2017年7月 7日 (金)

奇跡を信じて

昨年末頃から頻繁に発症する肺炎。

高熱が続き一日のほとんどを眠った状態が続いていた。

抗生物質も効果がなく最近は遺漏の栄養摂取も中止していた。

点滴による水分補給とわずかな栄養は病気に対する抗体も落ちてい

た。

頻繁な点滴で血管が細くなり針が刺さらない。

手足には注射液の漏れた後で青く朽ちている。

3週間ほど前、鼠蹊部の大静脈にカテーテルを挿し点滴をしていた。

針を残置したままでは、炎症のリスクがあることから、鎖骨の下付近

にポート増設をした。(中心静脈カテーテル挿入)

カテーテル挿入には少なからずリスクはあったが2時間に及ぶ手術

でポートの埋め込みは成功した。

遅かった・・・・・・・

鼠蹊部の針は、免疫力の弱い妻は感染症をおこし、腎盂腎炎、肺

血症を発症した。

血液中に入ったばい菌は高熱、発作、呼吸難をおこし死を覚悟しなけ

ればならない。

個室に移動し、

「多くの人に見舞いをしてもらってください」

医師からは

「今後高熱が発生した場合どうするかと意思の確認をされた。」

それは不慮の場合もあるということか?

治癒力を信じ、奇跡を信じ。

最悪を覚悟しなければならない。

妻にはこれまでの人生多くの時間闘病生活だった。

楽しい思い出も作ってあげられなかった。

懺悔と後悔に苦しい。

| | コメント (0)

2017年6月29日 (木)

M2ドライバーをオークションに出品

ショッピング依存症で次々と買い替える道具。

道具はゴルフ人生で楽しみの一つになっているから、致し方ない部分もある。

ラウンドで使えるのは14本のクラブだけなのに現有3セットを所持している。

余ったクラブは時に触れ次の購入資金になってきた。

高反発加工済との文言に興味がそそられM2ドライバーを28000円で購入した。

資金に出番の少なくなった、グローレFオレーンジバージョンを。

グローレFの落札価格(ヘッドのみ) 38000円。

M2を手にして使用した結果、高反発加工の効果は加工していないものと比べそれなりの飛距離はでていたと思うが、加工の仕上がりが粗悪で加工に疑いを持っていた。

本物と比較しても偽物には見えなかった。(見破れなかった)

ほとんど使ってなく新品のようにきれいなF2が加工が粗悪なM2を見ると失敗であったとも考えたが、加工はきちんとした工房なら39000円が相場だからと諦めていた。

ホンマ、アクセルゴールドが使いやすく、M2の出番もなく、次の購入資金にあてるべく、M2をオークションに出品した。

入札者の質問でいろいろ調べた結果・・・・

USモデル、日本仕様・・・・・・・・・

実はどちらでもなく中国で作られた偽物ではないかと疑ったのはオークションで落札されたあと・・・・・・・・・・

IDも削除されておりやはり偽物だったのか・・・・・・

出品結果、多くのウォッチと入札が競合し42000円で落札された。

落札者には申し訳なくクレームがでれば返品を受けようと考えていたが、落札者からは「良い取引ができました。非常に良い出品者」という評価を得てそのままにした。

中国の偽物見分けは普通わからない。

今でも、M2が出品されているが45000円くらいの価格がついている。

出品理由が使わなくなった。

その他の出品を見ると高反発加工のドライバーが多数。

疑わしい・・・・・・・・・

悪徳業者を見分ける手段はこれまでの取引件数と評価に頼るしかないが・・・・・

Cimg1457
42000円何を買うかな。

エポン303は安値・・・・・(現状高値は望めない。使いこなし使うしかない)

| | コメント (2)

2017年4月19日 (水)

