« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月29日 (木)

もう 7月

今年も速いもので後、半年で正月です。もう時期「良いお年を」と言わねばなりません。
本当に年をとるのが速い。
この半年間で出会った連中よ、皆が幸せであれ!
いままで長い付き合いしてくれてる連中よ、もっともっと幸福になれ!
金儲けや仕事は二の次、健康で明るく『一生懸命』生きよ!
人の事情は折々変化し、日本に四季があるように、人の心にも四季はある。
人生にリセットボタンなんかない、前に進むしかない。

私が、しあわせである事の
絶対条件。

それは、
あなたが、しあわせである事。631

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年6月28日 (水)

ルーティン&セットアップ

今日は30数年の歳月を費やして完成しつつある(現在進行形!)、
 秘伝「風のゴルフ」を紹介します。
「ルーティン」
ラウンドの日の朝はいつも決まった時間に起き、決まった食事をする。車に乗る際は左足から入る。シートポジションをセットする。道路も毎回変更しない。
コースでは絶対守らなければならないルーティンがある。
具体的には、初めに球の後ろから目標を確認し、次にクラブフェースを球に合わせ、スタンスを決め、次に2回ワッグルをしたあと再度目標を確認し、そしてショットする。毎ショットのルーティンだけでなく、更にプレー中、歩いている時もキャジィーさんとの会話も、ルーティンの一環としてしまうことが大切である。
しかし、そんなものがあったのか、思い出せない、実行できないのがルーティン。
ラウンド後はキャジィーからサインを求めれられることがあるが、その際は先にキャジィーさんに紙を渡し書かすことも忘れてはならない。
ただし、先方にも選ぶ権利があることも考慮する必要がある。
 「ティーアップ」
 最近はやりの飛ぶティーこれは立ちにくい。しっかり立たない。(何かこだわっているのか?)
ウッドティが一番かな?                                                      さしやすい、ーーーーーーー                   

「ティーアップはいじらない」が正解。
 いじるとするとやや高くする!?

「セットアップ」
 「ヘッドを浮かして構えます」
 「打ち込む」から「払う」スイングをイメージする。

 払うためには、インパクトでヘッドを走らせること。
 
 ヘッドを浮かして構えると、テークバックの始動のタイミングがずれる。
 違和感があります。
 この違和感が無駄な力みを取り除いてくれます。
フォワードプレス大切です。

信じてはいけないのがレッスン書。 恵まれた環境でゴルフを始めた者に、
  ↓
  ↓
  ↓
 100を切る苦労も、
 80台をマークしたときの感激も
 3ヶ月も前から、コンペに備えて練習することも
 理解できるはずがない!
 
 100の技術的なアドバイスより、1回のラウンド。
 ゴルフが下手な人に共通しているのは、全てが足りないこと。
 練習
 ラウンド数
 お金
 時間
 何もかもが足りません。何よりも不足しているのが体力。
足りているのは欲だけ。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月26日 (月)

痛ましい事件

今朝は出勤時間の頃をピークに傘も効果のないほどの雨で、市内にも冠水の被害があり鉄道も運行見合わせする事態が発生した。大学生が女性との交際をめぐって、金銭の脅しや、挙げ句の果てに集団で暴行、そして生きたまま生き埋めにしたそうだ。犯人が岡山出身ということで関係者のショックも大きかったようである。
子供の頃を知る同級生、教師はおとなしい目立たない子供であった。犯行が信じられないとのコメントをしていた。最近この種の事件が多いがたいていの場合「おとなしい目立たない子供」との所見が多い。事件の背景はいろいろ取りざたされるが、吾輩が考えるに最大原因は家庭教育にあるように思う。それにしてもどんな理由があったにせよその行為は、血も涙もない人間として最低だ。
最近の事件を見ていると、自分だけ良ければ人のことは全く考慮しない傾向があるように思う。
自然との対話が出来る家庭菜園や新緑のきれいな森での気のあった人とのゴルフ。
心から癒される気がする。
プロミス女子では横峰と同じ年の藤田が優勝、「長く、苦しかった。お父さん、お母さんの子供で良かった」と止まらない涙のコメント。

いやぁぁぁ〜     ゴルフてっ   ほんとに良いですねぇぇぇ〜
サッカーワールドカップは、ポルトガル、アルゼンチン、イギリスが決勝トーナメントを勝ち上がった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月25日 (日)

