« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月31日 (日)

最後のラウンド

31日、06年大晦日、穏やかな1年を象徴するような、先日とうって変わった好天。
今年1年、本当に健康のありがたさを実感する良い1年でした。
来年も今年同様良い年になることを念じながら煩悩の丈を打ちたいと思い、行ってまいりました。

0934、国際GC、IN スタート
パートナーはクラブの仲間。前回はオリンピックで少しご芳志をいただきました。
本日のオリンピック結果
風 9点、 温羅 24点、横 12点、 河 8点

簡単計算方法
9+24+12+8=53
9*4=36  24*4=96 12*4=48 8*4=32
53-36=-17 96-53=43 53-48=-5 53-32=-21
-17、ちょっと負けました。
本日のスコアー結果、 47(16)、45(17)
パットが悪すぎます。それは、必然的にショットも寄せも悪かったということです。
特にバンカー。最近、砂を入替え、柔らかい砂で深く入ったり、浅かったりで、思ったところに入りません。

本日のビッグイニング15番ショート
ティーショット、バンカーからクリーンヒットで反対のバンカー。
今度はザックリでショート。
カラスは、風の悲劇を見て「カー」と泣きました。
風は3度もバンカーで打てば絶好調・・・・
ああ・・・う〜ん・・・、ああ・・・わ〜、いやぁ〜・・ああ〜、わっ・・ああ〜
と言うウメキ声がもれていしまいました。完全に変貌しています?

この日のすべてでした。急に下手になったような・・・・これは本来ではない。絶対に違う。
その後も、いろんなことがありました。あんなことしたり、そんなことしたりで天気に比し大荒れでした。

前を回るのは、クラチャン。フルバックを使用、さすが良い玉を打つ。
それにまして、同伴の24〜5歳の女性白ティーからで、我々より飛んでいました。
体が柔らかく目一杯体とシャフトを利用した女性に似合わない力強さには圧倒されました。
真似たいが、残念ながら・・・・


”テレビよりパソコンに向かう年の暮れ”

来年もよろしくお願いします。
ここに来てくれる皆様方の来年のご健勝を祈念します。

| | コメント (0)

2006年12月30日 (土)

迎春の準備

朝から1日中、掃除にくれました。1年分の仕事をやったような・・・
日頃、休日はゴルフ三昧ですから、年に一度くらいは、けじめをつけ、新たな気持ちで新年を迎えたいとの思いから一生懸命がんばりました。
おかげで、あちこちが痛い、時々けいれんのような突張り感が体のあちこちに感じる。

今は、テレビのレコード大賞の番組を見ています。
懐かしい歌を聴くのは大好きです。どんな名文、どんなにすばらしい文章も歌にはかなわない。
歌は、その頃のことを思い出させてくれます。
あのころは、恋は一度だけと思っていたころ好きになった人に振られ、死にたいと感じていたとか?
あの年の正月は、雪の温泉で一人しみじみと人生を感じていたとか・・・・
東京で勤務していた頃だとか???
厳寒のオホーツクの厳しい寒さの中でひゅーひゅーと吹く風にうたれながら立っていた青春時代であったとか?

いろんなことを思い出しながら、新しい年が良い年で、家族のものが健康に過ごせますよう・・・
思いを馳せています。

明日は、国際のメンバー4人でラウンドです。
煩悩の丈を打ってきます。まだ、成仏できないでいるOB球の自縛霊の成就を祈ってきます。
そして来年が良い1年であることを・・・・
このブログに訪問してくれる皆さんのご健勝をお祈りいたします。
来年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (3)

2006年12月29日 (金)

29日(にくの日コンペ)

12月29日 雪、気温 0度、北風も厳しく吹き抜ける。河川敷の長船ゴルフクラブ
Dscf0003年末の忙しい日に、しかも雪。選りによって何を好んでこんな日にゴルフをするの。

写真の肉は参加賞、和牛1キログラム。これをもらうために参加しました。
早速、すき焼きでいただきました。    ごちそうさま・・・・

0805 OUTスタート。雪は激しくなり止む様子はない。
色んな人がやっています
いろんなことをやってます
それぞれ勝手な気持ちでやってます
こんな日にゴルフをする人を笑ってやってください
楽しいゴルフ。天候は関係かりません。
この程度の雪で大騒ぎするくらいなら最初から来るなと言いたい。


シューズに雪が挟まり身長が3センチほど高くなる。足下がスリップしそうで怖い。止むなく手打ち。
あたりは悪いがセンターを捉える。セカンド残り170ヤード。そこそこで30ヤードくらいのアプローチ。
3メートル、グリーン上は雪がつもりパットのできる状態ではない。
パートナーはまだ、なんだかんだ・・・・言うなら止めたらと思うが、そこは大人の対応我慢。
30センチくらいを残しだるまのまま「コツン、クルリン」・・・・・アー、まさかのスリーパットでダボ発進。