モンスターコースに挑戦

世界基準の8000ヤード超えのモンスターコース「ザ・ロイヤルゴルフクラブ」を体験した。

羽田空港から約2時間で到着。

コースのゲートを入ると、木々の並木をくぐってクラブハウスへ着くまで、幅広くまっすぐ伸びた道路が続きその

広々とした敷地に目を見張らされた。

ゴルフ場の前は荒地でコース内の木は自然のものがなくすべて植林されたものでまだ木は小さい。

今回の改装でセコイアの木をシンボルツリーとして植林された、 セコイアの木は成長が早く世界で長いものは

100mを超し直径も5~6メートルに育つ。

設計家がゴルフは自然との遊びだから自然を取り入れセコイアを人間の味方にがコンセプトとした。

フラットなコースには10個の池が配置され、戦略性を高めている。

Photo_2 パートナーは9番でハザードショットを体験。 キャディーさんから拍手。と皆からは笑い。

Cimg1453

8000ヤード超の長いコースだが、各ホールは6個のティーグラウンドが用意され、

最長ホールの16番(パー5) をみても、

一番長いトーナメントティーは、 705ヤード、663ヤード、607ヤード、584ヤード、536ヤード、495ヤード

と 6つのティーボックスが用意されている。

体験でこのホールは705ヤードから。

むやみに距離を長くし、難し過ぎるコースにしたのではなく、6つのティーグラウンドを使い分けることによって、

プ ロや上級者からアベレージゴルファーまで幅広く楽しめるコース設計になっている。

シングルプレーヤーや上級者には厳しく、ビギナーやアベレージには優しく、といったコンセプト。

実力に応じたチャレンジが可能で、非常にアメリカンコース的な味付けといっていい。 綺麗に整備されたドライビ

ングレンジは350ヤード

Photo 練習ボールはタイトリストプロV1のニューボール。

Photo_3

隣のアプローチ & バンカー練習場でショートゲームの練習が出来る。

クラブは『日本カバヤ・オハヨーホールディングス』が運営していることから、茶店ではヨーグルトやプリンがデ

ザートとして食べ放題。

復路は岡山空港に雨のため霧が発生、着陸できない場合は東京へ引き返す場合もあることを了承の上での

搭乗になったが が無事着陸でき2130頃帰岡した。

平日44,400円、土日が55,200円(食事別)くらいの料金になるそうですから再チャレンジする事は無い

だろ う。

| | コメント (2)

2017年4月11日 (火)

ザ ロイヤルGC

県内企業が茨城県に世界基準を目指して建設した「ザ・ロイヤルゴルフクラブ」が3月26日グランド オープン

した。

1年くらい前からテレビでドキュメント放送されていたのでラウンドしてみたいと思っていたが、思わぬことから

友人の誘いでラウンドできることになった。

旅費・宿泊費は経営する会社の招待ということで負担は36000円の負担で良いという。

普段は平日、45000円。土日は60000円くらいになる。

プレーフィも世界基準 。

憧れのコースに招待されるとはゴルフ人生最初で最後の幸せ。

ロイヤルGCのコンセプトは”世界に通用する選手を育てるコース。

世界から尊敬されるゴルファーが集まるコース。

その思いを実現するために作り上げた全長8.143ヤード 18ホール、パー72。

日本のアスリートたちが世界に羽ばたくためにすべての人達が心からゴルフを好きになるために。

日本が誇るプロフェッショナル達の叡智を結集した「ザ・ロイヤル ゴルフクラブ」

ジャパンプライドが生み出した唯一無二のゴルフ場。

ゴルフ場のフラッグマークはセコイアの木。

セコイアの木をコースのシンボルとしてコース内にも植林している。

世界一大きな木で高さ100m。太さ30mにもつ育つ木らしい。

ゴルフは自然との遊びだから自然を取り入れた。

自然は人間にとって味方になる。

厳しい自然を親しみ,なごみのプライドを持てる自然との融合を目指す世界一のゴルフ場を目指した。

Photo

Jpg_3   Jpg_2_2                                 

8000ヤードを超す長さにバッグティーを体験させてもらえる。

普段はロングホール並みのミドルホール。

ドライバーでも届かないショートホール。

700ヤードのロングホール。

世界基準のモンスターコースに遅延が予想され15分間隔でスタート。

目標120くらいでは上がりたいが無理かな?  

ホールナンバーのブルーをクリックするとホール説明が表示される                                                                                                     

 

Hole

 
 

Par

 
 

Yardage

 
 

1

 
 

4

 
 

422

 
 

396

 
 

333

 
 

300

 
 

275

 
 

252

 
 

2

 
 

4

 
 

532

 
 

510

 
 

481

 
 

454

 
 

432

 
 

382

 
 

3

 
 

5

 
 

570

 
 

553

 
 

553

 
 

505

 
 

487

 
 

457

 
 

4

 
 

3

 
 

287

 
 

257

 
 

216

 
 

192

 
 

164

 
 

145

 
 

5

 
 

4

 
 

408

 
 

389

 
 

389

 
 

363

 
 

341

 
 

315

 
 

6

 
 

4

 
 

432

 
 

413

 
 

393

 
 

367

 
 

346

 
 

301

 
 

7

 
 

3

 
 

279

 
 

