« 恒常生活に復帰 | トップページ | 隠語 »

2006年8月23日 (水)

中高年の会話

歳月の流れは早い。
こう早いと、一つのことを思い返しても、それが去年のことであったか、一昨年のことであったか解らなくなる。
数年間が一つのかたまりのようになって、消えて行く。これは歳月の早さもあるが記憶力の衰えも無視できない。記憶力が悪くなったと感じたのは40代くらいから。50代になると頭の中にぽかぽか穴があくように記憶力が低下する。
現役のころは職業柄、1時間くらいの講演ならメモを取らないでB4用紙1枚くらいにかなり正確に文書化することができそのことが自慢であった。最近は一度聞いた電話番号も忘れたらいけないのでメモまでしておきながら、そのメモ用紙をどこにおいたか忘れるということもある。
こうして、最近の会話から固有名詞が消え、代名詞だけの会話になる。
例えば、「あれ、あの日、あの人と、あれしたでしょう」
これでは、何の意味かわからない。
「あの日っていつ」、「あの人の名は」、やった内容もでてこない。
それでも何となくわかったような顔をしてうなづき合い。再会まで元気でいようと約束をしてその場を別れる。
            ・
            ・
            ・
     今の人誰?

これが中高年の会話の特徴で、若い頃は、今の若さがいつまでも続くと思うように記憶力もいつまでも変わらないと錯覚する。
神様は人間を皮肉に創り給うたものだ。しかし、これが人間の妙味であるかも知れない。
人は、ボケた老人を見て哀れに思うが、ボケた人程幸せな者はいない。
何も心配がなく、死にさえも恐怖を感じることもないのだから。
ボケ防止に始めたブログ。小さな手帳をいつも携行し、今日的問題、感じたことをメモするようにしている今日この頃・・・・・
世の中の幸・不幸をいつまでも感じられるように・・・・ブログがすこしでも長く続きますように・・・・
ゴルフのスコアーに一喜一憂できますように・・・・。

|

« 恒常生活に復帰 | トップページ | 隠語 »

コメント

こんばんわ。
夢追いブログに訪問いただいて有難うございました。
病は気から・・・そうですよね。
好きなゴルフのために健康に気をつける努力が足りませんでした。
不注意から風邪を引き今回の結果には驚いてます。
ゴルフのタラレバと同じでこれから前向きに過ごしたいと思います。
お友達登録の方法が分かりませんがよろしくお願いいたします。

投稿: デカヘッド | 2006年8月23日 (水) 22時18分

mさん
そのとおりのことをボクも聞きました。
それが近いのでしょうか。
もう少し待ってください。
せめて、80が一度でも切れるまで

投稿: 風 | 2006年8月23日 (水) 21時42分

ぼけですか。
うちは毎日それと格闘してます。

昔誰かが言ってましたが、
人生の終焉を迎えるための
ひとつとして、ぼぉけが来るのだろうかと。

着陸態勢に際してだんだんにおりて行く
心身共に五感も六感も衰え
スムースにランディングできれば
すなわち大往生。

投稿: ma | 2006年8月23日 (水) 20時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中高年の会話:

« 恒常生活に復帰 | トップページ | 隠語 »