない。
次回からはスカートをはいてラウンドだ。もともとスカートさえはいていればだれでも良いほうだから。
ハートマークいっぱいの瞳が悪かったのか。総社に住むカラスの魔力か?

一緒に回っていていませんか?こんな人。
手袋をはずして、尻のポケットに半分差し込み、あっちから、こっちから、ラインを読む。(何だプロか?)
その上、キャディーさんにひつこく聴いて、『スライス?俺にはフックに見えるけどな〜』だったら聴くな。
あげくはスリーパット。(何だアマチアか?)あああ〜〜アマチアだった。 オ〜ノ〜

ちょっと、待たされると「前の組の奴らおそいな」とぼやく。ぼやく前に自分が、も少し早くしてくれ。
自分の方がよっぽど遅いではないか?

人のセカンドをとどかないとどかないと変な保証を自信を持ってしてくれる人?

今日の一番、最終ホール。
グリーンが空くのを待った、ロングホールのサード残り220ヤード、4番ウッドがわずかにこぼれたもののピン横。
結果は寄らず入らずのボギー。だが、このショットはかなり良かった。
前回もOBの後のプレホォー、220〜30ヤード4番ウッドが2メートルにのりOBパー。
アイアンもこの感触で打ちたい。インパクトでの力みをなくすこと。


| | コメント (1)

2007年1月13日 (土)

賀詞交換会(肩書きのない名刺)

今日は会社の賀詞交換会があった。
取引関係と会社の協力者を招き新年の挨拶を交わしながら名刺を交換する場。
現在の会社での行事とは多少趣をことにするが前の職場でも同じような行事を行っていた。
「互礼会」。普段は交流のない人が、名刺を交換する社交の場。
主に自治体、治安機関、協力団体の人たちが集い交流を深めることを目的にしていた。
どちらも、主役は『名刺』。
当時の「・・・・本部・・・専門官」といういかめしい名刺はどこにいっても信頼をされた。

中央に四文字の名前が並び、左下に住所と電話番号だけが記されている右肩に何も書かれていない。
こんな名刺を貰ったひとはどう思うだろうか?
怪しく思われるだけで身分を証明するものにはならない。
なによりも全体に間が抜けバランスが悪い。やはり肩書きのない名刺というものは、なんとも淋しい。
なにか大切なものを置き忘れたようで頼りない。いつも風に吹かれているような心細さである。
今更ながらバックにあったものの大きさを実感する。
・・・・・なんと大きなものをなくしたのだろう。


| | コメント (2)

2007年1月12日 (金)

道具の手入れ

ラウンドが終わったら、道具の手入れをしよう。

達人の共通点。
それは自分の道具の手入れを、自分でするということです。
大工さんのノコ、かんな、のみ
書道家の筆
庭師のはさみ
いろんな職人と言われる人たちは、ことさらに道具の手入れを丹念に行います。
道具の手入れをしながら、1日の反省をしています。
いくら反省しても、道具の手入れをいい加減にしていると上達はできないのです。

Dscf0010_1

| | コメント (0)

2007年1月11日 (木)

Zの法則

皆さん知っていますか。
「Zの法則」私は日常生活で、妻の言われる通り、指示通り毎日を送っていますので、この法則に従い妻から渡されたメモを見ながら買い物をしています。時々、メモを忘れ叱られることもありますが、
「怒られた それで救われた」と思っています。
ミスは怒られることでチャラにできます。怒られないと、いつまでも失敗をチャラにすることはできません。
怒ってくれる妻に感謝しています。

話がそれました。今日の主題は、買い物を忘れたことではありません。
新聞にはスーパーのチラシが入ると思います。普通は木・金が多いそうです。
チラシにはZの法則があるそうです。
人間の目の移動がZに動くという特徴から広告デザイナーが、左上にその日の特売品が載せてあるそうです。
そして、安売りにもローテーションがあり、右上にあるものが次の安売り商品になることが多いようです。
一度、チラシをすぐに捨てないで何週間分かを保存しておけばその店の特徴を把握することができるようです。

もうひとつの特徴。20日前後は、肉・魚などの生鮮食品の安売りがされる。
給料前後でお金があるから、給料前だと生きて行く上で必要なもの冷凍食品などの保存の効くものが売れるそうです。

ボクの生活の知恵を紹介しました。
明日のためにもっと、怒ってもらいましょう。
妻に叱られることを喜びに今日あり。


| | コメント (0)

2007年1月10日 (水)