252

 
 

213

 
 

192

 
 

172

 
 

124

 
 

8

 
 

5

 
 

613

 
 

573

 
 

554

 
 

536

 
 

515

 
 

496

 
 

9

 
 

4

 
 

493

 
 

471

 
 

438

 
 

364

 
 

337

 
 

305

 
 

 

36

 
 

4,036

 
 

3,814

 
 

3,570

 
 

3,273

 
 

3,060

 
 

2,777

 

                                                                                                                                                                   
 

Hole

 
 

Par

 
 

Yardage

 
 

10

 
 

4

 
 

482

 
 

468

 
 

442

 
 

397

 
 

372

 
 

346

 
 

11

 
 

3

 
 

239

 
 

216

 
 

216

 
 

176

 
 

149

 
 

110

 
 

12

 
 

4

 
 

462

 
 

443

 
 

443

 
 

399

 
 

350

 
 

326

 
 

13

 
 

5

 
 

551

 
 

518

 
 

518

 
 

499

 
 

480

 
 

456

 
 

14

 
 

4

 
 

423

 
 

400

 
 

383

 
 

355

 
 

309

 
 

292

 
 

15

 
 

4

 
 

490

 
 

471

 
 

425

 
 

389

 
 

360

 
 

280

 
 

16

 
 

5

 
 

705

 
 

663

 
 

607

 
 

584

 
 

536

 
 

495

 
 

17

 
 

3

 
 

271

 
 

247

 
 

230

 
 

201

 
 

177

 
 

149

 
 

18

 
 

4

 
 

484

 
 

465

 
 

439

 
 

389

 
 

347

 
 

325

 
 

IN

 
 

36

 
 

4,107

 
 

3,891

 
 

3,703

 
 

3,389

 
 

3,080

 
 

2,779

 

 

| | コメント (2)

2017年3月29日 (水)

ホンマベレスドライバーで後楽に挑む

3月28日 後楽GC 曇り、

時々晴れ間を見せるが、時折吹く風は冷たい。

雨に、霰にも見舞われ絶好の天気とは言えない一日。

それでも2番グリーンそばには「紅梅」の花が咲春を告げていた。

Photo

Photo_3

3年間エースとして使ってきたエポン450D-Hをホンマベレスドライバーに変えて、昨日の練習では振り遅れ

が原因と思われる右に出ることが多かった。

スライスではないが振り切れてていないことが原因のプッシュアウト。

不安があったがリストターンに気負つけるように考えていたが1番ホールでは大きくフック。

クラブが軽いので手打ちにもなっている。 なかなか治らない手打ち。

腰の回転でダウンブローを心がけるのだができない。

開眼はコースないでは閉眼したままだ。

150ヤードの残りも手打ちが原因のフック。 玉が上がらい。

アプも50ヤードのアプがショートして3mをツーパットで。

1_12_3

先週は岡山県オープンが開催されそのコースコンディションが多少残っていて、やや早め。

加えてこのコースグリ—ンはアンジュレーションと段差がきつくアプの落としどころが難しい。

段のすぐ上だと狙いすぎショートしたり、思い切って段を狙えば逆にこぼれたりと。

今日の使用パターはプリティー。小さめのマレット型(プリッティー)

距離感良くロングパットがタップインに寄せプレッシャーなくボギーをセーブ。

スリーパットは一度だけ。寄らなくても2mくらいを入れダボを防いだ。

新兵器のドライバーは飛距離を出せなかったが、よくフェアーウェーキープしてくれた。

パートナーはセカンドを殆どがショートアイアンでバーディーチャンスを作り5個のバーディ。

飛距離はバーディーを呼ぶが今は飛距離はクラブに頼るしかないが、アイアンの精度を上げたい。

ダゥンブローを心がけたい。

結果は、理想・目標とするダボを叩かないゴルフができ、 41・42(17,19)

後楽GC 2017.3.28
HOLE PAR YARD SCORE PUTEE
1 4 375 5 2
2 5 454 6 2
3 3 152 4 2
4 4 365 5 2
5 4 332 5 2
6 5 493 5 2
7 3 139 3 1
8 4 332 4 2
9 4 341 4 2
OUT 36 2983 41 17
10 4 342 5 2
11 4 381 5 2
12 3 125 3 2
13 4 342 4 2
14 4 301 5 3
15 5 534 6 2
16 4 362 5 2
17 3 166 3 2
18 5 477 6 2
IN 36 3030 42 19
TOTRAL 72 6013 83 36