 
なんだかんだありました。
前半:2(3)、2(3)、ー(2)、1(2)、ー(2)、2(2)OB、2(2)、ー(2)、1(2)=45(21)
後半:1(3)、ー(2)、ー(2)、−1(1)、3(2)OB、1(2)、ー(2)1(2)、ー(2)=40(18)

天候の都合でハーフコンペに変更=HD、7.2 ネット 37.8
なんと?    30位

備前焼ゲット(ラッキー) 
 
早速、ささやかな生け花、心のおもむくままに暮らしの花をいけられたら幸せ
Dscf0004帰りに奥様から言いつけられていた買い物をして帰りました。
メモを見ながら忘れ物のないように。(お飾り、寄せ植えの花、仏壇の花)


叱られますから・・・・

31日は、ライバルの温羅・・・・前回、オリンピックでいただいています。
リベンジを狙っていると思います。「軽く、カルク、かるく、うん軽くだぞ」と言い聞かせ・・・

| | コメント (0)

2006年12月28日 (木)

今日は寒かった、仕事納め

今日は仕事納め。毎年のこと、少し早めの帰宅

今年は冬の訪れが遅い。公園や街の中に紅葉や黄葉が残っている。去年は初雪が年内にあったような・・・
葉が赤や黄色になってからかなり経つのにまだ枝にしがみついている。このまま年越しをしてしまうのか。
しかし、今日は寒かった。風も強く瀬戸大橋線も運行を中止した。
明日も寒さが続くようだ、ラウンドが大儀。やることがいっぱい残っているのに。
体調管理も2週間できていない。

これから大晦日までにしなければならないこと。
明日はラウンドの後、買い物(お飾り、花、寄せ植え)
30日、窓ふき、フローリングのワックス、仏壇の掃除、台所・風呂・洗面・トイレの掃除。
夜は、餅つき、
「去年今年、妻あり、子あり、我ありて」周りの人に感謝しすべて自分でこなします。

今年初めて、干し柿を作りました。秋から冬にかけ色が飴色に変わって行く季節の移ろいを感じさせてくれます。
風通しがよく日当りの良いベランダに干していました。
今日、出来具合を見てみたら、水分が抜け甘みが凝縮していました。
ひとつ、試食。まだちょっと柔らかいようだが甘さは程よい。もう少しすると柿の表面に白い粉が吹いてきたら極上の出来上がり。

子供の頃、おやつに祖母が作ってくれていたことを思い出す。最近の子は干し柿などは食べないが、我が子に、お父さんが作ってみたといったら、驚いておいしいといって食べてくれた。

こんなものを懐かしみ自分で作るところに年を感じる。


| | コメント (0)

2006年12月26日 (火)

年末・年始

いよいよ今年も残すところあとわずかになり、毎年この季節になると「今年もあっという間に1年が過ぎてしまったな」と言っている自分がいます。

現職の頃のように1年の反省も年頭の抱負も持たないままないまま、、感動の少ない1年を終え、新しい年を迎えてしまうことをいつも反省しながら、
今年こそはと誓うのですが・・・・「元旦やけじめなき身のけじめかな」
だらだらと単なる休暇を過ごしてしまいます。
昔のような古い伝統行事は少なくなりました。
それでも、新年を迎えるための家族全員での大掃除、女房は正月用のおせち料理作りなどなど、しなければならないことが山積みにあります。
私の年末年始の過ごし方・・・・
29日 ラウンド
30日には餅つきをして小さい鏡餅をつくり、玄関に正月飾りをして新年を迎える準備をします。
31日 ラウンド
  大晦日には長男夫婦・孫、同居の子二人と全員そろってそばを食べ、新年を迎えます。
朝寝坊して、昼近くに雑煮を食べ近くの神社に全員でおもむきそれぞれの思いをこめお参りの後、実家へ挨拶。
 2日 ラウンド 新年杯(所属のメンバー)
 3日 ラウンド スポーツクラブのメンバー
 4日 ラウンド 前職の仲間
 7日 サークルコンペ
 8日 サークルコンペ
14日 クラブ月例
21日 還暦祝いコンペ

来年もゴルフだけが生きている証になりそうです。

| | コメント (3)

2006年12月25日 (月)

次期クラブ予定

来年は還暦を迎えます。これまで過ごしてきた歳月をもう一度振りかえる節目の年です。
同級生もほとんどの人が来年中に還暦を迎えます。
果たして還暦がおめでたいかどうかは解りませんが、団塊の世代を生き抜いてきた自分をほめてやりたいと思っています。
1月22日には有志と勇士の者28名が国際にその勇姿を見せます。
祝ってくれる知人がいることは幸せです。
これまでよく頑張ってきた自分とクラブの健闘を称えて自分で還暦の祝いに、アイアンを買い替えようと思っています。
今、一番売れているクラブは、キャロウェイとナイキだそうです。(写真はキャロウェイX20 TOUR Iron )
20061207ge9c7002_072_3このクラブの特徴は、やや高めの重心位置と短めの重心距離設計でよりヒッカケの出にくい設計で『自由自在』にグリーンをせめていけるアイアンショットに正確性を求めるゴルファーのための、・・・・・・???????疑問符いっぱいのクラブです。