野球界の頂点

前阪神監督の星野が、次期オリンピック出場を目指す日本チーム監督に就任することが確実になった。
アテネの長島、去年のワールドカップの王監督に続く国際大会の監督となる。
星野就任はアマ協会が打診していたが、プロ側が決定する前に動かれては困るということでアマ協会委員長が辞任するという波乱があった。
他方では、星野が就任すれば良い選手があつまりメダルを取れるチームはできるだろうが、大リーガーの出ないオリンピックでメダルをとっても意味はない。功をなした人たちの名声にすがるより若手を起用した方が次につながるのではないかという声もある。
「野球界も政界にならい若手起用の次期で旧態依然とした長老支配は変えて行く時が来ている」とは某スポーツ新聞の批判。

同じ野球少年で、目指すものは同じであったが子供会の野球チームの監督にもなれなかった者としてはなんともいえない。


中村は年俸で調整がつかず、退団の雰囲気。
巨人には、ゴンザレスとかいう内野手。
工藤は横浜に移籍

それにしても、チームのトップ(監督)より下の(選手)の方が給料が高い世界?
サラーリーマンの世界ならほとんどの場合、地位が上になるほど給料が高い。
これが会社の秩序を保っていると思うが、我が社でも給料の高い部下が大勢いる。
この逆転構造に闘う軍団としての支障はないのだろうか?


| | コメント (1)

2007年1月 9日 (火)

今日しなければならないこと?

毎朝通勤時聴いているラジオ放送で、「明日できることを今日するな」というドイツ人の言葉を紹介していた。
自分が年頭の抱負としてあげていた事項でもあり興味深く聴いた。

放送内容の趣旨は「どうなるか解らない将来を思い悩むよりは今日を大切に生きよう」ということであったように思う。
最近は、幼稚園のお受験に始まり、中学・高校・大学、そして就職といつも追いつめた生活で今を楽しく生きようとする余裕がない。

一般には「今日できることを明日するな」と言われるが、それに対するアンチテーゼもある。
明日でいいことをする余裕があるなら、今日やらなければならないことをもっとしっかりやれということ。

いろいろな考えがある・・・・
取り敢えず大切なのは「今」どうなるか解らない先のことを思い悩むことは止め自分に一番必要なことは「健康管理」
今日もこれから、トレーニング。
会費も今月で切れるので、振込通知が郵送された。
・・・・「恐怖離婚だ」    ?(きょうふりこんだ)
私のワープロが正しく変換されません。
日本語は難しい。区切りをちゃんとつけなければいけません。

今日郵便局に会費を振込ました。これで良いのです。
¥99,750
あ〜〜、本当に離婚されるかもしれない。

| | コメント (0)

2007年1月 8日 (月)

アイアン デビュー

1月8日  晴れ
昨日と打って変わった好天気の下、河川敷コース・長船カントリークラブで
キャロウェイ、X-20 ツアー(NSスチール Sシャフト)の初デビュー。

道具に大きな期待はしていないが、新しいクラブはやはり気持ちがいい。
内心では技量を忘れ多いに期待・・・・
なにより、キンピカが良い。 メッキも多少つやを押さえたサテンメッキ。

このクラブの特徴
Xシリーズのプロシリーズを進化させた中上級者向きに開発したアイアンで、スピン性能が高く、引っかけの出にくい設計・・・・・・アイアンショットに正確性を求めるゴルファーにおすすめ・・。
とはメーカーの売り。

デザインが気に入り、早くから購入の意識が高かったクラブ。
ただし、使用者に数多くの問題点があり?
中・上級者ではない。
シャフトが固く、ヘッドスピードが要求される。
軽量とは言えカーボンに比べ思い。

使用結果
重い分、強い玉がでる。風による影響がすくない。(吹き上がりがない。吹き上がるほどのヘッドスピードがないとも言える)
スピンがよく効き、止まりが良い。特にエッジの止まりはピンデッドに狙える。
風に乗ったようなボールでもあまり大きくオーバーがなかった。
シャフトが固い分ミスはトップで、悪影響が少ない。
飛距離より方向性を重視。
とはメーカーの説明、やはり、少し落ちるように感じた。
グッドショットはやはり重心位置が高めになっている分、ダウンブローのスイングがいいようだ。
全般的にみて、かなり仕上がりの良いクラブで購入は、ひとまず及第点。
問題はやはり使用者。腕の溶接をしてもらえる病院があればその方がいいかも?