1_7

 ホンマベレスS-05 ツースター

1_10_640x480

ソール塗装がメラ入りで高級感があってさすがホンマを感じさせる。

安倍総理がトランプ氏にお土産として贈ったもの。

シャフトのグレードにより価格が大きく変わるが、贈られたのは最高級の5Sグレード。

| | コメント (0)

2017年3月19日 (日)

春彼岸

長男家族が墓参りに行きたいと来てくれ、息子たち全員で墓参りに出かけた。

幼い孫も墓石を洗ったり、草を寄せ集めたり手伝ってくれた。

いつもは寂しく墓参りをしていたが大勢の墓参りで先祖もさぞ喜んでくれたものと気持ちが明るくなった。

その時代の都合でそれぞれの場所にまつられ点在した墓所を一か所にして、墓参りもずいぶんらくになった。

春を待つ雑木林に、陽が射しこみ落葉を照らしていました。

枯れ草を抜いたら、懐かしい故郷の香ばしい土の香りから春がすぐそこまで来ていることを感じた。

同じ季節が繰り返される有難さ。 春の兆しがうれしかった。

故人に墓所は居心地がいい場所かどうかはわからないが、生きているものにとって唯一話をできる場所だ。

一人ひとりの生前の姿を思い出しながら、目をつぶり生前の不幸を詫び手を合わせた。

| | コメント (0)

2017年3月16日 (木)

エポン504D-Hのラストラゥンド

2014年10月からエースドライバーとして使ってきた  エポン504D-Hを手放した。

405D-Hの購入時の状況はここに

クラブはいつも進化している。

ゴルフ人生最終兵器として購入したエポン504DーHだったが、アクセルの導入で最近は出番が少なくなって い

た。

504Dはシャローフェースで球が上がりやすい。

打感・打音も心地よく気に入りのクラブで手放すのは惜しかったのだが練習場で試打したホンマベレスS- 05

のアクセルに勝るとも劣らないその飛距離と、アイアンにベレスE-05を使っていることから、浮気性とショッピ

ング依存症候群がでてしまった。

最近はエポンより他の地クラブに人気がでて以前ほどの値がつかなかったが、52000円で落札された。

人気の少し下降気味のエポンだが、半値近い値がついたのはさすがエポン。

504d_4

最後のラウンド赤坂CCで!

ソールのミラー仕上げもまだきれいで擦り傷も少ない。

15日、504を使った最後のラウンドを赤坂CCで。

気温は15度まで上がったが風が強く体感温度はまだ冬だ、

時折吹く強い風はいつも逆風で,風に翻弄されながらのラゥンドになった。

逆風のホールから折り返しのホールはホローになるかと思えばまた逆風。

人生と同じでいつも逆風に当たっている。

ゴルフ場は周りを山に囲まれ、木々に覆われているから風が回っているのだ。

風の読みが大切になる。

逆風に負けない強い玉を打とうとつい力んでしまう。

肩が十分回っていないところから手で打ちにいってしまう。(打ち急ぎ)

欠点は解っているのだがなかなか治らない。

手でのスイングはコックが早くほどけヘッドが下がるのでダフルことが多い。

上半身のスイングは力ない球が引っかかって左に低い球が。

風はパットにも影響しショートすることもあったがゴルフになったのはパットと寄せ。

ゴルフは楽しいゲームだが難しいことに気付くのに40年かかった。

 

今後のクラブセッティング予定

べレスE-05アイアン   S-05ドライバー  アクセルFW UT アクセル 5,6 パター オデッセイ

エポン 303 アイアン、アクセルドライバー FWゼクシオ 4,5 UT 5  パター ピネッティ

| | コメント (2)

2017年3月12日 (日)

新しいクラブセッテイング

敵を知り、己を知れば百戦危うからず 

ゴルフのスコアーメイクのために不可欠な要素にコースマネージメントが上げられる。

攻略するためのマネージメントを考えるのもゴルフの楽しみ方の一つだ。

コース攻略のためには自分の技量を知ることも大事だ。

その他に、ゴルフを優しくするためにはクラブセッティングは重要だ。

プロでもクラブセッティングには拘りがある。

片山晋呉プロはアイアンは7番までのセッティングにしている。

優しいクラブはスコアーメイクのカギになる。

ほとんどの人がFWは3、5を入れている。 

3Fはセットの中で一番難しいクラブと言われているのに・・・・・・

自分の技量では3Fの飛距離はベストショットで190ヤード。

100回打ってもナイスショットが1回でることもないクラブだ。

それを4Fにすれば多少ナイスショットの確立があがるのではと考え、一つのセットを4Fに変えた。

3Fと4Fの飛距離は10ヤードくらいではと思うが、いずれにしてもグリーンにのせる技量はない。

結果は残りが10ヤード程、長くなるだけなら少しの確立だが4Fの方がいいのではないか?

