« 闘いの前夜 | トップページ | 06’夏、回想 »

2006年8月27日 (日)

8月最後の闘い

暑い、猛暑、灼熱、暑い暑い・・・・・外に出るには、気合いを入れ覚悟を決めていかなければ。
暑さと、競技に対する気合いでテンションはじょじょに上がってくる。温度計もうなぎ上り。朝の雨がよけいに蒸し暑くしている。
競技員によるマーカー確認が終わり、スタート時間を迎える。
8時37分、パートナーとボール確認の後、ティーオフ。スタートはOUT、4組2番。
キンチョウ、緊張、・・・・
パートナーは90キロはありそうな巨漢。その友達らしい同年輩の人。予選は、帯江、鷲羽山、水島リンクスからきた人。トップの巨漢さんはアスリートらしく多くの知り合いと、今日の目標、現在のできなどを話している。
話相手は、県アマの永久シード選手らしい。
巨漢が1番。
「よろしくお願いします」と形通りの挨拶。
1番ロング:左バンカーを超えるには250ヤードのキャリーが必要、パワーがありそう。コンパクトに遠慮ぎみのショットだが、玉に力があるのか、バンカーを駆け上がった。う〜ん、これは・・・・・・
2番、大地、前回はスタートチョロ、4打が1メートルくらいに寄せパーをセーブしている。
今回も、距離はいらない。ゆっくり、力むな、リキムナ、を心に、心に・・・・・
アアアァアアァー ・・・・力んだ、早かった。            チョロ。
大丈夫、大丈夫、4打勝負だ、セカンド、えええー      深い深いラフ、ボールはなんとか見えている。いいい・・そこそこ飛べば良い。ここは刻みに徹しよう。5鉄、ラフにかまれ怒フック。まだ大丈夫、サードをカラーまで持っていけば、得意のアプローチで寄せてパー。まだ、200ヤード以上ある。
なんだかんだ、いろいろありまして、ダボ。ま、仕方がない。
次からがんばろう・・・・・・最後までこういった状況は終わりを知らず。
こんなもの見たくないとおもいますので。これで、終了。
ミスの原因:ヘッドアップ、インパクトでヘッドの走りが見えたのはセカンドのアイアンがときどきあっただけ。
課題:ゆっくり、インパクトから大きなホローを心がけよう。

中尺パターの感じはかなり良かった。何回かプシュアウトで右に押し出す結果もあったが、引っかけはなかった。心配したロングパットも、ま、普通。グリップとヘッドのバランスが良かった。ライ角を調整してもらったのが良かったのか、アドレスがとりやすくショートパットも痺れることがなかった。
交換の成果あり。よしよし、次回に期待。
  
前半48、後半44     グロス、92(ネット76) パッドを記録する余裕なし。確かスリーパッドは1回。
バンカーショットとアプローチは良かった。ドライバーの練習の必要がある。
緊張すると芯をくわない。チョロが多かった。これでバックからはキツイ。
このスコアーは上出来。ハンディーもJGAと同じだから普通のラウンド・・・かな
かくして、ゴルフ狂ジイーの夏は終わった。


|

« 闘いの前夜 | トップページ | 06’夏、回想 »

コメント

夏の戦い、さぞ楽しかったことでしょう。
うらやましい。

おらも9月月例がんばろっと。

投稿: mata | 2006年8月28日 (月) 19時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109134/3223610

この記事へのトラックバック一覧です: 8月最後の闘い:

« 闘いの前夜 | トップページ | 06’夏、回想 »