« 良い人なんだけど | トップページ | 年賀状あれこれ »

2006年11月30日 (木)

パットの体重配分

アイアン、ドライバーのアドレスの時、体重配分をどう考えますか?

つま先
かかと


いろいろのケースで臨機応変と言う方もあると思います。
中にはどんな時でも基本的には左右前後平均、どっしりとしたアドレスで押された場合体がぐらつくことがないようにと考えている人あるかも知れません。

今回はパターで上り、下り、スライス、フックの場合の体重配分が新聞記事に掲載されていたので紹介します。

◯ フックラインはかかと
◯ スライスラインはつま先
が良いそうです。
フックラインをかかと体重で構えるとストロークがインサイドアウトになって、そのラインに出しやすい。
(右に押しやすいストロークになり引っかけがない)
スライスラインはつま先体重で構えるとアウトサイドインのストロークになる。
(逆にアウトサイドインのストロークだから引っかけやすくなる)
といった理論です。

次は上り、下りの場合
アイアンショットでも同じですが、傾斜に沿って構えることでヘッドをスムースに動かすことができる。
下りのパットなら左体重。傾斜に対して垂直に立つ感じになります。傾斜なりのストロークができます。
傾斜に逆らって立つとバックスイングでヘッドが傾斜にあたったり、ダフったりします。

自分が苦手にするパッドラインを承知していますか。
ラウンド時スコアーカードにパットのラインを記録してどのラインが入れる事ができ、どういったラインを外したか傾向を把握して練習すればパッド上達に繋がります。

これは、一度試して見ようと記録して見ましたが「2〜3メートル99%入らない」からどのラインが外れたかの統計をとることはできませんでした。
50センチくらいならフック、スライスに関係なく99%くらい入れることができるでしょう。
3パッド時のラインの統計をとれば苦手、得意がでるかも知れませんが、前回は3パッドが1回のみでしたから解りませんでした。
ボクの苦手はショートパッドです。ロングは惜しいといいながら外れます。
それは距離感はいいのだけど、プレッシャーに弱いという事と思っています。
入れなければ、外したらと自分でプレシャーをかけてしまいます。


プレシャーのかからない呼吸法を得とくしようと思います。だれか教えて?
Ytiger2

|

« 良い人なんだけど | トップページ | 年賀状あれこれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良い人なんだけど | トップページ | 年賀状あれこれ »