CC 桃太郎に挑戦

昨夜来から降り続く雨は1日中止むことはなかった。この時期の雨は当たり前でギラギラと照り続ける太陽の下のラウンドより、これくらいの雨はちょうど良い。パートナーは同じサークルの仲間S氏。氏は最近ルール適合のドラに変え練習場での感触をよくしての試しのラウンド。
INスタートでいきなりのショート。何か左が気になる。最近、つかまりが良いのか(?)引っ掛けることが多い。
悪いイメージは悪い結果を生む。予想した通りのフック(引っかけ)。
打ち直し、今度はダフリ、ショート。とりあえず落下地点へ、読者想像のとおりがけの下で何とかセーフ、アプローチが木に当たり3オンの2パット。
そのとき、二人のプレーを心配している心優しいm氏から激励とお悔やみの動画メール。
気を取り直し、m氏の激励に応えるためにも頑張らなくては行けない。
11番、短い打ち下ろし。ここも左が危ない。ミドルのティーショットにアイアンは使用しないことをポリシーにしている。しかしなんだか左が怖い。ということでアイアンを使用。また、引っ掛け打ち直すこと2発。m氏のお祈りのせいか我が輩の精進のせいか、何とかセーフ。その後が悪い。ダフリ、トップのダボ。
このまま、ホールバイホールの説明を読みたい出すか。
そうですか。それでは、最後までおつきあいください。各ホールの細かな結果と教訓、その時の心理状態を‥

嘘です、
前回も書きましたがその日のスタートがoutであったかinであったかも忘れてしまう我が輩が数時間たった今、どのクラブを使ったか、どうやって家に帰ったかも覚えていません。
スコアーのみ                47、54(パット不詳)   今日は写真もなし


今日の教訓・課題・反省、のみ。       ?
取りあえず「引っかけを治す」ドラはそんなことがないのになぜ、アイアンがひっかかるのか? 
ウ、、、、、、そうだ、掴んだ、開眼した。これだ。絶対だ
腰が止まっている、右腰を軸にして回転させること。
腰の回転を意識してスイングするとまっすぐ行くことがある。
来週ためしてみよう。えええ、また行くのか。腰は大丈夫か???

                                


いやゃゃゃ〜〜〜〜   良いコースでプレーすると  本当に
馬脚が現れます。 
S氏には、お世話になりました。ありがとうございました。また、よろしくお願いします。   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月24日 (土)

庭の剪定

裏入り口のまきの木とゴールドクレスト、庭の柘の木の剪定をした。竹が根を張りあちこちから根がでるので止めるため、ブロックを埋めた。
おかげで、腰が痛い。夜は、ジムでストレッチをして明日に備えよう。
今日は天気予報が良い方に外れ最高の天気。ゴルフには少し暑いかな。
あすは、曇りぐらいで良いよ。スコアーは改正。うううベストに、天気は曇りのち快晴Avox0001_4Avox0003_4

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月23日 (金)

サッカー日本沈没

おお、神風が吹いたのか、八百万の神が大集合したのか、いよいよ奇跡が本当に起きるのか……そんな期待感が脳裏をちらっと、ほんのちらっとよぎりかけていた前半終了間際、悪い癖がやはり出てしまった…。
1点先制するというハプニングはあったものの、前半終了間際にヘッドで押し込まれて試合が決してしまった。
後半はブラジルが逆転ゴールを強烈かつあっさりと決め、格の違いをまざまざと感じる展開。
今の日本代表には相応しい幕切れです。
終了後、ジーコ監督は「豪戦がすべてです」と感想を述べた。豪戦と同じ展開。1点先取の後の気持ちの張りが敗戦の原因と分析。1点をとられこれからと気持ちを切り変える相手に対し、同点とされ気落ちする日本チームでは集中力が違う。
サッカーは他の球技と違い1点を争うゲーム。サッカーには人生を例えることができない。1点がすべて、そこにはメークドラマはない。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月22日 (木)