今日のスコアー
43、48・・・・・悲しくなりました。
ショートホール、6ホール中、4つのパー。
ボギー*2はアイアンの好結果かな。
ドラのOB*3、風を気にしすぎたような?
(風のせいに・・・)
スコアーに比し気持ちはそれほど落ち込んではいません。
クラブは今までのクラブと比較し問題なし。原因はへたなだけ。
まだ、多少ドロー気味の時もあったが、引っかけはなかった。
球筋は強くなったように思う。

| | コメント (2)

2007年1月 7日 (日)

初雪

1月7日 雪、後、晴れ時々曇り
予定していた金陵でのラウンドが雪でクローズ。
家を出る頃は、晴れ。北に移動するにしたがい遠くの空が曇っているのが見える。
北の方は雪かな?・・・・

ここでも、またもや本領を発揮。
目的地の金陵につく頃には、大雪。

それでも、やがて止むだろうと思ってクラブハウスで様子を見ていると、雪は段々激しくなり、しかも大粒。
やむなく、クローズ。
自分は、何が何でもプレーしたいが、クラブ側の決断ではしかたがない。

4日以来の久々のラウンドに満を持して調整をして来たのに。

諦めて外に出てみると、いつのまにか10センチくらい積もっている。
しかたがない、チェーンをつけるか。
なれない作業で、約20分。
さー。もう、大丈夫だ。
ところが、大丈夫ではない。クラブを出たところで。対策のない前の車が道路を塞ぎ、動きそうにない。
左折が空いていたので、チェーンの音をガチャガチャいわせ、坂を下る。
これは、人里離れた、山道。どこに出るのか、不安。ナビをたよりに国道を目指す。
なんとか、1時間ちょっとかけ無事帰宅。

年末に行けなかった、どこからが顔か頭か解らなくなった頭の手入れ。
その後、温泉で疲れた体を癒す。
アイアンデビューは明日。

| | コメント (2)

2007年1月 6日 (土)

初トレーニングジム

久々のジム。利用者も少なく各種の教室もまだ始まっていない。まだ正月気分が抜けきっていないようだ。
自分も、3週間くらい行ってなかったトレーニングで今年初めてのメタボリックとの闘い。

明日、明後日のラウンドに備え、軽く体をほぐす程度にいつものメニューで負荷を軽めにして約2時間汗を流す。
終わった後の爽快感。・・・気持ちいい。
腰痛、頸椎の予防のためには、今後も最低、週3回くらいは通いたいと思う。
最近体調良く、午後から肩に凝りを感じるものの痛みは軽く快調そのもの、
維持するためにも、がんばれ、がんばれ。

理想体脂肪率(22%)
簡易計算   身長×身長÷体重(1.65×1.65÷66=24)
6キロの減量が必要。これは厳しい目標。かなりの努力がいるぞ。生半可では目標の達成は無理


アイアンが入荷(本日の出費)
Dscf0003_1X-20 TOUR NSプロ Sシャフト  ¥ 16800×7=¥117,600
X シリーズ エッジ (50度、58度) ¥17800×2=¥35,600
キャディーバッグ¥36,000

防寒ウェアー
ミズノブレスサーモ パンツ  ¥9,600
アンダーウエアー(上下)   ¥7,250
タートルネックセーター     ¥9,800

合計 215,850円ーーーーーーーー¥148,800
おまけーキャロウエーボール 1ダース  ¥3,600

お正月料金でした。
明日は本番でいきなりデビュー
ははははーーー大丈夫か〜〜〜〜
距離感?関係ない。どうせのらないのに。
飛ぼうが、飛ぶまいが。
アプローチのみ
頑張るぞ・・・

| | コメント (3)

2007年1月 5日 (金)

こと初め・・・・

1月5日 仕事始め
現職のころには、年頭の思い抱き目標を文章にもして「がんばろう」と決意を新たにしていた。
今は、さしたる目標も思い浮かばず1月1日の意義もあまり意味をもたない自分が情けない。

 正月と言えば、初詣でに初夢、初日の出、書き初め、描き初め、初釜、活け初めと、何にでも『初』の字を付けてお祝いした。昔の人は、初席(寄席)、初酉(鶏の鳴き声)、初荷、初売り、初えびす、初笑い、初鏡(化粧)など、当たり前のことが当たり前にできることをめでたしとし、感謝していた。
当たり前にできることがどれだけ大変なことで、有り難いことか。正月を振り返ることは大切なことであり、やはり大切にしたい節目。けじめをつけることの大切な月である。
1月だけ正月と呼ぶのもそういった意味合いがあってのことであろうと思う。

