« 最終月例競技を前にして | トップページ | 最後の月例競技結果 »

2006年12月 9日 (土)

プロツアーシリーズ選手権に思う

ゴルフの男子、女子、シニアの各ツアー代表が、チーム戦形式で競う3ツアーズ選手権が行われ女子ツアーが優勝した。
男子7127ヤード、シニア6797ヤード、女子5868ヤードで各ホールの距離差は約50ヤード。
セカンドはシニア、女子、男子の順でやはり男子は飛距離では優位。
しかし、最終の宮里が見せた第3打をチップインのバーデーで男子とポイントを分け勝利に大きく貢献した。
プロ、アマ、男子、女子を問わず勝つためにはショートゲームが決めるという事を教えてくれたように思う。

それにしても、人気実力ともに男子は女子に負けたわけで来期の奮起を期待したいところだ。
男子ツアー来期は試合数が5試合減り24試合になるそうだ。
今が旬の女子ツアーに比べ男子はスター不在でテレビの視聴率もとれない。
男子の1試合あたりの費用は賞金総額の3倍かかるという。
賞金総額が1億なら3億の費用が必要になる。世知辛い世の中で大金を使っても宣伝効果が得られないのなら撤退するのは仕方がない。その点女子は男子の6割程度で視聴率も高いという事になれば女子の方に食指が動くのも当然の成り行きであろう。

ゴルフ中継を見ながら、年賀状のコメントを書きました。
多くの人々の顔を思い浮かべながら、今年も年賀状が書ける事は幸せです。

食後は明日のラウンドに備へトレーニング。
開眼しました。そして悩んでいます。

* アドレスからフォーワードプレスを入れテークバックの起動をスムースにしてコックは腰の高さまでにすませる。
  (テークバックではヘッドの通るところは意識しなくても、右腰を回転させることでグリップとボールの距離を一定に保つ事ができる)
* 切り返しでは左腰を回転させることでグリップエンドは自然とボール方向に引きつけられる。
  (引きつける意識を持たなくても良い、ということが閃いた)
テークバック、切り返しともに腰の回転ですることで打ちにゆく動作がなくヘッドの軌道は正しく行われる。

そこで迷いがでた・・・?
ドライバー、ウッドは腰の回転で払う感じで良いが、アイアンは払うのではなくダウンブローに打ちたい。
基本的にウッド、アイアンともにスイングは違わないはずだが・・・・・?


|

« 最終月例競技を前にして | トップページ | 最後の月例競技結果 »

コメント

そうですね。ゴルフスイングは一連の流れの中での動きですから個々の動きにに拘るとギクシャクとしたものになると思います。

爾後は、白鳥の湖の流れるような軽やかなメロディーにのせて、あたかも白鳥が舞うようなスイングを試そうと思います。


ラ〜ラララララ ラ〜ララ  ラ〜ララララララ
これでいいですか。白鳥ほど足が長くありませんが?

結果は目標の85を1打オーバーの86でした。
2番ショート195ヤード。フックしてOB。4パットの7点が
想定外。痛かった。それから、我慢に我慢を重ね45。
後半もダボダボのスタートでしたが、41。
トータル86はよく我慢できたと思っています。

いつものことで性懲りのない風の反省記録はコーヒータイムの後で・・・・・
来週からリベンジのラウンドが大晦日まで続きます。


mさん今年最後のラウンドリベンジできたでしょうか。

投稿: 風 | 2006年12月10日 (日) 18時29分

点検個所が、多すぎでわ?
あたしゃ、
小鳥を軽く握る・・・のみ!
点検個所が多すぎて、
スイングそのものがギクシャク?なんてね?
楽譜ではなく、曲を奏でる?
楽譜を、追うのでなく、曲をイメージしてみてわ?
                         
よっぱ?より・・・

投稿: Mr.う~ | 2006年12月10日 (日) 17時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最終月例競技を前にして | トップページ | 最後の月例競技結果 »