1月6日発売ですが半分予約。正月はさらに勉強するそうです。
今のところ、16,800×9 120,000 + α です。
このαが焦点になります。
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・

スコアーが悪いのはクラブのせいでないことは充分すぎるくらいに承知しています。
それでもクラブに期待をかけてしまいます。

| | コメント (1)

2006年12月24日 (日)

夢の実現

レッドソックスの入団が決まった、松坂。
愛唱は「Dice‐K」英語でサイコロの意味の「dice」(ダイス)に、アルファベットのKをくっつけて「ダイスケ」。
年俸は約10億円。
先発投手陣の5〜6番目に登録、大リーグでは1年を通じ30試合210イニングが一流の条件。
(1試合にすると、7イニング、投球数にして100球)
1球あたりに換算すると約30万円・・・・くらいになると放送していたように思う。定かではない。

松坂は契約発表時、無邪気な笑顔を見せた。
「僕は夢という言葉は好きではない。見ることができても、かなわないのが夢」
一つの目標を達成した喜びに浸っていた。

シニアデェレクターの星野は「夢」を持とうを信条に生きてきた。夢はいつか叶えられて夢であり実現させるための目標であると・・・・・・

ボクは、この両者の反する「夢」に対する考え最終的には、目標の達成という点で一致しているように思う。

ボクにとっての夢はクラブ三大競技に参加すること。かなわない夢ですが、目標であり希望です。
夢を目標に変え来年もゴルフを楽しみたいと思っています。

普通人の年末の夢。
宝くじも何度か買ったこともあるが、もはや買う気にもならない。
夢を買うとは言うが、もしかしたら、という期待感があってはじめて買うという行動になるわけだが、どうせ当たりっこないから買わないという気になってしまっている。
買わなければ絶対に当たらないのだけれど。

| | コメント (1)

2006年12月23日 (土)

ラウンド結果

かなり納得、出来過ぎのラウンドでした。
ゴルフはやはりアプローチとパットを実感しました。
今日のラウンドでパー×7  パーオンのパーは1回だけ。
1パットが9ホール(オリンピックのポイント獲得13ポイント)。

結果(かっこ内はパット)
OUT
−(1)、−(1)、1(1)、2(2)OB、2(2)OB、1(2)、1(2)、1(2)、1(2)=45(15)
IN
−(1)、−(2)、2(2)OB、−(1)、1(2)、−(1)、1(2)、−(1)、1(1)=41(13)
OBはティーが2、セカンドが1でした。いずれも、プッシュアウトでまっすぐ右に出ます。
ナイスショット時は左腕の二の腕返しが上手くいき距離も出ます。
これからは、フック、OBを恐れず左手を返したいと感じました。

2週続いて同じところをラウンドすれば、まぐれもたまにはある。

| | コメント (1)

2006年12月22日 (金)

ラウンドを前に

今日は冬至です。ゆず湯に入って無病息災を祈ります。
今日も風邪がよくなりません。
頭がボーットしています。眠いような、薬のせいばかりでもないような感じがしています。
生まれながらのことかも知れません。ごく普通・・・・

明日はライバル温羅とのラウンドです。少しスパイスをきかけます。
節操のない温羅には負けたくないのですがこんな体調では負けは見えています。
せめて先週のラウンドでの開眼の修正を着眼にしてラウンドしてみます。
半年後の夏至の頃には、もう少し進化していることを夢見て♪・・・・・・ガンバリます。

開眼1
連写写真を見ると右肘を締める意識からか、肩が回っていません。
しかも下を指しているはずの右肘が空いています。
肩が回っていないからアウトインで引っ掛ける。
フィニッシュも小さい。(これでは距離もでないワナー・・・当然)
思いっきり肩を回せ。回せ。回せ。曲がること、ダフること。空振りさえも恐れず。回せ・・・・・

開眼2
とどかないパットは絶対入らない。バーディーパットは絶対に入れるぞ。
常にオーバー。入れる意識で打つぞ、打つぞ、打つぞ・・・・

これまでに私もゴルフ、いろいろやりましたけど 
やっぱりゴルフはパットですね 。
ゴルフで一番多く使うクラブ (パター)
今まで、ドライバーを一番多く使ってました (何回OB出したん)
明日はパターを使ってゆこうと思います。
ティーショットで満振りしても、なかなかOBになりませんから 

まあ、今晩寝たら治っていることを願って、早く寝よ。

| | コメント (0)

2006年12月21日 (木)