エレベーター事故

Avox0023_2
東京の男子高校生がマンションのエレベーターから降りようとすると突然、ドアが全開した状態で急上昇、床と出入り口の天井部に挟まれ死亡した。
 常識では、ドアが何かを挟んだ状態では動かない、ましてやドアが開いた状態では動くはずがないと思い込んでいた。ところが、あり得ないことが起きた。
 設置したシンドラーの幹部が記者会見で謝罪の言葉を発したが、自分たちの製品そのものは原因ではないと言い張っている。外資系企業なら当然のことだそうだ。原因が特定できないうちに、自分たちに非があると言えば、結局過失や責任を認めたことになり、裁判になった時にも不利になる。
相手の気持ちを考えてとりあえず謝罪する、という日本とは文化的、精神的な土壌が違うのだから、しかたがない。関係者や住民が怒るのも無理はないが、現実はこういうものだ。出るところに出て論理的に戦うしかないのだ。これに対してメンテナンス会社はメーカーからメンテナンス情報を提供してもらえず今までにもシンドラー社の製品はトラブルが頻繁にあった。とこれも責任を回避
両社ともに、住民に対する情報提供の遅れについては謝罪する、として揃って頭を下げた。
記者会見で形式的に頭を下げるよりも、事後処理と今後の対策をきっちり行った上で被害者に直接あって、きちんと謝罪の言葉を伝えるのが、まっとうな感覚を持った人間のやることだろう。
実は、我が家も老後を考えホームエレベーター(三菱)を設置しているが、使用者には年1回の保守点検(車検のようなもの)が義務ずけられておりこれをメンテナンス会社に依頼すれば、メーカーの3分の1の値段だがやはり信用がおけない。メーカーは検査料は高いが部品代金が無料なのでやはりメーカーの方が安上がりになるようだ。先だっての地震のさいにも、この事故が起因しているのか地震当日の朝には異常の確認電話があった。やはりメーカーを選ぶべきだ。特にシンドラーの場合はかなりの粗悪品らしい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月21日 (水)

強靭な体力

Avox0002_5
日曜のラウンドの足痛がとれない。月曜は整体、火曜はトレーニングジム、今日は休養。
やはり、ヘルニアは1ラウンドの体力を回復するには、時間が必要だ。
明日からは日曜Sに挑戦するための筋トレ。
もう金トレはやめた。意図的な誤変換を放置するのも?
今、気をつけなければならないのは返還ミス。
これはミスではない。本心から元の体が欲しいの願望

家庭菜園で最近、毎日の食卓にのるキュウリ、トマト、チシャ葉(焼き肉に巻いて食べると肉がおいしい)が毎日ではあいた。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日)

6月月例結果

18日、月例競技に参加。パートナーは1人はライバルの温羅。
温羅は、元バンカーマンでバンカーがお好き(苦手)、スカートをはいた女性なら誰でも良いようだ。
ハートマークいっぱいの瞳をキャディーに送っている。
インコースからスタート。オナーは風。

レギュラーティー使用で距離は少し長め

41(13)+46(18)=87(31)
バーディー:2(アウト、イン各1)。パー:トータル3。ビッグイニング:3
うーん。なんか、普通……(悪くはないけど)。後半アウトの方が楽なのに結果は悪い。前後半が違いすぎる。
結果がすべてで前半ができすぎか。
初夏を思わせる暑さ、不快指数100。比例して、私のスコアも悪い(とくにアイアン)ミドルアイアンが特に悪い手打ちで引っかけが多い。(140ヤードのOB1)のらない。アプローチで寄せ手も2メートル無いくらいの距離がはいらない。これではパーが拾えない。
ということで、1番ホールから順に、ショットの内容、そのときの私の心境、ミスの発生原因などを、記事でまとめていきたいと思います。

ウソです。
(だいたい私は、丸1日も経てば、ラウンドの内容をほとんど忘れてしまいます。1週間もすると、OUTから回ったのかINから回ったのかも自信がなくなります。1年もすると、そのゴルフ場に行ったことがあるのかないのかすら、さだかでなくなります……)
特徴的なホールのみ。何が特徴かというとビッグイニングです。
10番:DR、ナイスショット左サイド120ヤードから松の木がスタイニー、ナイスショット松の枝にふれ真下のバンカー、サードバンカーからナイスショット又枝に触れショート、アプ1メートルも2Pのダボ。
(今日もまたこの調子かとあきらめた)
11番:DRナイスショット、90ヤード3メートル奥。ここは奥から速くない。しっかり打ってバーディー(まさか?)
その後、セカンドが引っかかり気味でのらず。2メートルくらいに寄せるがPが決まらない。
ボギーペースなら良しとして上がり2ホールがパー(これは結構価値がある。難しいホール)
特に18番、Dr左OBすれすれからセーフ。セカンド、ナイスショット4番Wで残り90ヤードまで。いつもは良くても120〜130残るところだけど今日はセカンドが良かった。
後半のアウト、いつものゴルフ。めためた。50が切れないぞ????
大変だ8番ショート、ショートでバンカー(シャレにならない)2メートルから3Pのダボ。
ああああ〜情けない。
9番:左サイド距離不足、セカンド、またミス。ここは2オンも可能なホールで。
サード60ヤードから50センチ、難しい下りのスライス。距離をあわせたつもりが入ってしまった。
ナイスバーディー。
本日終了。
今日もゴルフ人生で記憶に残るようなできごとはおこりませんでした。
又、来月に期待。
(各ホールのティーグランドのスナップ、マイホォトに保存)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月17日 (土)

防協総会

本日、アークホテルに県選出の国会議員を中心とした防衛議員連盟を初め県下経済界のトップ約100名を集め防衛協会総会が開催された。式は国歌斉唱、物故者に対する黙祷、来賓祝辞等、厳粛に実施され政界代表が防衛庁を取り巻く環境について熱く語られ危機管理の必要性を再認識をした。
しかし、本音は盛大とは言いがたく各来賓も代理出席で防衛意識の希薄を感じた。
かくいう、小職も社長代理で懇親会だけを目的に参加。愛国心のかけらもない。
そんななかで、荻原参議院議員は省昇格と北の脅威について語られたが、これも次期選挙で衆院選の出馬準備か?
しかし、久しぶりの君が代には万感の思いを込めて高らかに斉唱した。世界中を見ても、国旗・国家のない国、軍隊を持たない国はない。戦争の愚かさは骨身に沁み戦力を放棄した憲法を抵抗なく受け入れ雌伏50年贖罪の時として過ごしてきた自虐的な歴史認識はそろそろ改めても良いのではないか。
世の中はどんどん変わってゆく風景も変わる。人も変わる。
戦後は遠くなりにけり。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月16日 (金)

もう6月 なかば

もう6月ですね。1年の半分ですよ。
もう1年も半分過ぎようとしているのに、
(                     )
……。手が止まってしまいました。
(  )の中を埋めようとすると、ネガティブな気持になってしまうのは気のせいでしょうか。

もう1年も半分過ぎようとしているのに、
( ハンデが減るどころか徐々に増えてる )
とか。
もう1年も半分過ぎようとしているのに、
( 毎週買っているロト6がかすりもしない )
とか。

おっと、これはではいけません。無理やりでも、ポジティブに埋めていきますよ。
(日曜は月例、優勝ブログを考えよう)、(日曜は曇り日焼けしなくてラッキー)、(3人のヨン様に合えてよかった)
とか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水)

ねずみ取り

あ〜〜〜〜捕まった。
岡山ICをおり市内方向の3車線。そこのけそこのけ温羅が通る。
探知機がピー。PSが赤旗を持ってでてきた。
間違いなく自分ーーーーあたり。はい、君です。赤旗を突きつけられた。
探知機これまで何回も助けられたが今回は御用だ、神妙にお縄を頂戴しろ。
時代劇めいた言葉だが潔く縛に就いた。
なんでこんなところでバタバタスピードを出したのか?前がつかえているのに馬鹿だ。
後悔先に立たず。手続きをそくそくすませ、猛スピードで発進。
25Kオーバー、減点2。当分注意しなければならない。
欲しかったカメラも、夏用のゴルフシャツも我慢。ラウンドも1回減らそう。仕方がない。憂さ晴らしに毎週チャレンジするか。ゴルフでもやっていなければやっていられない。
それにしても憎きはPS。現職のころは一番関わりを持って仕事をしてきたのに。好きになれない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火)

ワールドカップ

74分までリードしていた日本チームほぼ勝利を手中にしたかに思えたところ、残り10分で3失点まさかの逆転負け。
この敗因はすべて我が家の体質が原因している。
挙国一致、尽忠報告、七生報国、一意専心、八紘一宇、の心構えで全国民が総動員して闘わねばならない時、我妻には愛国心というものはないのか、大いびきで熟睡。こんなことでは勝てるはずがない。苦労に苦労を重ねその苦労を克服した者にのみ勝利の喜びがある。にも関わらず我妻の態度はなんたることか。国民の皆様にはこころからお詫びを申し上げたい。原因を妻だけに押し付ける分けにはいかない。ピンチの時、自分も無節操に八百万の神にお願いをした。おそらく神罰が当たったものだろう。
選手はよく闘った。戦略的にはFWとDFのコンビネーション中間が空いてしまったと専門家は分析していた。
点をとろうとするFWと守ろとするDFがうまく絡み合わなかったということらしい。
それにしても憎きはオーストラリア野球に続きサッカーまで日本を喰ってしまうとは。もうオービーは食べない。
加えて、オレンジのウサギふがいない。ガムに絡まれ6連敗とは。タバコ屋の息子の悲しさを思うと????
慰めの言葉もない。今は忍耐のとき苦労は必ず報われることを信じ声援をおくろう。
八紘一宇のもと七生報国の精神で

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

湯原CC

今日も恥ずかしい結果に終わった。タラにもレバにも置き換えることはできない。消しゴムを使うこともできない。
今日の結果が今の自分の実力。
初めてのコースで距離は短いが狭くドックレック、トリッキーでピンの見えるホールが少ない。アイアンに自信がなくミドルホールでのアイアンの使用を禁止しているのでいつものようにすべてドライバー使用。結果、2個のOB。結果に後悔はないが、自分が選択したことに中途半端なスイングをしたことを反省しなくてはいけない。
コースを知らないことがいい結果に繋がったこともある。落ち場所でこんなに狭かったのかと驚かされたホールもあった。
気持ちがネガティブに作用しないからで、バンカーも谷も池も気にならない自分を信じたプレーに心がけなければならないということを学んだ気がする。自分の何を信じるの?。こんなに下手なのに。
これまで練習を禁止されていたが練習するしかない。アイアンが悪すぎる。バンカーが全く寄らない。パットが入らない。
今まで、病気で止めたことはあったが止めようと思ったことはない。だから来週のクラブ競技に参加する。
無謀にも今日、同じ中国山地で楽しく悠々とラウンドしているだろう人にベットを挑戦した。
ネット:74、6だから一応申告通りの結果だがスコアーが悪すぎる。次回ご一緒にラウンドの際には、茶店を持たせていただきます。
下は、14番ミドル350ヤード、キャディーのドライバーを使って1オンを狙って欲しいの声に芯を外した上プッシュアウトのOB情けない。普通にスイングすればのらないまでもグリーの側にはいっただろうに。思い切りのなさに悔いが残る。選択した以上思い切ったスイングを心がけたい。
Avox0022_2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月 9日 (金)

かみさまえのてかみ

かたすてくたされ。かたすてくたされ。かたすてくたされ。とうかかたすてくたされ。
いしよのたのみて。ありまするにしさむいてわ。おかみ。ひかしさむいてはおかみ。しております。
こなにかんぱつたのだどもとうかおねかいてす。かたすてくたされ。

明日は、スポーツクラブ閉館。大地の開眼も閉眼したままで開くことがないので神様にお願いの手紙を出しました。11日、湯原での必勝を祈願して

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 8日 (木)

体力向上

今日はこれからトレーニング。
目的:来る、11日のラウンドに備え柔軟な体を作ることでプレー中及びプレー後の故障の予防をはかるため。
合わせて、金力をアップすることにより、持久力と強固な‥? 
竹のように柔軟な腰をつくるとともに筋力をアップすることにより300ヤード超の飛距離と持続力を得ること。
種目:股関節及び、背筋特に背中の筋肉を強化する。
実施要領:女性インストラクターにより股を力いっぱい広げてもらう。その後、プールでクールダウン
冷熱の繰り返しにより緩んだ筋肉を強固なものにする。 
岡山も愈々梅雨入り。しかし、11日は晴れの予定。降ることも予想されるが雨をあまり意識しないよう特に強く打とうとして力まない。グリップを強くしない。基本は雨でも晴天でも同じ。間を充分とること。速くなるのを戒めよう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月 7日 (水)

分かち合う幸せ

最近聞いたラジオで七分の一の幸せについて放送されているのを聞いた。
A君の家では食べ物は等しく分け合うのが習いで、7人家族のA君の家では何でも七等分。
これは簡単ではありません。どうしても大小がでてしまう。分担する母親の手元に子供たちの警戒の目が注がれる。ある日土産にもらったすしをいつものようにお母さんが七等分する。与えられたすしは一口だったが、その美味しかったこと。A君は子供心に思ったそうです。大きくなったら、あの美味しかったすしを腹一杯食べるぞ、と。
大人になったA君はある日、独身のシングルライフから一人で食べたが、あの美味しさは味わえなかった。という話です。
今は何もかもが様変わりし、幸福の価値観が変わり豊かさの象徴がものではなく心の豊かさと生き方が一緒になった新しい幸福感が必要な時代のように思われます。
数年前、かなり前に「いっぱいのかけそば」という話がヒットしたことがある。
(ある年の暮れ、3人の親子が最後に残ったお金でいっぱいのかけそばをお「母さん美味しいね」といいながら分け合って食べた)
実際は話題性を狙ったねつ造されたものであったようだが。当時は悲しい話として大きな話題となった。
我が家でも「三本の矢」(毛利元就)を家訓として子供を育ててきたので。兄弟は仲良くよく助け合って大きくなってくれた。
兄思いの弟は一つしかないショートケーキをいつものように半分だけ食べて半分は兄のために残した。
兄はいないのだから全部一人で食べても兄に知れることはなかったのだが、優しい心を持った子に育ってくれて本当に良かった。
残った半分の上にはデコレーションはなくカステラの部分しか残っていなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 6日 (火)

トレーニングメニュー

1昨日のケアーのため今日は、ストレッチを目的に所属ジムへ行った。
負荷を軽くしたいつものメニュー。
30分のエアロバイクで有酸素運動、肩と肩甲骨の筋肉、腹筋、背筋、臀部、スクワット。
プール内での歩行、クロールで約1時間。
トータル、2,5時間。最近、腰も肩も調子がいいみたい。首、肩をまわすと出ていた、コックン、コックンと言う音が少なくなったようだ。もう少しで完治だ。医師を信じて、病気に負けなかったことが今あるような気がする。
病は気から、絶対よくなるんだと信じることが自然治癒力、自己能力を引き出すものらしい。
明日からは、もう少し強めのメニューで次のラウンドの11日までにベストコンディションにしたい。

気のついたこと、
ゴルフ練習場でもウェイト、プールでも教え魔はどこにでもいるものだ。なかにはまわりを意識しているのではないかと思われるほど大きな声の人もいる。
最悪な事実も体験した。教えている2人が意見が合わず口論を始めた。これには笑った。
自分らが一番上手で、まわりの人の迷惑を全く考えていない人たち。
集中の邪魔、プールではターンの邪魔、ウェイト場を休憩の場にしてまったく動こうとしない。マシンが使えない。
迷惑この上ない。
指導する時はまわりのことをよく考えるべきだ。
反面教師と少し意味は違うが、気をつけたい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月 5日 (月)

紫陽花

6月の空は真っ青、太陽も輝いている。我が家のガレージの紫陽花も咲き始めた。もう時期梅雨。
紫陽花の花の花言葉「移り気」:あじさいの花はさまざまな色に移ろいながら生きているものに
「諸行無常」(万物は変転してやまない)の心を教えてくる。
移り気の多い紫陽花でいいから、とげのあるバラで良いから、もう一度恋がしてみたい。純愛が
Avox0003Avox0002_1

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月 3日 (土)

ゴルフは人生

爽やかな五月晴れの下、倉カンでゴルフを堪能。しかし、スコアーはいつもの高値安定、90が切れない。脳天は切れそう。情けない。悔しい。だから、明日また行きたい。
ゴルフは人生に似ている。
・プレーの日の天候は選べない。絶好のゴルフ日和もあれば、暑い日、寒い日、雨のなか。風が強い日もある。
・すべての結果は自分が招いたもの、その責任は自身で負わなければならない。フェアーウェイの真ん中だろうが、バンカーであろうが、すべては自分の責任。その場所からショットするしかない。
しかもその場所は千差万別、いつも初体験の繰り返し、これまでの経験をふまえて自分なりに打つしかない。
・ドライバーショットも10センチのパットも同じ1打。
・一喜一憂は禁物。会心のショットの後もおごらず、ミスショットの後も気落ちせず。1球入魂の気持ちを忘れてはならない。
・まわりの状況にメガティブになってはいけない。悪いイメージは現実化してしまう。
・自分を信じること。しかし、過信してはいけない。
・アクシデントはつきもの、ミスを取り戻そうとすると無理をすると、深い泥沼に落ち込んでしまう。
・ミスはあくまでも結果。最後まで解らない。途中で計算しても無駄。
・ゴルフにタラ、レバはない。スコアーの数字がその日のラウンドのすべてではない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »