« 月例結果 | トップページ | 後半の結果 »

2006年9月11日 (月)

好スコアーの要因

昨日のホームコース月例競技は、久しぶりのベストスコアー更新。
1日中降り続いた雨に、問いかけながらラウンドしたのが良かったと思っています。
ボールから「無理をするな。無理をするな」と言われているような気がしました。
前日読んだ、「スコアーメイク90を切るために」が功を奏したものと思います。
常にボギーオンを考えたプレー。そんなに難しい事ではありません。
3打で乗せることを考えてプレーすればいいのですから。
使用するクラブも小さめ。おのずと手前からという事になります。
絶対乗せようという意識もないから、それほど力むこともありません。
たまには、巧くよってパーを拾えることもあります。

次に、
「スコアメイクの秘訣は、ショットよりゲーム設計です。」
言葉を換えて言うなれば、
◎ 「自分のナイスショットの確立を知ることです」
1年に1度あるかないかの”甘い記憶”を実力と勘違いしないことです。
数年に1度のナイスショットが 蘇ってきます(笑〜)
”甘い記憶”は無謀なクラブ選択を促し、自らゲームを壊してしまう。。。
昨日は雨でラフにつかまったらボールが見えないくらい沈んでしまいました。
探すのに一苦労(あせ!汗 !アセ!)
そんなとき、 心を落ち着けて安全を選択しました。そこから乗せる必要はありません。
ボギーオンが基本ですから。 ボールは応えてくれました。「無理するな」と。
しかし当然ですが答えるのは自分です。無欲と・・・・・
いつも、小さめを選択していました。当然ショートします。アプローチにはそれなりに自信があります。
50ヤード以内のショットが1ピン以上はありませんでした。もちろん得意の、ダフり、トップも。
砂一が2度ありパーセーブできました。100%の成功率です。

初めてホール結果の書き込みです。
1番 393ヤード パー4 D(フェーウエイ左サイド)⇨160ヤード 6I⇒1メートル  1P バーディー
2番 186ヤード パー3 7W(ハーフトップ5メートル、ショート)⇨20ヤード AW⇒50センチ 2P ボギー(くやしい、打てない弱い球は芝に負ける)
3番 336ヤード パー4 D(左サイドフェ、フック)⇨160ヤード 7I(カラー )⇒3メートル P⇨1P パー
4番 385ヤード パー4 D(あわやOBひっかけ)⇨150ヤード 8I(15ヤード、ショート)⇒50センチ AW 1P パー
5番 401ヤード パー4 D(左サイドバンカー)⇨220ヤード 5W⇒70ヤードAW  2メートル 1Pパー
6番 369ヤード パー4 D(フック、左サイド ラフ)⇨170ヤード 5I⇒30ヤードAW⇨3メートル  2P ボギー
7番 568ヤード パー5 D(右サイド フェ)⇨300ヤード以上 4W⇨70ヤード AW ⇨3メートル  2P パー
8番 145ヤード パー3 8I⇨左バンカー 5メートル SW⇒1メートル  1P パー
9番 522ヤード パー5 D(センター木の真正面)⇨300ヤード 5W(巧くフックが打てた)⇒70ヤードAW4メートル 2P パー

前週の100たたきが自分の腕を見直した結果の記録と思っています。
これからもボギーオンのゴルフを目指したいと思います。

|

« 月例結果 | トップページ | 後半の結果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109134/4239548

この記事へのトラックバック一覧です: 好スコアーの要因:

« 月例結果 | トップページ | 後半の結果 »