今日は何の日

12月21日、

今年も10日を残すだけの日です。・・・・・・

昨日ようやく、年賀状の添え書きが書き終わり今日投函しました。
これまで、お世話になった人々の顔を思い描きながら一言添えました。
この時期、今年一年の“運気の汚れ”を落とし、これまで執着してきた悩みも心の中から消去してすがすがしい新年を迎えたい。など、一年を振り返ってみました。
「 幸運は、すがすがしい場所が大好きですから」

明日は冬至です。
一年中で一番昼が短く、夜が長くなります。この日を境に、一陽来復、日脚は徐々にのびていきます。
冬至の日は、かぼちゃを食べて金運を祈り、冬至風呂(柚子湯)に入って無病息災を祈る行事を各家庭で行います。
冬至の読みは「とうじ」と、湯につかって病を治す「湯治(とうじ)」にかけています。
更に「柚(ゆず)」も「融通(ゆうずう)が利(き)きますように」という願いが込められているのだそうです。

2〜3日前から風邪気味で26度も熱があり病院で薬をもらいました。
後、3ラウンド予定しています。何が何でも中止はありません。

年のため遺言を認めておきました。

ひとつ、預金残高2500円は長男に
ひとつ、冷蔵庫にあるお歳暮の残りのハムは次男に

みな、「三本の矢」の教えを守り助け合って生きて行くように・・・・

| | コメント (0)

2006年12月18日 (月)

ラウンド反省

ラウンド前の開眼がいつものように開花することなく、普通に終わった。
タイトルを反省としているが、性懲りのないのがボクの生き方であり人生です。
一応反省してみます。
午前:5番(H.D1)ミドル、400ヤード
打ち上げで距離がる。200ヤード付近の暗渠を超えると200をきる。
結果は20ヤードほど超えたセンター。残り上りを見て180ヤード。
(他の人はもっと前。自分としては何となく。あたりからしてもう少し行ったかと過剰自信)
7番ウッドでグリーンの空くのを待つ。きちんとヒットできたが左斜面(満足)
サード、30ヤードのアプローチ 。 ピンに絡んだと思ったが意外に大きく15ヤードオーバー。
<くやしい〜ヒットしたのに> タラ・・・・。思えば前回もここで同じくらいのアプを同じようにオーバー。
距離感が悪い。奥からは早い。意識が強すぎた。ショート。
スリーオン、スリーパット
7番(H.D3)ロング 568ヤード
フラットでグットが2で残り50ヤードくらいになる。比較的バーディー、パーのとりやすいサービスホール。
(下手なボクはどんなサービスも受けられません)
ティー=ドフックでバンカー(あご)、出すだけで、サード4W、グッド
4打、残り50ヤード、アプがまたオーバー。
5打目 2メートル(2パット)
12番(H.D2)ロング516ヤード(苦手なホール)
ティー=プッシュアウト  2打目= 4W グッド、  3打目= 5I ダフリ 、4打目 =AW(30ヤード)高い木越え。
(神のたたり木にふれショート、ふたつ目の祟り、バンカーのふち、早く行って打たないと落ちるぞ)
5打目=なんとかクラブでかき出すようなショット。

<反省>振り返ってみるとコースH.Dの高いホールがミスしている、ある程度仕方がないか?
*アプの距離感。30〜50ヤード、いつも同じミスをしている。
*ショットはなんとなく良かった。もう少し良いスコアーでもいいような。この妥協がいけない。

楽しくプレーできれば良いか。さすがに上級者のプレーは違うと感じた。
ミスの後、無理をしない。場合によっては後ろに打って行く勇気を持っているのが上級者。
下手は出すだけと思いつつ、少しでも前にと欲を捨てきれない。

今日は反省を記述してこれからトレーニング。

 


| | コメント (0)

2006年12月17日 (日)

日本人の美徳

ドーバー・アジア大会女子レスリング。
日本の完全優勝が期待されたが、残念ながら75キロ級で浜口が最大のライバル中国の王旭選手に五輪に続き破れた。
雪辱ならずの悔しさは解る。
表彰式後突然、観客の前で泣きながら腕立て伏せ・・・
父親は「泣くな、這いつくばって立ち上がれ」
オリンピックの時も、訳の解らないことを叫び喚き散らしていたことを思い出した。

日の丸を掲げた国際舞台の場でのパフォーマンス、一途さには好感が持てる。
だが、敗者には敗者の美学がある。
日本は粛々と振る舞う敗者に共感するものだ。
悔しさをこらえ4年後に雪辱という気持ちを内に秘めてほしい。

日本では歴史上の敗者の中には勝者よりも多くの英雄美談の持ち主が存在する。
源義経、山中鹿之介、真田幸村、西郷隆盛などの敗者に対して極めて高い評価を与えている。
これが日本人の美徳である。