Cimg1272_800x600

オークションに出品。25000円で落札された。

Cimg1275_600x800
購入した4Fは定価65000円を35000円 プラスグリップをゴルフプライドにサービス交換。

| | コメント (0)

2017年3月 8日 (水)

3月月例で・・・・・・

雨にたたられることが多かった1,2月もアッと思う間に過ぎ去ってしまい勇躍、3月になりました。

三寒四温ですこしづつ、春が近づいています。

3月5日、

 岡山国際8番ティーグランドの紅梅も赤く染まり春の青い空にくっきりと映えています。

Photo_3

桜の木のつぼみも膨らみかけ4月の満開が楽しみです。

これまでのラウンドで100切りがやっとの状態が続いたが3月期月例はパット、寄せが栄え 4位に入賞でき

た。

優勝は高1の女子。 グロス72、ネット62・・・?

HCがおかしい。これまでもJapanアマに出たことのある選手がHC10とは。

HCの選考がわからない。

小柄で華奢な選手だが、ドラの飛距離が270ヤードとか??

17番赤ティーからは270ヤード。 ティーショットがガードバンカーに・・・・・・

一組前をラウンドしてその勇士を見ることができたが、おごったとことろがなく控えめな子のように思えたが、

うちには秘めた闘志をもっているのだろう。

4月に行われる日韓ジュニア戦の日本代表の4人の中に選ばれている。

この日タッチがよくあった使用パターは、オデッセメタルX。(ネオマレット型)

Photo_2

このパターはグリーンが遅いときに使うことにしている。

特徴は、

①真っ直ぐ打ち出しやすい

「ネオマレット型」はヘッドが重く、ヘッドの重さを使って真っ直ぐストロークできる点が特徴。

②ヘッドの重さで距離を出すことができる

ヘッドが重めに作られているのでヘッドの重さで距離を出しやすいモデルになっていて、“方向性が出しやすい。

ヘッドが大きいため、慣性モーメントも大きくミスに強いといわれている。

使用したウェッジはキャロウェー 。

Cimg1278_1024x768

Cimg1277_1024x768

他のウェッジ同様シャフトはデザインチュウニングにリシャフトしている。

スピン性能がよく転がりを計算するとショートすることが多かった10~20ヤードの距離はピンを狙える。

| | コメント (0)

2016年11月24日 (木)

エポン303リシャフト

ゴルフ界を席巻するホンマベレスアイアンを新兵器に導入してそのバランスの良さからしっか

り振り切れることでこれまでのミドルアイアンでの振り遅れ右にでることがなくなった。

エポンも このバランスで組み立ててみることにしてみた。

バランスの変更ならリシャフトの必要はないが今、巷で人気を博すフジクラMCIブラックで

組み立てした。

Photo

Photo_2

Photo_3

これまでシャフトはどの番手も同じ重量に作られバランス重視になっていたが、このMCIブ

ラック はそれぞれの番手で重量が違う設計になっている。

重量フロー(流れ)している分ヘッドも正確な重量をフローしている必要がある。

適正には7g、グリップも50gに、

ミドルアイアンはバランスをが軽くして振り遅れがないように、ショートアイアンは重くしてひっ

かけのミスが出にくくなっている。

信頼できる工房の組立てと思っていたが、計ってみると希望通りは5Iだけ。                      Photo_3今の理論からいけば、ミドルアイアンとショートアイ

アンのバランスが真逆。

新たな、組み合わせは重量的に少し重くなったが、

バランスが軽いせいかふり抜きがよく負担の少ない

クラブに仕上がった。

702と比較すると7g軽く、アッタスとは8g重くなった

ホンマの仕上がりははさすがバランスが一定で

重量を正確にフローしている。

2013年9月 エポン702 リシャフト

(フジクラMCI50R)

エポン702は軽量設計でバランスが出にくい、軽量の50RではCバランスになることから5gの

錘を入れD2に調整した。                                      

006_3

0032_2

 

出費  3万円

価格 定価 10000円×6

3割引き 税・工賃  含む

サービス グリップ  スーパーストローク 1本 1200円×6

マミヤ オークション出品落札価格  12000円

| | コメント (3)

«頚椎症・腰痛症