« 根室海峡銃撃事件 | トップページ | 恒常生活に復帰 »

2006年8月21日 (月)

高校球児の夏は終わった

06夏全国高校野球大会決勝戦再試合は、早稲田実(西東京)が4—3で駒大苫小牧(南北海道)を降し、初優勝を飾った。
お互いが最後まで諦めることなく、一球一打に全力を尽くした姿は多くの野球ファンに感動を与えた。
苫小牧、最後のバッターがチームをリードしてきたエースになったのも何か運命めいたものを感じる。
両エースは、これからも場所を変え生涯ライバルして野球人生を歩んで行く事になるのだろう・・・
高野連会長は「球史にさんぜんと輝く決勝戦」と両チームの健闘を讃えた。
かくして、「高校球児の夏は終わった」明日からは来春の選抜に向け新たなチームで選手たちにはまた厳しい練習の日々が続く・・・・
Tky200510200174_1
現在、高校野球のトップクラスの私立高校には全国各地から集まった野球留学とでもゆうべき生徒がかなり入っているようである。そのおかげで地元の選手が甲子園に行けないという問題があるようだ。
これを防ぐためにはプロ野球の外人選手枠のように県外出身者枠を定めるか、エリート集団を集めた超高校クラスのチームの大会をした方が見応えがあるのではないかという意見もある。

選手は、自分の選んだ学校が必ず甲子園に行けるとは保証されていないなかで、自分の将来を託して決めるわけだから、甲子園に近い学校を選ぶのも無理なからずかも知れない。
やはり、将来プロ選手を希望するエリート集団のチームと地元だけの本当の郷土代表チームの大会は別にした方がいいような気がする。

今次大会の特徴は、
4〜5点差が再三ひっくり返される打高投低の目立った大会でホームランの数が60本と大会新であったこと。
我が郷土代表、関西高校が逆転4連負と逆転負けを全国に定着させたこと。

選手の粘りもさることながら、軽くミートしただけのバットから簡単にホームランになるのではピッチャーが可哀想との評論もあった。

自分のゴルフにも距離、粘りともに見習いたいと思いました。
飛ばないクラブはメーカーとの癒着か???? ・・・・・・・・・
これは、過去から引き継がれいつも問題にされている。

|

« 根室海峡銃撃事件 | トップページ | 恒常生活に復帰 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高校球児の夏は終わった:

« 根室海峡銃撃事件 | トップページ | 恒常生活に復帰 »