今日は1日昔お世話になった人の顔を思い出しながら、年賀状の添え書きを書きました。
来年も良い年になることを願いつつ、ゴルフに対する抱負などを添えました。

| | コメント (0)

2006年12月16日 (土)

ビッグイニングをなくせない

ボギー以上を叩かないのが目標です。
パーがうれしいのはもちろんですが、たまにしかないバーディーパットが入ると嬉しいです。
ボギーは我慢できますが、ダボはショックを受けますが次、頑張ろうと意識をポジティブに持ち直します。

トリプルは、その日のゴルフを諦めます。
トリがでたことで諦めなければならないほど上手ではないのですが、明日から仕事かとゴルフを楽しむ気持ちが半減します。

今日は午前中ダボ×2、ボギー×5、パー×2。 =45  
許容範囲ではありますが、アプ、パットともにショートばかりでストレスを感じました。
パーパットも入りません。

後半、パー×4、ボギー×3、ダボ×1、トリ×1  =44
トリは12番ロング  グリーン周りから5打かかりました。
やはり、ワンラウンドを通じショートゲームが重要だということを感じました。

それにしてもパートナーとの飛距離が違いすぎました。たまのナイスショットしたドライバーが相手は60〜70ヤード前において行くのですから。
ショックを受けました。
78で回った人は、バーディが3個。3〜4メートルですから、自分にも2回くらいそれくらいのチャンスはありました。最終的には下手でもパットで決まるということだと思います。

Dscf0034_1さて、私はどれでしょう?
真っ赤なのは私ではありません。これは紅葉です。
やがて、すべての葉を落とし冬が訪れます。

| | コメント (2)

2006年12月14日 (木)

北朝鮮向け短波放送

小生は夜中目が覚め寝付けない時は、ラジオ放送を聞くことが習慣になっている。
12日午前3時、時々楽しみに聞いているNHKの深夜番組がいつも明瞭に受信できるのにその日は雑音で聞き取れなかった。受信波は固定されているのでずれたことは考えられない。
今時、買ってからさほどたっていないラジオが壊れるとは思えないのだが、他局も同じ状態で聞き取れない。
やはり故障かとおもいながら、あちこち触っていたら、NHKで朝鮮語の放送が受信できた。

朝鮮語を多少はなせる僕は耳をすませて聞き入っていたが、何のことか解らない。
嘘です。地球にきたばかりで日本語すら満足に話せません。片言の岡山弁がやっとです。
どうやら次の日から何の障害もなく正常に受信しているところ見ると、
NHKが政府の短波ラジオ国際放送「しおかぜ」で拉致問題を重点的に取り扱うように命令する指示を受け入れ11日、脱北者の平壌に対する呼びかけ放送をしたことに対する妨害電波であったように思う。

なかなか解決しない拉致問題ですが、拉致された人も残された家族もどんどん年を取っていく現状で、早く良い形で解決することは政府に課せられた義務であると思う。
数十年間何もしないでいたのが問題なのに、
NHKや専門家と称する集団は「報道の自由」に反する、と命令に反対していた。
大事な事を報道しないのは「自由の謳歌」ではなく、
公共放送としての存在意義を疑われる「怠慢」だ。
専門家諸氏も一般論で「報道の自由」とか言っていないで、
NHKの「怠慢」さをきちんと指摘すべきである。
この声が隅々まで届くことを祈りたい。
妨害しているということは、日本語の分かる聴取者が存在することの証しだからだ。

 「しおかぜ」は昨年10月から始まり、当初は特定失踪者や拉致被害者の氏名などを読み上げるだけだったが、段階的に放送内容をリニューアル。ニュースのほか、家族の手紙を読み上げたり、生の声のメッセージなども流している。
 北朝鮮側は再三、妨害電波を流しており、周波数の変更などを余儀なくされている。
 放送委託料や周波数の変更、諸経費など月額120-130万円がかかっているといい、費用はすべてカンパでまかなわれている。

| | コメント (3)

2006年12月13日 (水)

大リーグ

松坂、井川の二人の交渉権を大リーグが破格の金額で入札をして獲得しました。
松阪の交渉代理人が悪いのか松坂が金額に拘るのか交渉が難航しているようです。

二人の交渉権獲得のため入札した金額では日本の3チームのチーム運営ができる額だそうです。

西武、阪神ともに喜んで手放す額です。大リーグの気が変わらないうちに1日も早く契約をして欲しいと願っていたのに・・・・・契約が危ぶまれています。  契約不成立の場合球団に入札金は払われないようです。

阪神は虎の穴の改修。西武も松坂マネーで球団の継続が可能と手放しで喜んでいるのに契約不成立の場合、日本に帰り2年後のフリーエージェントを待たねばならなくなるそうです。


大リーグ側も松坂と直接交渉したいらしいが、代理人があやしい・・・・・気がする。

| | コメント (1)

1年を表す文字『健』

以前「朝を迎える幸せ」ということについて書いたことがあります。
昨年突然訪れた病魔に朝を迎えることが不安な一時期から解放され健康な朝を迎えることがいかに幸せなことであるかといった趣旨の内容です。
突然訪れた病魔は去年の1月6日のことですが、あれからもう2年を経過しました。
今年は多少の不安を抱えながらも健康であることの幸せを実感する1年でした。
無事に暮らしていること。家族が笑顔であること。丹精して育てた花がきれいに咲いたこと。健やかであるからこそ感じることができます。来年も健康であることを願いつつ今年1年を表す一文字に『健』を選びました。

象徴する二文字は「無理」

ゴルフで優勝することが無理といった意味もあります。

「諦め」をあげていますが、『諦めは心の養生』というものもあります。諦めずに突っ走って心が病気になってしまうくらいなら、無理しないで生きようという意味です。
もっと「柳に暮らし」気に入らないことも受け流して気楽にいきましょうといのはどうでしょう?
どうしても無理をしなければならねばという時には「無理は三度まで」を覚えておき、あまり頑張らないように生きてゆこう。

さりげなく・・・・・

| | コメント (0)

2006年12月12日 (火)

今年の世相を表す漢字『命』

今年の世相を表す漢字。「命」に決定した。
秋篠宮妃紀子さまが悠仁(ひさひと)さまを出産された一方、いじめによる子どもの自殺が社会問題化、飲酒運転による死亡事故が相次ぐなど、生まれた命、絶たれた命、奪われた命、そして、命の不安への膨らみが理由という。
エレベーター、プールなど人災とも言える形で失われた命。
生まれてくる命。幼い子供が自ら絶つ命。命の尊さについて考えさせられる1年で本当に世相を表した漢字一字だと思う。
命を育む確率は1億円の宝くじを連続百万回当選するくらい困難なことだそうです。
もし、地球が太陽から少しでも近くても遠くても生物は育っていないと言われます。
その確率から計算したものだそうです。

生きるということは、小さな事の積み重ねです。そのささやかなことひとつに幸せを思うことができればいろんな困難にも負けないで生きていけることができるのではないでしょうか。健康でゴルフができる事を幸せと感じています。

そこで私にとって今年を表す一文字は「健」(すこやか)にしました。
今年1年本当に家族を含め皆が健康であったことに喜びを感じています。

もうひとつ私を反映する漢字二文字『無理』にしました。
所属のゴルフクラブでの「優勝」を願った1年でしたが・・・・
『あきらめ』という事も必要だと思いました。
なにもかも欲しがってはいけない。ということです。
その辺りについては明日勤務中に考えようと思います。

今日は、次のラウンドに備え筋トレに行ってきました。
2人はPGMグループの年間ポイント獲得トップでクラブ代表が決定している人で手強い相手です。その中四国大会は建部で来年5月開催されます。
残念ながら私はポイントゼロ。

| | コメント (1)

2006年12月11日 (月)

冬景色&ライン

12月10日 晴れ 気温 10度
1092_1紅葉の美しさは、寒さで痛めつけられた葉の最後の苦悶の姿である。
最近までの暖かさはこのまま冬が訪れることはないのかと思わせるものであったがさすがに12月ともなれば寒い。枝先にわずかな紅葉を残し寂寥たる冬景色を感じる。
国際10番ティーグランドからグリーンを望む。
Dscf0001_2_2
背景の山景色は冬の訪れを感じる。

ポプラには屹立という言葉がふさわしい。Popura_1
平原にただ1本、すくっと立っているポプラを見ると「孤高」とい言葉を思い出す。
なにをそんなにいきり立っているのか?どうしてそんなにまっすぐに伸びようとするのか?
どこか一点ぐらいいい加減に曲がったらどうなのか?
私のドライバーは・・・・

昨日のショットの支えになったライン????はこれです。
Dscf0006_2
もちろんティーショットの時にも飛球方向、フェースを合わせます。
アドレスと目標のラインが出せ安心して打てます。パットの時は距離感だけでラインに沿わせることに集中します。パットを外した場合、距離では極端な場合2〜3メートルくらいショートしたりオーバーすることはありますが、方向でそんなに違うことはありません。

| | コメント (1)

2006年12月10日 (日)

最後の月例競技結果

澄み渡った青空の下、今年最後の月例に参加しました。
開眼を、再チェックしかなり入れ込んでいます。
いつものパートナーはウイルス性胃腸炎でダウン。
1昨日の電話ではかなり重傷。高熱で脱水症状。
思えば今から2年ほど前、我が輩も41度の高熱で1週間入院治療の経験がある。


鬼ノ城の丘陵地で人間より長く生きているカラスは総社にまつわる歴史的なできごとはすべて記憶している。
そのカラスは2番で風の悲劇を知った。
195ヤードのショートホール。 風の持ったクラブは得意の(得意のはずの)7番ウッド。
意識的にはショートでもいい谷を越えれば寄せてパー。距離に拘るな。
しっかりと捉えた玉は最初から左へ・・・・・
あ〜あ〜神のご降臨か?
いたずらか?   神仏に帰依するものと、神仏にたたられるものの違いか。
この考えには説得力がある。カラスはまた風のショットを見て「あほ〜」と一声泣いた。
そのからすは?これです。Dscf0006プレ3も寄らず。
4パットの7点。    あ〜神よ私はとんでもない過ちをおかしました。
身の程知らずということばを思い出しました。
頭の中は破棄的な衝動が宿っていました。
しかたがない、今年も優勝はあきらめよう。あきらめの早いのがわたくしの長所です。
気持ちを切り替え、新聞で読んだパットの体重配分を実践しよう。
(フックラインは踵。スライスラインはつま先)
スコアーカードには残りラインと結果を記録。これは参考になりました。本当です。
いつもは外す。2メートルくらいが4〜5回はいりました。
ボールに入れているライン。これにもかなり助けられた。ティーショット時にも。
ラインが出せました。


後半もダボダボのスタートでしたが、6つのパーで5オーバーの41。
後半のティショットは安定度抜群。ボールラインに平行にアドレスをとる事に集中。
ほとんどが左下がりになる14番Dscf0002_5引っかけやすい。いつもは左を向いたアドレスをするのだが今日は、右足を引いたクロスしたアドレスでピンを狙ったショット(約70ヤード)。気持ちのいいショットでした。ピン方向に少し大きめの4メートル下り。ややスライスしてはずしたが20センチくらいのパー。

反省点:50ヤードくらいのアプローチが2〜3回、きちんとヒットしたのだが、オーバーした。
悔しい。短い距離感を掴みたい。スイングの大きさは把握しているつもりなんだけど。

最後に17番に薄いが虹が出ていたので写真に
Dscf0004_2_1

来週は、グレートのチャンピオンに国際で挑戦。
この人はパットが上手です。技術を盗むぞ・・・・
まねのできないのがゴルフ。

| | コメント (0)

2006年12月 9日 (土)

プロツアーシリーズ選手権に思う

ゴルフの男子、女子、シニアの各ツアー代表が、チーム戦形式で競う3ツアーズ選手権が行われ女子ツアーが優勝した。
男子7127ヤード、シニア6797ヤード、女子5868ヤードで各ホールの距離差は約50ヤード。
セカンドはシニア、女子、男子の順でやはり男子は飛距離では優位。
しかし、最終の宮里が見せた第3打をチップインのバーデーで男子とポイントを分け勝利に大きく貢献した。
プロ、アマ、男子、女子を問わず勝つためにはショートゲームが決めるという事を教えてくれたように思う。

それにしても、人気実力ともに男子は女子に負けたわけで来期の奮起を期待したいところだ。
男子ツアー来期は試合数が5試合減り24試合になるそうだ。
今が旬の女子ツアーに比べ男子はスター不在でテレビの視聴率もとれない。
男子の1試合あたりの費用は賞金総額の3倍かかるという。
賞金総額が1億なら3億の費用が必要になる。世知辛い世の中で大金を使っても宣伝効果が得られないのなら撤退するのは仕方がない。その点女子は男子の6割程度で視聴率も高いという事になれば女子の方に食指が動くのも当然の成り行きであろう。

ゴルフ中継を見ながら、年賀状のコメントを書きました。
多くの人々の顔を思い浮かべながら、今年も年賀状が書ける事は幸せです。

食後は明日のラウンドに備へトレーニング。
開眼しました。そして悩んでいます。

* アドレスからフォーワードプレスを入れテークバックの起動をスムースにしてコックは腰の高さまでにすませる。
  (テークバックではヘッドの通るところは意識しなくても、右腰を回転させることでグリップとボールの距離を一定に保つ事ができる)
* 切り返しでは左腰を回転させることでグリップエンドは自然とボール方向に引きつけられる。
  (引きつける意識を持たなくても良い、ということが閃いた)
テークバック、切り返しともに腰の回転ですることで打ちにゆく動作がなくヘッドの軌道は正しく行われる。

そこで迷いがでた・・・?
ドライバー、ウッドは腰の回転で払う感じで良いが、アイアンは払うのではなくダウンブローに打ちたい。
基本的にウッド、アイアンともにスイングは違わないはずだが・・・・・?


| | コメント (2)

2006年12月 8日 (金)

最終月例競技を前にして

もう12月。

本当に1年が経つのはあっというまです。今年も目標を達成しないで1年が終わりました。
この調子で行けば来年もあっという間に経ち新たな1年を迎えることになります。
いつまでたっても精神的にもゴルフの技術も進歩の見られないボクですが、体力の衰えだけは顕著です。

最後のチャンス(日曜日)を前にして優勝という二文字を手にするため、「開眼」を見直して見たいと思います。
小さなメモにしてチェックしながらラウンドをしようと思います。