差し詰め、ボクの初
* 31日から1日にかけた入浴
(1年を振り返り家族の安泰と自分自身の健康に感謝しつつ、けじめのない自分に少し反省しながら。今年も良い年であることを願う)
1日
* 朝6時起床(初詣)
(近所の八幡神社参拝。健康で良い年になりますように。柏手 2礼、2拍手(パンパン)、1礼)
(次男、三男と、運動を兼ね龍の口天満宮、山登り、ハッハッァー、フッフッ、子供が保育園のころから行っている、背負ったり、手を引っ張ってやったり。今は逆)
* 初日の出(午前7時10分)
* 帰宅後、雑煮
* 午後、3時頃から護国神社参拝(初買い物)
(干支、破魔矢を購入)
2日
* 岡山国際(ゴルフの初うち)
(今年最初の1打に思いをいだき多少の緊張感を持って『飛べ、空を飛ぶ鷹のように』)
後は神に祈るだけ・・・・
(その後も4日ゴルフ)
* 初夢
  ”初夢に母現れて叱言ひとつ”
(夢は見たような、なにも見ていないような。見たといえばみたかも知れない。あまり覚えていない。寝てまで夢のないボク・・・・)
(夢は「生きがい」であって、「人生の目的」とは呼べないものであるとは、中国の故事『枕中記』)
http://yume-uranai.jp/(ここに見た夢の占いが載っています)

5日
大きな初買い
(明日発売になるキャロウェイ X-20 &キャディ バッグを購入)

7日には新しいクラブで初ラウンド
試打結果はなんとなく良いと感じた。
道具に頼る気持ちはないが今までのクラブはフックが多かったことと、これまで充分使ってきたのでクラブにもお休みを与えてあげようとの思いから・・・

* 姫始め(秘め初め)
  ありません。”初春や秘めごとひとつなおのこり”

 暇になれば一度・・・・・

| | コメント (0)

2007年1月 2日 (火)

初夢杯

2007.1.2  氷雨降る、 岡山国際クラブ 初夢杯

今日も風の大地の本領を発揮。
年末にはめったに降ることのない雪に見舞われ。今日は前日の好天から一変した雨。
しとしとと降る雨は1日中止むことはなかった。どんな天気も甘受するしかない。
自分で選ぶことはできない。本当にゴルフとは人生の縮図と感じる。
途中で何度か止めたいとは思った。しかし、止めようとは思わない。
1日中、いろんな人が、いろんなことをしてゴルフを楽しんでいました。
そして、今日も人間より長く住んでいるカラスはいろんな人の悲劇を見てきました。
パートナーはいつものクラブの仲間。(温羅、k、y)
オリンピックはいつものとおり。
前回は少し提供しています。

結果から(INスタート)
1(2)、2(2)、1(1)、ー(2)、−(1)、ー(1)、ー(2)、2(2)、1(3)、1(2)=44(18)
ー(1)、1(3)、2(2)OB、2(2)OB、1(1)、ー(1)、−(2)、ー(2)、ー(2)=42(16)

反省点;
* 距離があるアイアンショットがフック。力んだ結果ヘッドをこねる。ドラも同じ。飛ばしたい気持ちが引っ掛けを生む
* ティショットのボール位置。フックの場合つま先より外にボールがあるような気がする。
   (ためがない。打ち急ぎ)何をそんなに急ぐのか?ゆっくり、ゆったり・・・・

温羅の集中力は見習いたいてっ・・・・嫌な人
大たたきして、チップインでのダイヤ2回
最初と最後にバーディーをとって、しっかりポイントを稼ぐ。

ここという時の集中で入れる。
反対に風、短いパットに自らプレッシャーを掛け、自滅
勝負の極意を忘れている。
『無心、克己心』・・・・・大切にしたい。

| | コメント (2)

2007年1月 1日 (月)

年頭の抱負

Dai1y032_4

今年をどんな年にしたいですか?

ちょっと考えてみたい年のはじめ。
私は、やりたいこといっぱいで収集がつかない状態なので、
ひとつずつ、足元から進んでいきたいと思っています。
今日できることは、何かな?って。
「今日できることは今日しよう」
反対に「明日できることは今日するな」というものもあります。
去年してきたことを今年も続けようと思っています。


今日の季語;「去年今年」
ほんの数時間前までは去年だった。
そして、数時間経って、今年になった。
今年はまだ数時間。たった数時間のことで「去年」だったり「今年」だったりする。

紅白を終了して、去年から今年に変わる時、風呂に入りました。
ゆっくりと体を湯船に沈めていると、遠くから除夜の鐘の音が聞こえました。
静かに聞いていると、どうやら4〜5個くらいの音色のように思えます。
除夜の音を聞いていると、考えることはとってもくだらないんだけど、
なんだかいつもこの瞬間って、
時が駆け足で過ぎ去ってしまうような気がして、
あせる。
去年あったできごと、
去年できたこと、できなかったこと。
そんなことがふっと浮かぶと、
あまりの一年の速さに驚きを感じる。
これが何十年か重なるだけで
自分の一生が終わるっていう危機感もある。
私にとって、この瞬間が、一番時間の早さを感じるとき。
だから、一番敬虔な気持ちになる。
「今年こそ、思い切りていねいに大事に生きよう」って。

| | コメント (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »