« 勝負の極意 | トップページ | ゴルフの原点 »

2006年4月30日 (日)

メンタル

今までのラウンド結果で前半の方が圧倒的に良いスコアーになっている。原因が1昨日のラウンドで分かったような気がする。
パートナーは時々一緒にラウンドするライバル。パートナーと言うだけにスコアーはいつも拮抗している。
多少のベットが負けたくないという意識が体温をあげている。残り3ホールの時点でイーブン。ところが16番ショート、大地のバーディーに対して相手はボギー、2打差をつけ、17番ハンディ2のホール敵は見事2オン。大地も3オンながら、1.5メートル。どちらもパーでホールアウト。まさに18番が決着ホールになった。先にティーショットを打った大地はコース左サイド。距離は十分でている。相手は2打差とティショットを負けじと力んだ結果が痛恨のOB。
相手は自分のゴルフができず、競う相手を大地に向けた結果である。
トリノで荒川静香が自分の持てる力を充分に発揮したのに対して、コーエンの転倒、スルツカヤの転倒。誰も彼女たちを転ばそうなどとはしていない。競う相手のせいではなく自らの失敗が高い障壁となり立ちはだかってしまった結果が転倒をさせた。パートナーは大地ではなく自分に負けた、要因は、スコアーを計算するのが早かった。
逆に後半大地が崩れる原因は、やはり相手のスコアーを気にした結果であったことをラウンド後悟った。
相手の出だし連続のバーディーに自分のゴルフができなかったことが敗因になった。後半崩れるのは、前半以上のスコアーを出そうと、前半と比較するところにあるような気がする。一打、一打を大切に淡々と相手でもなく、コースとでもなく自分であるということを肝に命じ最後まで集中力を切らさないようにプレーしたい。
「 少年老いやすく学成りがたし、おっさん老いやすくゴルフ上手く成りがたし」

|

« 勝負の極意 | トップページ | ゴルフの原点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109134/4239474

この記事へのトラックバック一覧です: メンタル:

« 勝負の極意 | トップページ | ゴルフの原点 »