« 第4戦 結果 | トップページ | 闘いの夏 第6戦 »

2006年8月15日 (火)

第5戦&靖国参拝

終戦記念日の今日、小泉首相の靖国神社参拝などが話題になっている。
参拝を終えた小泉首相のインタビューは、筋が通った内容で総理の行動は当然のことのように感じた。
首相は「心の問題」として明確な意思を避けてきたが、「心」は一つしかなく公と私の使い分けのできるものではない。公の立場で参拝を実行したものと思う?
外交と信教は別としてとらえ国のために死んでいった英霊に哀悼の誠を示して欲しいと考えていたので、首相の参拝を高く評価したい。

日本は徹底的な敗戦により戦争の愚かさが身にし、戦争を放棄した憲法を抵抗なく受け入れ防共思想を掲げるアメリカに戦後政治を委ねた結果、基本的な国家体制は護持され理想的な形で敗戦を収拾し、東京裁判では東条の証言により天皇が戦争責任を免れることもできた。

・A級戦犯分祀  ・東京裁判  ・戦争責任
等に、有識者がいろいろ述べているが私にはそれらに対する意見・知識を持たない。
しかし、生き残った者たちが新生日本の先駆けとして死んでいった人々の勇気や国家愛を語らないのはおかしい。そればかりか、死んでいった人々に国家のおこした過ちを彼らに負わせ眼をつむろうとしている。
勇者の栄光や悲惨を公平に語り継ぐことのほうが、靖国に参拝する見せかけの鎮魂より意義深いものと思う。

後楽GCに行ってきました。パートナーは長船の師匠と会社の同僚

後楽までは、理大グランドを経由して約40分
ハーフ  約2時間
スルーで回れば、3時間強あれば回れる。
スコアーは

最近は80を超える事はありません。


ハーフですが?

ラウンド後、自宅で送り火を燃やし、先祖に感謝と懺悔の気持ちを伝えました。
「我、神仏を尊んで神仏を恃まず」との武蔵の信念から、「我かくあらん、御笑覧あれ」と祈る。

明日は、Gサークルのメンバーと鬼の城。

目標:変わらず=生きて帰る事

|

« 第4戦 結果 | トップページ | 闘いの夏 第6戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109134/4239527

この記事へのトラックバック一覧です: 第5戦&靖国参拝:

« 第4戦 結果 | トップページ | 闘いの夏 第6戦 »