グリップは小鳥を軽く握るくらいに
膝に柔軟性をもたせ軽く曲げる
           ・
           ・
           ・
           ・
         etc
そんなにチェック項目があれば何も満足にできないことになります。
一番大切なのは、 
     アドレス
    テークバック
    フィニシュ
スキルレベルの低いものに個々の動きを要求されても。     無駄です。
スキルはスキルとしか言えません。
ゴルフで大切なのはひとつひとつの動きではなく、ここはグロスで考えましょう。
というとなんとなく、かっこいいが1個1個では面倒だ。う〜〜〜「ネット」という言葉もある。

一連の流れ・・・・・・そーか?          ルーティン。
朝起きて一番にすることは。窓を開けて天気の具合を見る。・・・・・・
そんな生活のルーティンから実行していたらメモが100ページくらいになるぞ。

前置きが長くなりました。
チェック項目
* アドレス=飛球線方向に目標物を見つけ平行に。右肩をやや後ろに引き右脇を締める。
(スタンスがオープンになる癖がある点に注意)
* ボールは右斜め上から
* テークバック
   飛球方向へホーワードプレスを入れることで始動にリズムを与える。
   アーリーコックでインサイド(右膝の方に)にすることでトップで右脇が締まる。
   背中が飛球方向に向くまで体をねじる。右膝が流れない事(右つま先を直角に)
* ダウンスイング
   左腰を回転させる。グリップエンドをボールの方向に引きつける。
   (コックの解けるのが遅れためができる。手が腰の高さくらいまではヘッドが立っているのが理想だが、あまり意識するとヘッドが遅れることになるので注意)
* インパクト
   右手の平でボールを押すイメージ(低く長いホーロースルー)
   右腰を回転させる。
* 体重配分

以上に気をつけてラウンドしてみようと思います。
   

| | コメント (2)

2006年12月 4日 (月)

年賀状  2

年賀状は、まだ新年が来ていないのに”あけましておめでとう”と書くのはいかにも空々しいが、1月3日あたりに届く年賀状はなんだか日遅れの新聞の用で年賀状らしくない。やはり年賀状は元旦の朝どさっと届けられて年賀状らしい気がする。
毎年決まりきった文句しか書けないで疎遠になっている人には、時期をみて止めようかとおもうのだがたとえ1年に一度のやりとりでも一時期にしろお世話になった人とのご縁はご縁と思ったりしてなかなか断ち切れない。
現職の頃には、経費削減のため、虚礼だ、形骸化しているということで最小限に留めていたが、それでも250枚くらい出していた。
今は、現職のころと比べ段々少なくなってきたが150枚くらいを出している。
最近は、パソコンの普及で個性が見られず、一目見ただけで誰からのものだといったようなものがない。。
「今年もよろしく」「また一度逢いたいですね」「一度飲みにいきましょう」など決まりきった文句で何も伝わってくるものがありません。
それでも大事にしたい人と人のつながりと思って今年も出そうと思っています。

喪中の人には出さないのが礼儀とされていますが、ボクは親しい人の場合はあえて出しています。

「元気をだしてください。今年こそ貴家にとって良い年でありますよう」

家庭でもプリンターを使って凝ったデザインや写真の葉書を印刷できるようになった今、手書きのコメントは一層重要になってきました。一行でも直筆を添えることで「相変わらず下手な字だな〜」とその頃のことを思いだしてもらえるよな気がします。


| | コメント (2)

2006年12月 2日 (土)

年賀状あれこれ

毎年、年賀状の刷り込みや宛名書きは、12月半ばから始めるが正月を迎えても賀状は書き終わらないことがよくある。今日は昨年の年賀状を整理しながら住所録を整理した。
どういう訳か年賀状は、こちらで出していない人から送られてくることが多くそれを区分けして新たに宛名を書き送らなくてはならない。
年賀状とは少し違うが、12月に入ると急に増えてくるのが喪中であることを知らせる葉書である。
年をとるとともに、この種の葉書が増えてくるのはやむを得ないが、中には旧知の訃報を知らせる家族からのものがあると寂しい。

合掌

今年は宛名職人ソフトもだいぶ使い慣れ準備が早く終わった。これから書く内容を定めようと思う。
といっても、前年を振り返ったり、新年の抱負を述べたり、家庭の状況を伝える訳ではない。
もともと、私はこの種のことを書き連ねた年賀状が嫌いで、送り主が新しい年に向かって勇往邁進しようと息子がどうこうしたなどはあまり関心はない。
ついでに言うと、家族の写真を貼付けてあるものもあまり好きではない。
当人は、平和で楽しい家庭であることを伝えたいのであろうが、そんなことは自分一人で感じればすむことで、他人様に仰々しくお伝えするほどのことでもないだろう。

| | コメント (1)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »